始動する天秤座コンビの行く手は?

10/3~10/9

先週は…冥王星順行から始まって、大きなイベントが多い週でしたが、週末になって天秤座の新月が訪れました。これを以て日食、月食の不吉なサイクルはリセット。今週からは太陽も月も逃げ隠れすることなく、地に足の着いた新たな流れが始まることになりました。

週前半はサプライズは少なく、太陽、木星の天秤座コンビが今後の方針を確認するような動きとなります。天秤座のモットー「コミュニケーションを大切に」、そして今週、多く見られるセキスタイル(60°)というアスペクトから引き出される「着実に」がキーワードになるため、事態の展開は遅く、何事もスピードには欠けるでしょう。
その後、7日(金)午後4時52分には水星が天秤座へ入場します。

—とここまでの今週の星はすべて順調に終わるかのようにみえていましたが、週末には再度波乱の種が…!もコンセンサスが固まったようにみえた物事に次なる障害が登場する可能性も…。

しかし、愛の星、金星はこれらの波乱とは異なる蠍座にあり、ちょっと内向的ではありますが、独自の愛情観を固めていけるでしょう。今週は…外的要因に振り回されることなく、あなた自身の信念、そして想いを大切にして、ブレずに生きていくことを心がけてください。

OCT 3 2016

瑛利奈

(C)ELINA

日食がリセット、そして本格始動

9/26~10/2

週明けの26日(月)、12年ぶりに天秤座へ入場した木星に早くも太陽が合(0°)というビッグなアスペクト(星同士の関係)を作ります。一方は太陽、もう一方は木星という両者ともに非常にポジティブな天体。超ラッキーな星の配置と考えて間違いありません。時刻は26日(月)午後3時56分です。この溢れ出る幸運を掴むには…勇気を出して自ら飛び込むこと!ただ、週明けにいきなりですから、みなさまに事前告知して、時間的猶予をさし上げなかったのは申し訳ありませんでした。

「幸運の女神には後ろ髪がない」といわれますが、前から飛び込んで、ひとたび女神の懐へ入ってしまえば、その状態はずっと続くのです。例えば、結婚して入籍する、試験を受けて合格する…etc. など、この世界の出来事は一度形にしてしまうと固定化して、継続する性質があります。よって…26日(月)は極力あなたの幸運だと思う事柄を実践して、形にしてしまうといいのです。

また、今週は大きなイベントの多い週です。26日(月)午後6時46分には2016年4月18日から逆行していた冥王星が順行に変わります。これは…冥王星の変則的な影響が正常化されるわけですから、喜ぶべきことなのは確かですが、過去5ヶ月の間、冥王星がやるべき仕事をサボっていたしわ寄せが一気に来る可能性はあるでしょう。怠慢だった世の中の動きにピリピリするような緊迫感が出てくるかもしれません。私達も延び延びになっていた作業に姿勢を正して取り組むよう、心構えを一新する必要があります。

27日(火)は火星が射手座を離れて山羊座の領域へ入ります。現在射手座には土星が居座っていますから、火星が土星を追い越して次のサインへ入場するのは…やはり喜ぶべきことです。さらに火星は山羊座とは相性が良く、「高揚の座」となります。天秤座の木星とはスクエア(90°)ではありますが、世の中の澱(よど)んだ空気を一掃する効果はあるでしょう。

週前半、このようにいくつもの活発なイベントが続いた後、10月1日(土)午前9時10分は新月…。これで9月1日から始まった日食~月食の月のサイクルが終わり、新月としてリセットされることになります。いよいよここから運気は本格始動!みなさんもそれぞれの人生を開拓すべく行動を開始するといいでしょう。

