時代は新たなフェーズへ

4/19~4/25

大阪府で新型コロナウイルスの感染拡大が進み、吉村知事は政府へ緊急事態宣言を要請することになりました。東京都も今週中にも大阪に続いて要請するとの見込みです。今週は新型コロナウイルスやワクチン接種の話題のみがクローズアップされています。

19日(月)は午前中に牡羊座の29度で太陽と水星がコンジャンクション(0°)を作りますが、これは…牡羊座の季節が終わる前の最後の太陽のアスペクト(星同士の関係)となります。午後7時29分、ひとあし早く水星が牡牛座へ入場。牡牛座の季節到来の暗示です。過去の流れを思い出してみると、太陽が牡羊座へ入ったのが3月20日の夕方ですが、ほぼこの時期から新型コロナウイルスの感染者数が激増し始めました。たしかに牡羊座は火星が支配する発熱と闘いのサインです。この期間が過ぎ去り、世の中が落ち着きを取り戻す方へ舵を切ることに是非!期待をかけたいと思います。

20日(火)午前5時33分、太陽が牡牛座へ入場します。水星は19日に牡牛座へ入りましたが、金星はもうすでに4月15日に牡牛座へ入場しています。これで太陽を中心として、水星、金星が牡牛座に集まる形になりました。これからほぼ一ヶ月はこの牡牛座メインの時代が続くことになります。しかし、この若い度数に固まる牡牛座の惑星の群れをフル稼働させるような力のある惑星がいないのが、このところの悩みとなります。20日(火)は義務を表す小惑星=ベスタが金星とトライン(120°)を形成し、孤軍奮闘しながら牡牛座集団を牛耳っていくことに。ベスタは小惑星ですので、今ひとつ力不足ではありますが、義務や自己犠牲といった重い任務を担っている小惑星です。このコロナ禍の中では、私達に納得しやすい方向性を示してくれるのかもしれませんね。

21日(水)は惑星同士の重要なアスペクト(星同士の関係)がない一日です。月が獅子座の第二デークまで進んで、牡牛座の金星や天王星、また水瓶座の土星に力を入れてブレーキを掛けます。重厚な雰囲気の一日です。人生をエンジョイしようという方には不向きですが、これまでの緩んだ流れを引き締めるにはいい日です。ダイエットをトライするにもチャンスかも。

22日(木)は今週のなかでは最後の平凡な一日となるかもしれません。午後10時を過ぎて月は乙女座へ移動し、水星は義務を表す小惑星=ベスタとトライン(120°)を作ります。これを機にストイックな雰囲気が世の中に溢れるでしょう。真面目さと自粛、またボランティア精神がテーマとなります。

23日(金)から世界は新たなフェーズへと入っていきます。午前10時1分、まず、牡牛座の中でいちばん先頭を通過している金星が天王星と合(0°)を作ります。牡牛座の10度13分です。ここで、昨年金星が天王星と合(0°)を作った日が何時なのか?調べてみると、2020年3月9日になります。この頃、日本では当時の安倍総理が全国の学校の休校措置を執ったりなど、コロナ禍の始まりでした。また同じ事が繰り返されるとは思いませんが、愛の星=金星とアスペクトを組むもう一方の惑星=天王星はどう考えてもラッキーな星とは考えがたく、予想不能でクレイジーな惑星です。今回も私達をアッといわせるような事態を引き起こしかねません。とはいえ、天王星は革命、革新の星でもあります。この日、天王星が金星を通じて私達に伝えるメッセージを心して向け留めなければならないことは確かです。また、23日は午後8時48分、火星が蟹座へ入場します。こちらもコロナの時代が始まってから初めてのポジションです。火星は何を引き起こしてくれるのか?注視していかなくてはなりません。

24日(土)午後3時41分、水星が天王星と合(0°)を作ります。意外な事実が判明して、これを機会に私達の認識や未来のビジョンが変わっていくことになります。新しい事実が発表されたり、新たな「何か」が解明されたりするのかもしれません。

25日(日)午後になると、水瓶座の12度までやってきた土星が道を阻(はば)みます。まず、午後1時21分に金星が土星とスクエア(90°)。8時57分に水星が土星とスクエア(90°)に。最近の傾向を観ていると、水瓶座の土星は水瓶座さんと獅子座さん、特に前半生まれの方を非常に苦しめているように思われます。その強引さは昨年の山羊座の土星とはケタ違いです。ここで土星が水星、金星を巻き込むことで、水瓶座さんと獅子座さんがこれまで歩んできた方向を大きく変えるよう、土星は決断を促すのかもしれません。どうしても諦めることができないテーマもあるかと思いますが、謙虚に土星のアドバイスを受け入れれば、少なくとも肩の荷は軽くなるはずです。今週末は…真剣に人生の行く末を考える方も多いのではないでしょうか?

