21日から新たな夏至図に

6/18~6/24

18日(月)午前7時58分、大阪府北部で震度6弱の地震がありました。マグニチュードは6.1でしたが、震源が13キロと浅かったため、揺れが大きくなったようです。被害に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。

実は私は先週、友人から「『6月21日に地震がある』という噂は本当か?」と」訊ねられていました。暦によると…19日(火)午前4時39分、海王星が魚座の16度で逆行します。重惑星(外側の惑星)の逆行は地震と密接に関係があるので、私は「19日が怪しい」と友人に返事をしていたところでした。

また、今週は21日(木)が夏至になります。この日の午後7時7分に太陽が蟹座へ入場して、日本の国家の運勢も新たに夏至図へと書き換えられます。

しかし、今度の夏至図は「これは何かの間違いか?」と思うほど、この春の春分図と驚くほど似通っています。ASCといわれるホロスコープの起点が山羊座の2度、MC=チャートの頂点が天秤座の22度。2018年の夏至図は春分図とまったく同じ度数になっています。ですから、土星より外側の速度の遅い惑星は殆ど同じハウスに留まるという状態になっています。国土を表す4ハウスには波乱の惑星、天王星がカスプに極近い位置にいて、これが特に目に付きます。

政府与党を表す天体は金星…。金星は春分図では最下層に位置していたのですが、夏至図では大分上に上がってきました。これは安倍政権がやや持ち直す暗示です。

夏至以降も国土は相変わらず災難に注意というチャートですが、今度は木星が水星、海王星とグランドトラインを形成して、何か良いことがありそうな暗示もありますね。

今週は…週後半になってようやく世の中は運気は回復してきそうです。木星、水星、海王星のグランドトラインは(大三角)は…私達に、自分の利益に汲々(きゅうきゅう)としないで、利他的な優しさを持ちましょうよ!」と言っているかのようです。本当のことをいうと、夏至図が指し示す現実は厳しいのですが、そればかりと角突き合わせて悩んでいても道は開けません。想像力豊かに新たなビジョンを描くことが大成功へ繋がる…。私達が自分自身で夢を紡ぎ出すことを星は望んでいるようです。

JUN 18 2018

瑛利奈

(C)ELINA

米朝首脳会談は消えゆく月の日に

6/11~6/17

今週はいよいよ12日(火)に米朝首脳会談が開かれます。時刻は現地時間午前9時とのこと。多分、これを指定したのはトランプ米大統領だと思いますが、「相手に譲歩を迫ろう」という意図が見え見えのチャートですね。幸い月が無力化するボイドタイムでもなく、決裂しそうもないですが、もうひとつ…中途半端におわってしまいそうなホロスコープです。

そもそも今週は14日(木)の午前4時41分が新月です。12日(火)は「月齢が27日目の月」という非常に内向的な新月へ収束していく直前の三日月です。ドアを閉められる前に、とりあえずスキ間に靴の先だけでも入れておきたい…というような心境なのでしょう。

また、14日(木)は午前6時前に愛の星、金星が獅子座へ入ります。愛情表現が獅子座という活発さと行動力を持つ火のサインへの入場ですから、世の中も少しは華やいでくるはずです。前後しますが、知性の星、水星は13日(水)から蟹座へサインを変えています。しかし、夏らしく衣替えした獅子座の金星は最近牡牛座へ入ったばかりの天王星と、また蟹座の水星は前から山羊座に居座っている土星とそれぞれ不調和なアスペクト(星同士の関係)を形成します。金星と水星という私達の心や感情に直接働きかける惑星が天王星、土星という強面の惑星と喧嘩するわけですから、多少の波乱はありそうです。

ただ、このところは駆け引きのみが目立って、あまり心に響くところがなかった星の配置でしたが、金星と水星、特に金星の天王星への挑戦は…私達に本気で自分の想いを訴えることの大切さを教えてくれるのかもしれません。

JUN 11 2018

瑛利奈

(C)ELINA

疑惑や迷いが足を引っ張る

6/4~6/10

先週はスムーズに流れる絶好調の星の配置でしたが、今週になって急速にスピードダウンしそうです。特に週前半、4日(月)~7日(木)までは、これまでやってきたことの「見直し、見直し」で、現在掲げている目標にさえ、疑問符がついてくることが多くなります。しかし、ここで大きく目標を変えてしまうことは「障害」という目の前のテーマから目を逸(そ)らすことに他ならず、抜本的な問題解決にはならないのです。