SEP 26 2016

瑛利奈

(C)ELINA

心に十字架を負った秋分図

9/19~9/25

思えば8月23日に太陽が獅子座を抜けて以来、たまに月が通る以外、ホロスコープを構成する十大天体が「フィックスドサイン=ゼロ」の状態が一ヶ月も続きました。「フィックスドサイン」とは「定着サイン」とか、「不動宮」などと呼ばれますが、「安定を好み、変化に抵抗し、自らの信念を貫く」性質を持ちます。今年は3月8日~4月6日までの期間もフィックスドサイン=ゼロでした)このような時期に限ってニュースや状況分析は日々、めまぐるしく変化し、些細な問題がズルッと大きな事件へと発展しやすい傾向があります。そんな状況が非力ながらも金星が9月23日、午後11時47分にフィックスドサインのひとつ、蠍座へ入ります。

いや、それ以前にお伝えしなければならない今週のハイライト!は…9月22日、午後11時17分の秋分です。この時刻を以て日本並びに世界のホロスコープは秋分図という新しいチャートに書き換えられます。しかしながら、2016年秋分図はまだ金星が蠍座へ入場する前のもの。となると…12月の冬至まで、世界の運勢を支配するのは「フィックスドサイン=ゼロ」のチャートになります。つまり世の中はまだまだ流動的でいつ新しい変化が起こるかわからない時代…ということになりますね。

日本の秋分図では月がちょっとワイド(やや誤差が大きい)ですが、精神性を司るハウスに困難を意味するグランドクロスが形成されています。どのハウスにグランドクロスができるか?は国によって違いますが、秋分図によると日本では…変化はまず人々の「心の内部」に一石を投じることになるでしょう。

こんな新たな時代への扉を開ける今週の星…。みなさんの不安を掻き立てるような書き方をしてしまったかもしれませんが、今週、一週間の流れは悪くありません。

まず、9月22日午後2時24分に逆行していた水星が順行へ軌道を回復します。その他の星の動きも概ね順調に。中でも19日(月)午後8時53分の金星、火星のセキスタイル(60°)は7月7日の七夕の日以降初の好調座相です。恋人との仲がこじれていた人やキッカケが掴めなかったあなたには嬉しい変化があるかもしれません。その後の星の動きも愛や仕事で説得を重ねていくにはチャンス。諦めていた事態がいい方向へ再び動き出す可能性も…。

SEP 19 2016

瑛利奈

(C)ELINA

潜在意識を揺さぶる星々…

9/12~9/18

9月10日(金)の夜に土星が海王星とスクエア(90°)というネガティブなアスペクト(星同士の関係)を作って以来、世の中は重苦しい雰囲気に包まれています。週明けは…それを払拭するほどの星の動きがないのですが、知性の星、水星や賢者の彗星キローンなどの働きが活発なため、頭を使うことだけで忙しく、エネルギーを消耗してしまいそうな流れです。

13日(火)にはちょっと小康状態が訪れますが、翌日の太陽VS火星のスクエア(90°)という戦いのアスペクト(星同士の関係)ですぐにかき乱されてしまうでしょう。

そうこうする中、17日(土)は月食です。食の最大の時刻が午前3時54分と夜中ですが、半影月食なので肉眼で観察するのは難しいようです。

その後、今週末は17日(土)~18日(日)と、火星、金星が天王星とアスペクト(星同士の関係)を持ちます。火星も金星も恋愛感情に関わりの強い惑星です。それが天王星という改革を意味するアグレッシブな惑星と関わるのですから、愛情問題に何か新しい動きが出てくるかもしれません。

今週の星の動きは私達の潜在意識を刺戟したり、隠蔽された過去の出来事を明るみに出したり、さらに新たな愛へシフトしたい気持ちを呼び覚ます…など、私達の心の内部にただならぬ揺さぶりをかけてきそうです。これは…平凡な日常に飽き飽きしている人にはチャンスかもしれません。あるいは、運命のいたずらに辟易している人は「まだやるかい!」という気持ちにさせられてしまうことも…。
手加減もせず、スペーディに展開してくる今週の星の動き。くれぐれも過剰反応しないように!応戦するときは相手の意図、もしくは事件の真相を見極めてからにするといいでしょう。