APR 19 2021

瑛利奈

(C)ELINA

新月、前向きなスタートを

4/12~4/18

4月12日から大阪府、兵庫県、宮城県に続き、東京都、京都府、沖縄県でも「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。とはいえ、今週の星の動きは好調なものが多く、前向きな一週間になりそうです。

12日(月)はゴルフの松山秀樹選手がマスターズで優勝し、明るい週明けになりました。午前11時30分は牡羊座の新月。ここから今週のみならず、新たな月の周期(ほぼ29日間)がスタートします。気持ちをリセットして、新しいサイクルの始まりです。

13日(火)は午前2時43分から月は牡牛座へ。13日は前日ほど、サプライズや楽しいニュースは少なく、私達の目線は再び現実へと戻っていくでしょう。

14日(水)午前8時9分、太陽が火星とセキスタイル(60°)を作り、活動的な一日になります。それに加えて、権利の主張を意味する小惑星=ジュノーのアスペクト(星同士の関係)が目立ちます。私達の問題意識が高まって、何かと議論がエスカレートする暗示です。現在、攻勢に出たい問題を持つ方にはチャンスかもしれませんが、守りを固めたい場合は口火を切らないほうが賢明です。

15日(木)午前3時21分、愛の星=金星が牡牛座へ入場します。金星が地のサインへ入るのは今年の2月1日以来、73日ぶりになります。ようやく牡牛座さん、乙女座さん、山羊座さんなど地象サインの方々に愛のチャンス到来です。「恋愛なんて関係ないわ!」というあなたにも、ひさびさ肩の力を向いてリラックスできる季節がやってきます。

16日(金)には重要な太陽のアスペクト(星同士の関係)が2つあります。ひとつは…午前1時58分の太陽&木星のセキスタイル(60°)です。これは…今年の1月29日の太陽&木星の合(0°)に次ぐラッキーなアスペクト(星同士の関係)です。実は…このチャンスに乗るにはかなり前から準備が必要なのですが、いまこれを読んだあなたは…少なくとも今からすぐに行動を起こすべきです。現在、胸に秘めた計画あって、まだ行動踏み切っていない「何か」があるのなら、今が決断のチャンスかもしれません。また、セキスタイル(60°)は合(0°)やトライン(120°)とは違い、自動的に運が開けるほど強くはないので、あなたの熱意と努力は必要です。

17日(土)も火星と木星がトライン(120°)、それに月が絡んで好調ですが、一方の火星がマレフィックスといわれる凶星の代表ですから、手放しで喜ぶほどではありません、度数は火星が双子座の26度、木星が水瓶座の26度です。火星も木星も熱気を孕んだ惑星ですから、スポーツの記録を出したり、ぶっちぎりで敵を倒したいなど、攻めの目的がある場合はチャンスとなります。ただ、動き出したら止まらない暗示なので、食べ過ぎやスピードの出し過ぎなどには注意するべきでしょう。

18日(日)は前述の火星と木星のトライン(120°)に対して、知性の惑星=水星が真ん中に割り込んできます。これは小三角といわれるラッキーな配置になります。日曜日ではありますが、頭脳を使って自分をアピールしたり、猛烈にノルマをこなすなどには最適です。

今週は幸運な星の配置が多く、ひさびさまったりと春を楽しめそうです。まずは、12日の新月をキッカケに新しい目標にチャレンジしてみてはいかがですか?

APR 12 2021

瑛利奈

(C)ELINA

金星が作る幸運のシナリオ

4/5~4/11

新年度になって、早くも5日が経ちました。桜の見頃が次第に福島あたりへと北上して、新型コロナウイルスの感染状況もは少しずつ広がっているようですが…。とはいえ、今週の星の配置は不調和なものが極めて少なく、穏やかなものになっています。

5日(月)は月が山羊座の後半を通過して、関わる天体は朝には海王星、夕方は冥王星と合(0°)と、非常に地味な動きです。過去の問題の再確認が多く、大きな変化の少ない一日です。午後10時3分に月は水瓶座へ移動します。

6日(火)…水瓶座の月は、午後2時58分、エキセントリックな惑星=天王星とスクエア(90°)に。午後8時17分、金星が火星とセキスタイル(60°)に。愛の星=金星が男性を表す火星と好調になるわけですから、恋愛運はチャンスです。特に現在の金星がいる牡羊座さんや、同じ火象サインの獅子座さんには効力がありますが、現在の火星のサイン、双子座さん、水瓶座さんにも勇気を与えてくれます。また、射手座さんには…これまでの愛の経過に答えが出るタイミングです。これは相手の方からの回答なので、深追いせずに受け止めるべきです。逆に天秤座さんにとっては、これから押すのか?退くのか?こちらの方が決意を固める時なのです。それ以外の方にもこのロマンに溢れた世界の雰囲気にノラない手はありません。あなたの相手が前述のサインなら、さらにチャンスといえるでしょう。