今週中盤までのテーマは…私達の心の中に潜む懐疑主義や迷い…、これら信念を揺るがす悪魔のような魔物と闘うことなのかもしれません。

特に6日(水)、7日(木)は…私達が知りたくなかったことや、隠蔽されていた問題などが表面化して、判断に迷う日です。特に最近「時の人」になることが多い蟹座さんや山羊座さんがこんな場面に遭遇するでしょう。またミュータブルサイン(双子座、乙女座、射手座、魚座)の方にとっては…今の方向性でいいのかどうか?を見定める当面のターニングポイントです。もしも、弱気な自分に気付いたら、迅速な軌道修正もアリといえます。

今週は7日(木)までに問題点が出尽くしますから、これをクリアできたら、あとは現実的な行動力をいかに発揮するか?また、実務処理のスキルをいかに上手く使って問題を片付けるか?だけを考えればいいのです。

今週の運勢は、大きく分けて…7日(木)までが考える時間、それ以降が行動する時間…このようなペース配分になりますね。一般道に制限速度が定められているように、星の配置にも高速で走行できる時期と低速にスピードダウンしなければならない時期があります。流れを見極めながら制限速度に合わせることが、いわゆる「世渡り上手」というものなのかもしれませんね。

JUN 4 2018

瑛利奈

(C)ELINA

金星、木星、海王星が幸運の正三角形を

5/28~6/3

太陽が双子座へ入り、二週目になりますが、今週は30日(水)から水星も双子座へ入ります。双子座の第一デークを移動中のこの二つの天体をあからさまに妨害する星は現在のところありません。6月1日、水瓶座の火星に双子座の水星がトライン(120°)という調和のアスペクトを作ります。火星はエネルギーの星で、自信をもたらしますからアメリカのトランプ大統領がさらに自信満々になるわけですね。

これら風のグループの天体よりも先行しているのが金星です。金星は今月19日(土)に蟹座へ入場して、現在は蟹座の第二デークを通過中です。この愛の星=金星は…もうみなさんお分かりだと思いますが、昨年の秋から蠍座に入った12年ぶりに蠍座に幸運をもたらすといわれている木星にトライン(120°)の最高のアスペクト(星同士の関係)を作るのです。現在も金星はかなり近い位置にあり、木星へアプライ(接近)していますから、すでに今も12年に一度の幸運をGETするチャンスにしっかりと入っているのです。「幸運の女神には後ろ髪がない」とよくいわれますが、むしろ金星が木星に正確なトライン(120°)を作るまでの時期が幸運期なのです。つまり「6月1日、午後11時28分までに動くべし!」ということです。

蠍座に木星が入ってからの過去の幸運日を調べてみると…まず、2017年11月13日が金星が木星に合(0°)、2018年1月9日がセキスタイル(60°)、3月1日がトライン(120°)…これらが金星が木星に幸運なアスペクトを作った日です。ただ、「1月9日のセキスタイル(60°)」はトライン(120°)よりもワンランク下ですし、3月1日のトライン(120°)は2月16日の日食の影響下にあってあまり機能しないかも…と、こう考えると、今回の1日(金)は…昨年の11月13日以来のラッキーディといえるかもしれません。

今週の好調さはそれだけに留まりません。2日(土)は金星が夢とイマジネーションの星=海王星とトラインを作ります。全体を見れば、この一週間は金星、木星、海王星がそれぞれ蟹座、蠍座、魚座という水のサインでグランドトラインという正三角形を作っている時期なのです。水のサインに重要な星を持つみなさんには愛と夢を叶えるチャンスです!「そんなところに星はないわ!」といっているあなた…。もしかして心が渇いて仕方ないのではないですか?このような本来、水のエレメントが不足している方には愛の夢や、人との絆など、心温まるエピソードを体験できる好機なのかも…。「幸運なんて人ごとよ」などといわないで、「参加して、私も掴んでみよう!」という気持ちが大切なのです。

今週はとても潤いのある星の配置なのですが、そろそろ梅雨入り。お天気の方も雨が多くなるシーズンですね。

MAY 28 2018

瑛利奈

(C)ELINA

双子座の太陽がさわやかな季節を演出

5/21~5/27

週明けの21日(月)午前11時13分に太陽が双子座へ入場しました。すでに13日(日)には水星が牡牛座へ、16日(水)には天王星が牡牛座、火星が水瓶座へそれぞれ移動。19日(土)には金星が蟹座へ移動しました。「瑛利奈の山手タロット館」もこのところサイト引っ越しで大忙しでしたが、太陽系の方は外惑星の天王星まで7年ぶりに引っ越すという非常に大がかりなものになりました。