SEP 12 2016

瑛利奈

(C)ELINA

9日夜から木星は天秤座へ

9/5~9/11

先週は日食を挟んで波乱の多い一週間でしたが、打って変わって平和な週明けとなりました。5日(月)は調整の日。これから実現したいテーマについて各所で種まきをするといいでしょう。

7日(水)…みなさんは「えっ!もう?」とお思いになるかもしれませんが、乙女座の太陽が私達に提供してくれる最後のチャンスです。乙女座は…9月22日の秋分まで続きますが、乙女座の太陽の力を借りることができるのは7日(水)がほぼラストチャンスです。現在お誕生日を迎えている乙女座の方や、牡牛座、山羊座など地のサインに重要な星を持っているみなさんは7日(水)あたり、そろそろ最後の賭けに出るべきです。あいにく日食後で太陽のパワーは万全とはいきませんが、当面やり残したテーマがあるなら、この日までにすべてを出し切っておくことです。

9日(金)午後8時13分、乙女座を通過していた木星が1年一ヶ月のお役目を終えて天秤座へと入場します。木星は幸運を運ぶ惑星です。2015年8月11日の夜以来、幸運の主役は乙女座さん達だったのです。それが9日(金)を境に天秤座へとバトンタッチされていきます。乙女座のみなさんは急に追い風が吹き止んだような気がして、気が抜けてしまうこともあるかもしれません。しかし、これがノーマルな人生。ラッキーや安楽など楽ちんに生きる人生はそう長く続くはずもないのです。乙女座さんのみならず、牡牛座や山羊座の方も、この日から「努力」の二文字を目の前に見据え、気持ちを切り替えて下さい。

天秤座さん達は9日(金)午後8時13分からあなたが主役です!日頃は夢だと思っていたような出来事も今日からは手を伸ばせば実現できるかもしれない…可能性が至近距離にある時期に入ります。しかし、神様はあなたがリクエストを出し忘れた願い事はスルーしていく傾向があるのです。実現したい「何か」があったら、自己責任の下でリクエストし、それに向かって行動する…。こんな心構えが大切です。

その後、週末の星はやや厳しい配置になりますが、これは運命が「準備はいいかい?」と、あなたの覚悟を再確認しているのだ…と解釈すればいいでしょう。

SEP 5 2016

瑛利奈

(C)ELINA

9月1日は不吉な金環食!

8/29~9/4

先週の『瑛利奈の “This week”』で火星、土星合(0°)が起きる8月24日(水)を私は要チェック日としてマークしました。この日、日本は台風の影響などで多くの土砂災害を被りましたが、ヨーロッパではイタリア中部地震がありました。エネルギーはマグニチュード6.2でしたが、地下11kmと震源が浅かったため、家屋の倒壊など被害は相当に大きかった模様です。まさに火星と土星の合(0°)が生む破壊力を見せつけられた感じです。

週明けの日本はまたしても台風が接近中ですが、それでも29日(月)はまだ平和な星です。むしろ芸術、芸能、恋愛などを楽しめそうな星の配置です。

30日(火)は午前11時4分に金星が天秤座へ入場します。その後、午後21時58分に乙女座29°を通過中の水星が逆行に進行方向を変えます。水星は通信や契約事の惑星ですから、コミュニケーションに行き違いが生じたり、契約に不備が起こるなど、これより要注意の期間に入ります。特に入籍など、大切なライフイベントはこの期間を避けたほうがいいでしょう。

9月1日(木)は日食です。アフリカ~マダガスカル、南太平洋で金環食が観察できますが、日本では午後6時8分と、ちょうど日没後で見ることはできません。(しかし、ずい分日没が早くなりましたね)
日食といえば、いつも書いていることですが、占星学的には不吉な暗示です。前回の日食は2016年3月9日でしたが、またもや「攻めの姿勢」は回避したい期間に入ってしまいました。