7日(水)は一日を通じてとても順調で、しかもハートウォーミングな星の配置です。午前11時43分の月と金星のセキスタイル(60°)もいいですが、午後4時5分には太陽が子育てと慈愛の小惑星=セレスと合(0°)を作ります。家庭的なテーマ全般、結婚や子育てについて語るのに最適な日です。料理屋インテリア、ガーデニングなどに凝るのも楽しいかもしれません。

8日(木)は午前5時30分に月が魚座へ入場します。しかし、一日を通じて義務と自己犠牲を表す小惑星=ベスタのアスペクト(星同士の関係)が目立つ日です。私達が負うべき義務や社会的な責任などに関心が向くでしょう。やや、気詰まりで、シリアスな問題に終始する一日です。

9日(金)は、現状を打破するような新しい発想に関心を持つ日です。専門家の意見をもとに現状を分析することになりそうです。しかし、なかなか結論は出そうにありません。

10日(土)、双子座の火星が魚座の海王星とスクエア(90°)を作ります。これは…今週唯一の惑星同士の不調和なアスペクト(星同士の関係)です。時刻は午前4時17分ですから、むしろ前日からの影響が大きいでしょう。精神的にも、物理的にも混乱が多い一日です。その後、午前7時25分には金星が権利の主張を表す小惑星=ジュノーとトライン(120°)を作ります。その後、正午前には土星がノースノード(ドラゴンヘッド)とトライン(120°)に。多方面でディスカッションが拡大しそうな配置です。この日に明らかになった話題は当分私達を支配してしまうかもしれませんね。

11日(日)はいいアスペクト(星同士の関係)が2つあります。ひとつは…午前0時8分の水星&土星のセキスタイル(60°)。冷静な判断を意味します。もうひとつの方は…かなりラッキーです。それは…午前3時52分、愛の星=金星が木星とセキスタイル(60°)を作ります。金星と木星の好調座相といえば、今年の2月11日に金星と木星の合(0°)がありましたが、これに次ぐ幸運です。愛情問題、また金運、さらに楽しいこと全般にいいアスペクト(星同士の関係)です。ただし、セキスタイル(60°)は自分から努力して結果が得られるアスペクト(星同士の関係)です。労力を惜しんではいけません。

今週は…6日(火)の金星&火星の火星とセキスタイル(60°)から始まって、11日(日)の金星&木星のセキスタイル(60°)へと、一連の幸運なストーリーが用意されている感じです。このような機会はまたとないので、コロナ禍に負けず、みなさんも愛の夢や楽しい生活のビジョンを積極的に作るよう、頑張ってみてくださいね!

APR 5 2021

瑛利奈

(C)ELINA

土星が妥協の線を示す

3/29~4/4

先週は…3月23日にタンカーが座礁してスエズ運河を封鎖するという事故がありました。現在も320隻以上のコンテナ船が通過待ちで、世界の物流に大きな影響が出ています。しかし、最新のニュースによるとタンカーは浮力を取り戻し、今日(29日)の満潮時に脱出できる可能性があるとのことです。エヴァーギヴン号が座礁したのは現地時間午前7時40分とのことで、ホロスコープを書いてみると、MC(ホロスコープの頂点)に冥王星、ASC(ホロスコープの起点)に天王星が引っかかっています。エヴァーギヴン号の船主は日本の会社のようで、今後が心配ですね。さて、今週の星の配置ですが…今週は土星が主要な天体をガッチリとガードして、地に足が着いた一週間になりそうです。

29日(月)はまだ太陽など、主要な天体同士のアスペクト(星同士の関係)はないですが、天秤座の月が土星、火星、木星とトライン(120°)の好調座相を形成して、安定感があります。午後8時に月が木星とトライン(120°)を作ります。木星は古くから航海を表す惑星です。エヴァーギヴン号もこの流れに乗って動き出すのではないか?と期待が持てます。

30日(火)は…午前5時23分に魚座の水星が海王星と合(0°)に。まさに海王星は海を意味する惑星ですが、モヤモヤとした掴みどころのない性質を持っています。スエズ運河座礁事件を離れて考えると、海王星が知性の星=水星の思考力を鈍らせる可能性が…。イマジネーションは豊かになりますが、理想主義に傾いて、現実認識が甘くなるなど、重要な判断をする際は注意が必要なアスペクト(星同士の関係)です。しかし、午後5時46分には金星が現実的な惑星=土星とセキスタイル(60°)を形成します。こちらは人間関係や愛情問題など、今後どのくらいの距離感で付き合うべきか?など、妥協のラインを決めるにはいいアスペクト(星同士の関係)です。