太陽系の中でマークすべきマレフィックスという惑星は火星、土星、天王星ですが、火星は公転周期二年という、この中では比較的速度が速い星なので、長く居座る土星と天王星が最も注意すべき惑星…になります。先週以前の状態、天王星が牡羊座にいた頃は…山羊座の土星と非常に相性が悪いサイン中にあり、ともするとスクエア(90°)になったり、他の天体を巻き込んでグランドクロスという激震を起こすような緊張感が著しい形になったものでした。

それが…今では天王星がいる牡牛座も土星の山羊座も、ともに地のサインで、とても親和性があるのです。つまり調和しているということです。そもそも土星と天王星の不調和は「戦争」というキーワードになりますが、先週からこのキーワードが消えてしまったわけです。北朝鮮の金正恩の「核を放棄する」という言葉も次第に信憑性を帯びてきている…ということになります。

このような情勢で今週の星はかなり穏やかです。太陽が双子座へ移動してきたことで、これからは双子座を始め、風のサイン(双子座、天秤座、水瓶座)を軸として幸運が動いていきます。特に24日(木)は太陽が水瓶座の火星とトライン(120°)という力強い好調角を形成しますので、良いことをグンと近くへ引き寄せるには絶好の日です。風のサインの方以外も自力で幸運を引き寄せるための努力に精を出すといいでしょう。火星は額に汗するような努力を推奨する惑星です。体力と気力勝負で頑張れば、勢いのある方が勝てるはずです。

25日(金)は木星が海王星とトライン(120°)、水星が冥王星とトライン(120°)と…両方とも好調なアスペクト(星同士の関係)を作ります。木星&海王星の方は水のサインの第二デーク。水星&冥王星は地のサインの第三デーク中です。木星&海王星の好座相は…今後の壮大なビジョン作りを応援してくれます。双方とも太陽系の中では外側の惑星ですから、この効果はこの日をまたいで前後比較的長期間続くと考えていいでしょう。

水星&冥王星の好座相は…水星の方がもっとも内側を小さく回る惑星ですから、前者ほどには長期的な影響はないと考えます。秘密を暴露したり、それをもとに不利な状況を逆転したりするには最適なアスペクトです。

ただ、26日(土)には蟹座へ入った金星が向かい側にいる山羊座の土星とオポジション(180°)という敵対する(アスペクト)で鉢合わせしてしまいます。これは…お互いの睨み合いを暗示します。特に蟹座、山羊座、次は牡羊座、天秤座には要注意かも…。今週の週末を乗り切るには…相手を許すやさしい気持ちを持つか?さもなければ超楽観的になって、明るく過ごすか?最後の手段は、気分一新して新しい方向を目指すか?この三つが打開策になる…のかもしれません。

MAY 21 2018

瑛利奈

(C)ELINA

天王星の牡牛座入場。その意味は?

5/14~5/20

今週は…15日(火)の新月の後、16日(水)深夜に天王星が牡牛座へ、同日午後には火星が水瓶座へ入ります。火星は地球より外側にある、地球にいちばん近い惑星です。火星がサインを変えるのは3月18日以来、約二ヶ月ぶりのことなのですが…。もうひとつの天王星は…公転周期が84年と、地球からかなり遠い惑星なので、ひとつサインを移動するのに7年~8年かかります。今週は…天王星が約7年ぶりに牡牛座という新たなサインへ入場する、一時代を画すといっても過言ではない、記念すべき週なのです。

そこで、7年前に現在牡羊座の最後の度数を通過する天王星が、牡羊座の0度に入ったのは何時だったのでしょうか?人の記憶は移ろいやすいもので、調べてみると、2011年3月12日でした!そう!あの東日本大震災が起きた翌日だったのです!

ただ、誤解しないで下さい!天王星が動けば必ず地震が起きるというものではありません。天王星の軌道は地球から見ると、一度順行で前へ進んで、その後逆行してもとのサインへ戻ります。2011年3月12日の天王星の牡羊座入場はこうした逆行のあとの二回目の牡羊座入場のタイミングでした。

さらに、私の記憶に残るのは…天王星がもうひとつ前のサイン、魚座へ入った時です。それも日付は前回と近く、2013年3月11日だったのですが、その一週間後の3月19日にアメリカのブッシュ大統領がイラク侵攻に踏切り、イラク戦争が始まったのでした。今回天王星が入場する牡牛座というサインは領土に深い関わりがあります。またもや中東でキナ臭い動きが出ているのが気になるところです。