その翌日の2日(金)、日食によって不吉なヴェールを掛けられた太陽が今度は土星とスクエア(90°)というアスペクト(星同士の関係)を作ります。創造の源にあたる太陽が土星とスクエア(90°)という土星の保守魔王の顔を窺うアングルからの絡みです。スクエア(90°)は…食うか、食われるかの戦いを意味する困難な配置です。また、太陽の通過する速度は1日に約1度ですから、太陽と土星のスクエア(90°)が日食と同時に起きると考えても過言ではありません。加えて先週起きた火星、土星の合(0°)もまださほど離れたとはいえない状態です。

さらに翌日3日(土)には太陽が海王星とオポジション(180°)というこちらもまた不穏なアスペクト(星同士の関係)を形成します。換言すれば、今週のメインイベントとしては…日食(太陽と月)が土星、海王星、火星とT字スクエアを形成するポイントで起こる…ということです。さらにまた、日食のチャートのASC(東の地平線)、MC(天頂)もこのT字スクエアに巻き込まれています。今週は…指摘すればするほど、リスキーなものが浮き彫りになってくる一週間ということができます。

今週は…逃げの姿勢や事なかれ主義が通用しない一週間となりそうです。さりとて、攻めに出てもすぐには成功しないでしょう。こんな時は周囲の雑音に惑わされず、自分自身の信念をしっかりと持って冷静に努力を重ねる…これしかないことを肝に銘じるといいでしょう。

AUG 29 2016

瑛利奈

(C)ELINA

願い事は28日(日)までに!

8/22~8/28

獅子座最後の日はリオ・オリンピックの閉会式。獅子座には「祭典」という意味があり、あまりにもピッタリと体育の祭典が終わることになります。

23日(火)午前1時34分には太陽が乙女座へ入って、夏は徐々に終わりを告げることに。しかし、今週の星は山あり谷ありです。そもそも三つの台風に囲まれて始まった週明けでしたが、24日(水)午後8時過ぎに射手座を通過中の火星が土星を捉えて合(0°)を形成します。火星、土星といえば太陽系の二大凶星。熱気を帯びた火星と氷の土星がひとつになる、大きな破壊力を持つアスペクト(星同士の関係)です。イヤな暗示ですが、みなさんもマークしておいたほうがいいでしょう。

今週の星は…その後、ジェットコースターのように週末に向けて上り詰めていきます。28日(日)午前7時26分には愛の星、金星が幸運の星、木星と乙女座で合(0°)の座相を作ります。金星、木星が好調座相を作るのは7月2日以来ですが、この時はセキスタイル(60°)という銅メダルくらいの順位でした。今回の合(0°)は2016年になって初めてというまさに金メダル級になります。金星、木星のコンビは愛情運も、金運も、さらに人気運まで広くカバーしてくれます。「幸運の女神に後ろ髪はない」という諺はまさにこの日のためにあるようなもの。みなさん、満願成就したい「願い事」があったら、28日(日)の午前7時26分までに念入りに準備して、リクエストしておくことです。

AUG 22 2016

瑛利奈

(C)ELINA

攻めに勝利の栄冠が…

8/15~8/21

リオ・オリンピックで沸いている今週ですが…15日(月)は金星が海王星とオポジション(180°)を作ったり、夕方には月が冥王星と合(0°)になるなど、予想を覆されることが多い一日です。私達は思い込んでいたことと違う現実を突きつけられ、頭の中の地図を書き換える必要性を感じることになるのかもしれません。同時に思い込みに囚われていた時には気付かなかった新たな真実が明かされてくることも…。

こうして認識を改めつつ、今週の星は…18日(木)夕刻の満月に向けて順調に展開していくでしょう。

今週は…「攻め」の姿勢に勝利の栄冠が与えられます。いま夏休みを取っている方も多いと思いますが、新しい何かに気付いたり、「現状を変えてみよう!」と閃いたりする瞬間は案外日常を離れた場所で体験できるものだったりするものです。

今週は…恋愛を始め、多くの出会いが多い時です。現在の星々はあなたの冒険する気持ちや過去の自分から脱皮したい気持ちに応えてくれるでしょう。また、あなたが新しい気づきを得たら、それを大切に育てていく努力をすべきです。

週末はこうして得たものを実践するチャンスです。夏たけなわの一週間にあなたが得たもの、身に着けたものがどのように日常生活に応用できるかをすぐにトライしてみることです。

AUG 15 2016

瑛利奈

(C)ELINA

現実にどう応戦する?