31日(水)午後11時4分、3月の最終日、そういえば年度末ですね。今度は…牡羊座の太陽が土星とセキスタイル(60°)を作ります。これは…今年度の最終日に今後のあるべき形が見えてくる、あるいは、今まで判断しかねていたことに一定の結論が出る…ことを表します。国会でも予算が通って、やれやれという感じです。今年度は太陽系の中心の太陽と、秩序を司る土星が調和して、閉めくくることになります。

4月1日(木)は午前7時58分から月は射手座です。この日は重要なアスペクト(星同士の関係)はなく、月と小惑星の絡みが目立ちます。身の回りの話題や噂話をしたり、愚痴をこぼしたする、小市民的な一日になりそうです。

2日(金)…射手座の月が好調に惑星たちと関わり、生活の流れは順調です。この日は水星が冥王星とセキスタイル(60°)を形成。何か、新事実が明るみに出る暗示です。これは、海王星の影響を受けて、理想主義に傾き、モノの見方が甘くなっていた私達を覚醒させるような効果があります。2日(金)は認識を新たに再スタートする日になるでしょう。

3日(土)の午前10時12分から月は山羊座に入ります。夕刻、愛の星=金星が子育ての小惑星=セレスと合(0°)に。子育てやペット飼育などに関心が集まります。ステイホームに最良の幸せが宿る…ということです。

4日(日)午前5時41分、いままで魚座を通過していた水星が牡羊座へ入場します。これにより、私達のマインドは積極的になってきます。移動距離が増えたり、投資に前向きになるなど、世の中の動きがより活発になり始めます。

年度をまたくことになる今週、一週間。31日までは土星がリードして、「現実はこんなもんだろう!」と私達に妥協の線を提示します。その後、2日あたりから新たなサイクルへと時代の歯車が動いていきます。まずは、令和2年度も最終日になって、私達は現実を受け入れることになりそうです。

MAR 29 2021

瑛利奈

(C)ELINA

金曜日は愛を楽しむ日

3/22~3/28

緊急事態宣言は21日をもって解除されましたが、新型コロナウイルスの感染者数は3月に入ってからなかなか減少せず、不安を抱えながらの週明けとなりました。ニュースによると、「3月10日頃には7日間平均で262人まで減っていたのが、現在は300人程度まで増加している(東京都)」とのこと。火星が双子座へ入ったのは3月4日ですが、どうも…感染者数の増加は火星のサインと関係があるように見えます。何故なら、火星は「行動様式」を、双子座は「移動」を表すからです。これからはこのコマメに動きたがる火星を制御しながらの毎日となりそうです。

22日(月)は…朝から水星と冥王星がセキスタイル(60°)、火星と土星がトライン(120°)など、概ね星の動きは順調です。知性の星=水星が活発にいいアイディアを出してくれ、問題の火星は土星により制御されています。今週のなかでは仕事関係の問題が順調に片付く日です。以前から引き続いてくテーマには、早めに結論を出しておいたほうがいいでしょう。

23日(火)は、重要なアスペクト(星同士の関係)はなく、唯一、午後2時14分に蟹座の月が海王星とトライン(120°)が好調な関係になります。なんとか夢を叶えたいと好意的に私達は考えて、判断を心情に委ねる暗示です。しかし、その後蟹座の月は水瓶座の木星、射手座の小惑星=ジュノーとヨードという厄介な関係に足を取られて、せっかくの思いやりにケチが付くような展開に。一部の人の心情は世の中の多様性と相容れないのかもしれません。

24日(水)午後12時26分、魚座の水星が火星とスクエア(90°)を形成。ちょっと犯罪の臭いのするアスペクト(星同士の関係)です。目の前の若者は詐欺師かもしれません。決して先を焦らず、お金の決済や契約締結など、裏を取りながら慎重に進めるようにしてください。

25日(木)はサークルや協会など、身の回りの人間関係がテーマになる一日です。しかし、私達の気持ちは少し後ろ向きかも。引き籠もりたい気持ちがコミュニケーションを妨げます。そんな時は無理に交わろうとせず、一人の世界を充実させたほうがいいのかもしれません。

26日(金)午後3時57分、牡羊座の太陽が愛の星=金星と合(0°)を作ります。今週で唯一の太陽の好調なアスペクト(星同士の関係)です。愛情問題はもとより、レジャー、エンタメなど楽しいこと全般がテーマの日です。緊急事態宣言明けの私達に相応(ふさわ)しく、楽しいこと優先の一日になるでしょう。

27日(土)…前述のように3月4日から火星は双子座を通過中ですが…。この火星がドラゴンヘッドと重なります。ドラゴンヘッドは「人が集まる場所」を表しますから、桜の花が満開となって、各地の人では相当な数になりそうです。そうなると、新型コロナウイルスの感染拡大も心配ですね。しかし、私達の心境としては、こぞって人が集まる場所へ出かけたくなる一日です。