その後、3月19日午後10時過ぎ、金星が蟹座へ入ります。今週は天王星、火星、金星…と、主要な三つの天体が新しいサインへ移動して、とても新鮮な布陣となります。中では天王星の動向も気になりますが、太陽系の星々は「さあ!マンネリを一掃して、リセットしようよ!」と、私達の背中を押してくれているかのようです。

MAY 14 2018

瑛利奈

(C)ELINA

星はクライマックスへ

5/7~5/13

連休中はさしてハードな星のアスペクト(星同士の関係)はなく、芸能界のスキャンダルなど、緊張感を欠いた話題に終始していた感がありました。しかし週明け早々、これまでの仕事が溜まっていた私達の実務同様に、太陽系の配置も次々と結論を迫るような形に変わっていきます。太陽が4月20日に牡牛座の領域へ入ってきてから、ぼちぼち半月が過ぎようとしていますが、今週はどうやら牡牛座のクライマックスにさしかかっている…といえるでしょう。

7日(月)は牡羊座の第三デークへ入った水星が冥王星とスクエア(90°)を形成。星も何となく不機嫌そうな一日で、昔の古傷を掘り返すようなことが多く、何事もスムーズに進みにくい日です。

8日(火)は水瓶座の半月ですが、これまでの途中経過を見定めるような調整日に。

9日(水)は牡牛座の太陽が木星にオポジション(180°)を作る、今季のハイライトともいえる記念すべき日です。ここで結論を出した場合は…それが確定的となり、二度と後戻りできないことになるでしょう。

その後、10日(木)~11日(金)はこの流れを引き継いでこれまでの問題の整理に忙しい時です。

12日(土)、週末になって、太陽が冥王星とトライン(120°)という、革新的な動きを助長するようなアスペクトを形成します。これは…今までの流れを大きく変えるにはチャンスです。新たな試みになかなか踏み切れなかったあなた。あるいは、不利な情勢を覆したいと思いながら証拠を集めて、それを握ってきたあなた…。いい風が吹いてきました。これを機会にイヤな空気を一掃しましょう!

13日(日)もこうした現状を改革したい流れはさらに強まっていくでしょう。みなさん!連休中に十分充電はできましたか?さあ、今週の新しい流れを乗りこなすために、溜めたエネルギーを使ってください!

MAY 7 2018

瑛利奈

(C)ELINA

夢に向かって行動を!

4/30~5/6

ゴールデン・ウィークの今週一週間は…みなさんの楽しみたい気持ちが神様に通じたのか?最終日、6日(日)まで穏やかな星の配置が続きます。

週明けの30日(月)は午前10時前に満月です。満月とは…すべての結果が出る日。つまり過去の努力の結果が具体的に目に見える日なのです。連休たけなわの今日を楽しく過ごしていらっしゃる方にとって「あなたの努力は間違っていませんでしたよ!」と、満月が保証してくれているようなものです。しかし、現状に満足がいかない方もいるかもしれません。そんな方にとっても、今日(満月の日)は新しいことを手がけたり、ガリガリ努力を始めるべき日ではないのです。まずは、今回の結果を素直に受け入れて、ちょっと心に余裕を持ち、過去の自分を労(ねぎら)いながら、来るべきハードワークの日々に備えればいいのです。

満月の後の一週間にあたる今週は月が新月に向けて次第に欠けていく時期です。海に喩えれば、次第に潮が引いていくようなタイミングです。5月1日(火)は蠍座の月が幸運の星=木星に合(0°)になり、ラッキーディですが、こんな時は過去の自分を疑ったり、否定したりせずに、ご褒美をあげてみたらどうでしょうか?ただ、蠍座の月はショッピングには不向きです。誰か好きな人を誘って、食事やエンタメ、スポーツなどを思う存分楽しむといいでしょう。

その後、星はやや内向的な動きを見せます。特に3日(木)は過去の疲れが出るせいか、何となく人に会いたくたくない気分になったり、内向的になってしまうかも。

6日(日)は今週の中で唯一、太陽が海王星とセキスタイル(60°)というメジャーアスペクト(天体同士の重要な関係)を作ります。太陽が絡むメジャーアスペクトとしてもただ一つですが、他の8大惑星のメジャーアスペクトも今週はただこれひとつです。つまり今週の太陽系はこの一点に収斂しているといっても過言ではないでしょう。意味はというと…太陽は意思、海王星はビジョンです。海王星が示す新たなビジョンを各々…世界情勢にしても、個人にしても…それ自身=すなわち太陽が持つ自分の意思ではっきりとそれを行動に移すタイミングなのです。ただ、現在月は欠けていく時期なので、「矛盾しているじゃないか!」とおっしゃる方もいるかと思いますが、月のサイクルが一ヶ月なのに対して、太陽のサイクルは365日です。少し時間的に視野を広げてみれば、この時期が新しいビジョンへのスタートの時期になるだろう…ということです。