8/8~8/14

先週末、6日(土)、午前0時24扮に金星が乙女座へ入りましたが、この後、ブラジルでは現地時間8月5日金曜日、リオ五輪が開幕しました。開会式のホロスコープは獅子座の太陽に加えて、水星、金星、木星、月までもが乙女座に。乙女座の地のパワーが強くなり、世の中の雰囲気も大分地に足が着いてきたようです。

今週、ウィークディの星の配置は概ね安定的ですが、乙女座の金星や小惑星のアスペクト(星同士の関係)が目立ち、私達の関心は重箱の隅をつつくようなテーマに終始しそうです。そろそろ夏休みの方も多いと思いますが、家族のスケジュール調整や荷物の選び方など、細かいところで議論が多くなることも…。休暇中は相手が楽しんでいるかを気にするあまり、譲歩しすぎて逆ギレする…などの不満を溜め込んでしまうこともあるでしょう。楽しい仲間との時間はあくまでも自分の心に嘘をつかないことが大切です。

また9日(火)、10日(水)のショッピングはあまりオススメではありません。この日に購入したものはその後商品が汚れてしまったり、壊れていたりなど、あとで後悔することが多くなるかもしれません。11日(木)、午後2時22扮を過ぎたらショッピングは解禁です。

13日(土)午前5時40分、3月25日以来逆行していた土星が順行に変わります。「土星順行」とは…土星の持つ秩序や統制などの機能がうまく働くようになる…ことを意味します。ただ、それはいいのですが、惑星の配置は失望をもたらす何かが起こる暗示です。

今週の星は私達に…「現実が見えてくる」→「問題点もハッキリしてくる」…これらのことを教えてくれますが、このことをどう評価するか?そして、どのようにメスを入れていくか?が大切、ということになるでしょう。

AUG 8 2016

瑛利奈

(C)ELINA

逆行から改めて射手座へ生還する火星

8/1~8/7

8月は週明け、1日(月)からスタート。東京都知事選も終わり、幸運を期待する気持ちが高まります。2日(火)は獅子座の太陽が土星とトライン(120°)を組み、現実を精査して足下を固める日です。

—と、ここまでは順調ですが、3日(水)から新しい流れが始まります。まず、午前2時41分、逆行して蠍座の領域へ入っていた火星がひさびさに射手座へ入場します。そもそも今回、火星の逆行が始まったのが4月17日のこと。舛添前東京都知事の公用車問題がスクープされたのが4月27日ですから、これ以降の一連の舛添前都知事問題のゴタゴタが起きたのは…ちょうど火星の逆行と一致しますね。火星はエネルギーとアクションを司る惑星ですから「仕事」や「争い事」に関係が深いのです。まずは3日(水)、火星が改めて射手座へ入場すると同時に私達はゴタゴタモードをリセットすることになります。

奇しくもこの3日(火)の午前5時43扮は満月です。獅子座の太陽とトライン(120°)を組む太陽、土星の火象コンビに射手座の火星が加わって、さらにエネルギーを注ぐことになります。しかし、火星も土星もマレフィックスといわれる凶星。その仕事ぶりは「心地よい」というワケにはいかないでしょう。

週後半はギクシャクした星の配置が続き、世の中のみならず、私達の仕事や人間関係、愛情問題などにも困難な場面が多くみられるようになりそうです。3日(水)以降、新しい流れの方向を掴むのに少し戸惑いを感じることが多いかもしれません。

6日(土)、午前0時24扮から金星が乙女座へサインを変えます。愛の星、金星は太陽を中心とする火象グループから抜けることになりますから、愛情問題はちょっと弱気な観測が多くなっていきます。疑心暗鬼になってジェラシーを爆発させてしまわないよう、気をつけてください。

AUG 1 2016

瑛利奈

(C)ELINA