28日(日)は朝6時1分の太陽と木星とセミスクエア(45°)など、細かなトラブルのアスペクト(星同士の関係)が続きますが、午前8時48分に乙女座の月が冥王星とトライン(120°)を形成して、今までの浮かれた気分を引き締めます。その後、午後5時9分、今度は天王星が小惑星=ベスタとトライン(120°)に。私達の肩の上に急に重荷が架せられる暗示です。

今週は26日、金曜日に向かって一気に締め付けを解いていき、その後、リバウンドに気付いて引き締める…こんな流れになっていきそうですね。

MAR 22 2021

瑛利奈

(C)ELINA

 

20日、新たな春分図へ

3/15~3/21

前代未聞に早くサクラの開花宣言が!豪雨や地震など、いちだんと地球環境の悪化を感じる最近の日々ですが…。今週は…週末に春分があり、日本の国の運勢は新たな春分図へと書き換わります。

15日(月)は比較的穏やかな日ですが、牡羊座の月が射手座のドラゴンテイルとトライン(120°)を作って、なんとなく後ろ向きな姿勢になり勝ちです。そういえば、菅総理の太陽は射手座ですが、度数は射手座の13度の後半の方です。15日のドラゴンテイルは射手座の14度。ドラゴンヘッド、テイルは度数を遡っていきますから、16日になると、ドラゴンテイルがピッタリと菅総理の太陽に重なります。意味としては…穴の中へでも隠れたい心境…ということになります。このところの総務省の接待問題はもとより、これでは緊急事態宣言をどうするか?など、菅総理、なかなか自信を持った答えは出せそうもありませんね。

16日(火)、午前7時26分、水星が魚座へ入ります。2月21日に水星が順行して以来、水瓶座の水星だけが毅然とした態度を取って、原理原則に忠実な判断をしてくれていたのに、魚座へ入ってしまうと、双子座の火星と相性が悪くなったり、魚座のその先に控えている海王星に取り込まれてしまうのではないか?と心配です。

17日(水)は午前3時25分、魚座の太陽がかなり以前から山羊座に控えている冥王星とセキスタイル(60°)の調和座相を形成します。何か大きな問題が動く暗示です。前回の太陽と冥王星のメジャーアスペクト(重要な天体同士の関係)は今年の1月14日の合(0°)ですが、その頃は新型コロナウイルスに対する規制が厳しくなったり、アメリカではyoutubeがトランプ氏の投稿を停止したりなど、いろいろな方面で手厳しい対応が目立つ時期でしたね。今回は太陽と冥王星が調和の関係ですから、もう少しソフトな流れになるとは思いますが、ある種世界的な方向性の変化はあり得るでしょう。

18日(木)は大きな変化は少なそうで、調整日です。キローンや小惑星=パラスなど、賢者を表す天体が火星や水星と絡むので、耳を傾けるべき意見が出てくる日です。

19日(金)…今度は金星が冥王星とセキスタイル(60°)を作ります。金星は愛の星であると同時に、楽しいこと全般を表します。これを機会に国をあげて春をエンジョイする雰囲気が強まることになりそうです。

20日(土)午後6時37分、太陽が牡羊座へ入場して、春分です。この時刻で書いたホロスコープがこれより日本の国の運を表すことになるのです。これを春分図と呼びますが、下に添付しておきます。ホロスコープの見方は左側が東、右側が西になります。時間が日没後なので、太陽は西の地平線の下へ隠れた形です。このハウスは何か?というと、健康のハウスです。たしかにコロナ禍ならではの国民の健康中心のホロスコープになりますね。

21日(日)は午後11時16分、愛の星=金星が牡羊座へ移動します。これで2月25日からスタートした魚座の金星の期間が終わります。魚座さん、並びに水象サイン(蟹座、蠍座)に太陽や金星を持つみなさん!愛に関することで、まだやり残したことがあるのなら、この日までに行動に移しておいたほうがいいでしょう。とはいえ、これは一ヶ月単位のレベルの話ですから、婚約などの大それたコトを急ぐ必要はないのですが。(笑)「デートの計画などはお早めに」ということです。当然、牡羊座さんを始め、火象サイン(獅子座、射手座)のみなさんはこの21日の夜11時16分から愛のチャンスがやってきます。

今週は春分を始め、太陽系のラインナップが大きく変わります。このところのマンネリの空気も一掃されることになるでしょう。

MAR 15 2021

瑛利奈

(C)ELINA

 