みなさんも連休中にエネルギーを溜めてから、新たな夢や理想をハッキリと意識していくといいでしょう。

APR 30 2018

瑛利奈

(C)ELINA

太陽は土星と調和へ

4/23~4/29

先週はアメリカで飛行機事故が起きましたが、米朝会談の方は予想外の進展があり、土星逆行のなか、どこに落としどころが見つかるのか?未来は予測しがたいものとなりました。

太陽は…先週20日(金)から牡牛座へ入場して、山羊座に集まったマレフィックス達(土星、火星、天王星)といい関係を作りつつあります。順番としてはその中では土星がいちばん度数が浅く、山羊座の9度にいますから、今週末、29日(日)に太陽は土星とトライン(120°)という好調の関係を作るべく接近しているところです。

一方、愛の星=金星は25日午前1時38分に双子座へ入ります。これは…風のサイン、双子座、天秤座、水瓶座に愛の女神が微笑むということ。愛の風向きが変わりそうです。双子座、天秤座、水瓶座のみなさん、いよいよ楽しみな時がやってきます!

26日(木)はやや不穏な星の動きがあります。早朝に牡羊座の水星が山羊座の土星とスクエア(90°)の不調座相。日没後には山羊座で火星が冥王星と合(0°)を作ります。両方ともカーディナルサイン(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)での出来事ですから、ここに太陽など、重要な星を持つ方で、しかもキズがある場合は要注意かもしれません。これは…感情を抑えきれず、怒りを爆発させてしまいやすい暗示です。爆発といえば、文字通り物理的な爆発なども注意が必要でしょう。

29日(日)の午後7時すぎ、前述の太陽が土星とトライン(120°)を形成します。この流れを受けて、まずは安定感のあるゴールデンウィークを迎えられそうです。みなさんもこころゆくまで楽しんできて下さいね!

APU 23 2018

瑛利奈

(C)ELINA

土星、冥王星が逆行して激震…

4/16~4/22

国際的には…米英仏が軍事攻撃に踏み切って、シリア情勢は緊迫。国内ではモリカケ問題から始まって、行政のあり方に疑惑がさらに深まっています。今週の星はこれまでの流れを正す方向へ導いてくれる力があるのでしょうか?しかし、今後一週間の星の動向を観察すると、ここで粛正が期待できるほど事態は甘くはないようです。

16日(月)は新月です。午前中に月が牡羊座の26度で太陽と合(0°)…新月として新たな月のサイクルがスタートします。ただ、気になるのは太陽の後ろにピッタリと着く天王星です。天王星は縁切り星などと呼ばれるいわゆる「壊し屋」です。月が太陽と重なってから午後には天王星と合(0°)になります。「さぁ~、ズバズバ行くよっ!」と勇ましいかけ声が掛かるかのような配置です。

17日(火)は愛の星=金星がひとつは木星と不調和(180°)。続いて冥王星とトライン(120°)の調和の関係を形成。金星は私達の感情に働きかけますから、一方では夢を見させておいて、片方でぶち壊す…。私達の想いはエレベーターのように上がったり下がったり弄ばれてしまいそうです。

18日(水)が今週で(いや、今季でかもしれません)いちばんの波乱の日です。午前9時29分、今まで粛々と世界の秩序を司ってきた土星が逆行に転じます。喩えてみれば…これはこれまで10万人体制で警備にあたっていた警察官が5万人に減ってしまうような感じ…とでもいったらいいのかも。土星の逆行により、この世界の秩序を守ろうとする力が手薄になってしまうのです。その後、午後10時55分、太陽が牡羊座の28度で待ち構えていた天王星と合(0°)を形成…。天王星は前述のようにクレージー、そしてハプニングの惑星ですから、この世界の正義を司る太陽が「これからルールを変えてやろうじゃないか!」と、方針転換に乗り出すようなイメージです。

そしてさらに…いちばん怖ろしいのが最後に控えている冥王星です。これが22日(日)午後7時2分に逆行に向きを変えます。これを機に世の中の流れを変えたい勢力がすべて出揃った感じに。一波乱も二波乱も起きそうな今週の星…。私は「お手柔らかに!」と、神様に手を合わせて祈りたくなってしまいますが…。ただ…そう思うのは私だけでしょうか…?

APR 16 2018

瑛利奈

(C)ELINA