海王星が幻想を紡ぐ週

3/8~3/14

先週のニュースとしては…新型コロナウイルス対策として首都圏4都県の緊急事態宣言が二週間延長になってしまいました。そんな中、今週は緊張感を持って過ごさなければならないはずなのに、星の動きは春霞のように非常にボーッとしたものになっています。

8日(月)は、比較的安定した星の配置です。月は山羊座の後半にかかり、魚座の太陽や海王星とセキスタイル(60°)の調和した関係です。午後4時52分に月が冥王星と合(0°)になり、今抱えている問題の根の深さを暗示することに。午後11時40分から月は水瓶座へ入っていきます。

9日(火)はゴタゴタしそうな一日です。午前5時22分、水瓶座の月が双子座へ入ったばかりの火星とトライン(120°)を形成します。若い度数だけに私達に溌剌(はつらつ)とした刺戟を与えてくれますが、なかなかこれにつづくものがありません。仕事が始まる午前9時を回ったところで、愛の星=金星がノードとスクエア(90°)に。これは…人々の気持ちがまとまらず、感情的な齟齬が生まれたり、逆に馴れ合いになったりなどして、スピードダウンしてしまいそうです。おまけに夕方には土星もブレーキをかけ始めそうです。

10日(水)は、午前9時57分に月が水瓶座の木星と合(0°)になり、とてもいい空気を運んでくれます。10日に重要なテーマがある方は早めの行動がオススメです。この日、午後4時には魚座の太陽が海王星と合(0°)を作ります。太陽も海王星も太陽系の中では大きな天体ですから、この影響はもっと早くからあったはずなのですが…。海王星の持つ「蝕知できない」という掴みどころのない性質によって、太陽のパワーが奪われるアスペクト(星同士の関係)です。希望的観測が多すぎて、現実が把握できない…。ボーッとして頭が冴えない…。海王星が善悪の判断を鈍らせる…。などの悪影響があるかもしれません。一方いい影響としては…いい夢を見られる、幻想的なイマジネーションが湧く、人に尽くしたくなる…などが挙げられます。少なくとも、シリアスな契約問題や、現実的な数字を予測するには不向きなアスペクト(星同士の関係)であることは間違いありません。

11日(木)は月が海王星が支配しているサイン、魚座へ入ります。また午後2時8分には太陽が権利の主張を表す小惑星=ジュノーとスクエア(90°)の不協和音を奏でます。そこかしこで議論が多くなりそうです。その後、問題の解決策は新しい方向へ誘導されていくでしょう。

12日(金)は重要な天体同士のアスペクト(星同士の関係)はありません。魚座の月が金星、海王星と次々合(0°)を作っていきます。非常にムーディな一日です。

13日(土)午前2時21分、新月です。ここから草木など、生物の発育が活発になっていきます。桜など、花々のつぼみもふくらんでいくでしょう。同日、午後8時7分、今度は愛の星=金星が海王星と合(0°)を作ります。非常にロマンティックなアスペクト(星同士の関係)です。この星の配置は片想いや無償の愛を意味します。星空を仰いで夢に浸る夜になりそうです。

14日(日)はホワイトデーですが、前日の金星&海王星が愛のお返しへの期待を膨らませたかもしれませんね。14日の星はその夢をしぼませるような意地悪な配置はありません。午前8時55分には牡羊座の月が小惑星=セレスと合(0°)を作ります。小惑星=セレスはとても家庭的な星ですから、おうち時間を楽しもうと、頑張る気持ちに火を着けてくれます。しかし、午後9時30分には愛の星=金星が、今度は権利を主張する小惑星=ジュノーとスクエア(90°)の凶角度をつくります。このへんの時間帯は最愛の人と言い争いになりそうな可能性も。ジュノーは愛するパートナにたいして「もっとよくしてくれてもいいじゃない!」と苦情を言わせる小惑星です。こんな愚痴をいいたくなるのもあなたの尽くし過ぎが原因かもしれません。見返りを求めない愛などは机上の空論。愛のバランス感覚を崩してしまう破壊者なのかもしれませんから。

大分話が逸れてしまいましたが、今週は海王星の存在が非常に目立ちます。それこそ海王星は「無償の愛」の発信源です。しかし、同時に海王星の負の側面は「嘘」や「自己欺瞞を」意味する惑星でもあるのですから。

MAR 8 2021

瑛利奈

(C)ELINA

 

愛と仕事に星の応援が…

3/1~3/7

早くも3月になりました。現在の太陽系は…これまでと違い、太陽の重要なアスペクト(星同士の関係)はひとつもありません。その他の惑星はもまた不調和な動きは観られず、大きな変化のキッカケになりそうなものも見当たらない状況です。

今月も2月と同じように月初と週明けが重なりました。私にとっては 瑛利奈の占星術チャートハウス の月運更新と「今週の運勢」が重なって、かなり迷惑(笑)なのですが、2月が28日のため、さらに今月も同じ曜日割りになってしまいました。

1日(月)…太陽、金星が魚座へ入って、先月よりも水瓶座の天体が減ったものの、土星、水星、木星の三つの惑星がまだ水瓶座の8度~16度に群がっています。1日(月)は、乙女座の第3デークから天秤座へさしかかる月が火星、そして土星とトライン(120°)の好調座相を作っていきます。ややシンドイですが、骨太で安定感のある星の動きです。しかし、夕方頃から月が天王星、太陽とインコンジャクト(150°)で拘束されて、なかなか次のステップへ踏み出せない暗示です。冒険はやめて、既存の路線の中で汗を流した方がよさそうな一日です。

2日(火)の方がラッキーですが、幸運な星の動きは午前8時前に出尽くしてしまいます。午後になると、またもや迷路が待っています。これを機に現在抱えているテーマの課題を洗い出すにはいい一日でしょう。

3日(水)午前4時8分、知性の惑星=水星がノースノードとトライン(120°)を形成。仲間を増やすにはいいアスペクト(星同士の関係)です。夜明け前なので、このタイミングを睨んで、前日から動いておいたほうがいいかもしれません。午後のメインイベントは…午後5時38分の月と金星のトライン(120°)です。緊急事態宣言で疲れ果てた私達に、このアスペクト(星同士の関係)は心のオアシスを求める気持ちを高めさせるでしょう。恋人や友人たちとの会食に絶好の星ですが、多分みんな同じ事を考えそうなので、密になることに気をつけた方がいいかもしれません。

4日(木)午前2時9分、愛の星=金星が天王星とセキスタイル(60°)。今週で2つしかない貴重な惑星同士のメジャーアスペクト(星同士の関係)です。意味は「ラブロマンス!」、そして「予期せぬ幸運」…。時間が深夜ですから、これもまた前から伏線を張るなど、準備が大切です。早々と就寝した方には夢でヒラメいたりするかもしれませんね。午後12時29分には火星が双子座へ入場します。射手座の菅総理には痛い配置ですが…。逆に牡牛座の火星に悩まされて苦戦していた獅子座さんや水瓶座さんには、今後いい展開が期待できそうです。

5日(金)の午後12時27分には、知性の惑星=水星が、木星とコンジャンクション(0°)を作ります。知性を司る水星に木星が大きなエネルギーと希望を与えてくれます。これが今週最大のイベントと考えてもいいかもしれません。サインはITを表す水瓶座ですから、プログラムや企画など、活発なアイデアが湧きそうです。水瓶座支配の時代ならではのいいニュースが舞い降りることも。

6日(土)午前10時30分、射手座の半月です。その後小康状態ですが、夕刻を過ぎると現実認識や先読みが甘くなる怖れも。まずは、午後3時半までに計画を確定してください。

7日(日)午前10時52分、月が調整の小惑星=パラスとセキスタイル(60°)を作ります。一週間の流れを反省したり、自己チェックするには最適な一日です。今週は比較的落ちついた一週間になる見込みです。まずは、これまでの途中経過をきちんと把握しておくといいでしょう。

MAR 1 2021

瑛利奈

(C)ELINA

社会のうねりが変わる…

2/22~2/28

前回…「潮目が変わる」と書いた18日、橋本聖子氏が東京五輪・パラ組織委会長に選ばれて、まさに潮目が変わりました。18日の夜から太陽が魚座へ入って、蟹座の森喜朗総務省幹氏批判は影をひそめ、次のターゲットは魚座からみてスクエア(90°)となる、射手座の菅義偉総理に変わりました。女性差別の議論が深まらず、今度は総務省幹部の接待問題へと移り変わって行くこの日本の国会やマスコミの風潮は困ったものです。

かくして潮目が変わった週明けの22日(月)は…蟹座の月が魚座の太陽と調和して、穏やかな一日になりそうです。

23日(火)は令和になって二回目の天皇誕生日ですが、今年はコロナ禍のため、茶会は実施せず、祝賀行事は最小限になるそうです。天皇陛下は即位されてから自粛続きでお気の毒ですね。

24日(水)も引き続き重要な天体同士のアスペクトはナシ。23日から24日にかけて月は蟹座ですが、現在水瓶座に集まっている土星、水星、木星、金星はすべてインコンジャクト(150°)という中途半端なアスペクト(星同士の関係)で次々とパスを送っていきます。しかし24日は午後12時58分に牡牛座の火星だけがセキスタイル(60°)の調和座相を作ります。繊細な感情の動きが決断の決め手になるでしょう。

25日(木)午前10時50分、牡牛座の火星が冥王星とトライン(120°)を形成。新たな事実をもとに大きく事態が変わる暗示です。それに伴い力の衝突があるでしょう。ダイナミックな事件が起きそうな一日です。午後10時11分、愛の星=金星が魚座へ入ります。時の人が変わりそうですね!魚座さん、蟹座さん、蠍座さんがまさに愛と幸せの主人公に。

26日(金)、午前6時12分、太陽が天王星とセキスタイル(60°)という好調なアスペクト(星同士の関係)を作ります。2月後半の重要なテーマが降って湧くような一日です。ITや新システム、思想や哲学など、新しいことを採り入れるチャンスです。それには一夜漬けでは間に合いませんので、今週は26日(金)に計画を実行できるように、週の頭から周到に準備しておくといいでしょう。多少の反対や抵抗はあるかもしれませんが、細部に囚われるとチャンスを逃してしまう可能性も。

27日(土)は満月です。時刻は午後5時17分、月は乙女座の8度。このところのテーマに答えが出るときです。正義は多数派に宿るでしょう。

28日(日)は…日曜日にもかかわらずナーバスな週末です。多くの問題がまとまらず、プレッシャーの多い一日になりそうです。夜半になって、意外な事実が判明することも。

今週は…前述のように26日(金)までの行動が大切です。年明け以来、最近の星は常に真剣勝負。甘えたところは見当たりません。また、このところ社会の大きなうねりも変わってきています。後戻りは許されないので、その道の専門家のアドバイスを求めてから正解を出すようにすることですね。

FEB 22 2021

瑛利奈

(C)ELINA

 

18日、潮目が変わる!

2/15~2/21

先週は…11日(木)に金星が木星と合(0°)という愛のチャンスがありましたが…。たしかに「幸運の女神には後ろ髪がない」といわれ、木星の恩恵を受けるには「前から飛び込め!」といわれますが、この金星が木星と合(0°)が過ぎた途端に、13日(土)午後11時8分にマグニチュード7.3の福島沖地震が起きました。被害に遭われた方々、心からお見舞い申し上げます。話が前後しますが、11日には森喜朗オリパラ組織委会長の一連の辞任劇がありました。先週は…いくらなんでもこのように人心を攪乱するような流れはないだろう!という事件に充ち満ちていましたね。

木星といえばオールマイティな幸運星ですが…1994年7月にシューメーカー・レヴィ彗星が木星に衝突してから、私はどうも、木星がそれまでのような高潔な惑星でなくなったような気もしていました。それはともあれ、今回の福島沖地震の星の配置をよく調べてみると、フィックスドサインに集中した7つの天体が織りなす不協和音があるのです。その根幹になるのは、水瓶座の土星と牡牛座の天王星のスクエア(90°)です。私は「瑛利奈の今週の運勢」の、1/11~1/17 ダイナミックな星が時代を変える…の中で、「14日(木)※1/14 も引き続き今週のハイライトというべき配置が続きます。午後5時35分、今まで逆行していた天王星が順行し始めます。これだけでも現状を覆したり、地殻変動を起こすなどの影響力はあるでしょう」と書きました。いま、福島沖地震のチャートを観て気付くのは…この日の土星がちょうど1月14日に逆行から順行に変わる天王星の度数と正確にスクエア(90°)を作っていることです。そのときの天王星の度数は牡牛座6度43分でした。また、福島沖地震が起きた2月13日の土星の位置は…午後5時~7時30分くらいまでちょうどここにスクエア(90°)の水瓶座6度43分を通過していたのです。

これらを考えると、11日の金星&木星の合(0°)や、13日の水星&金星の合(0°)などは…深部に渦巻くどす黒い潮流の上に浮かぶ一輪の花のようなものでしたね。とはいえ、この貴重な一輪の花をしっかりとGETした方もいらっしゃったはずですが…。

前置きが長くなりましたが…週明け15日(月)の星は水星が木星と合(0°)など、比較的穏やかで、公正な思考と賢さを取り戻すような動きです。

16日(火)は重要な天体同士のアスペクト(星同士の関係)はないですが、権利の主張を表す小惑星=ジュノーが目立つのが気になります。また森喜朗氏のJOC会長後任問題で一悶着ありそうです。

17日(水)は…またもや過去の問題が発覚して、揉めそうな一日です。午後12時11分から月は牡牛座に入りますが、どうも…落としどころが見つかりそうにありません。

18日(木)午前4時8分、今の星の配置の不調和の元凶、水瓶座の土星と牡牛座の天王星がいよいよ正確にスクエア(90°)を形成します。その後、午後7時43分、太陽がこれまでの水瓶座を去り、魚座へ入ります。大きく潮目が変わる暗示です。ただ、土星と天王星のスクエア(90°)の方は外惑星同士ですから、そう急激に作用が表面化はしないかもしれません。しかし海底の大きな障害物のように潮の流れを変えるのは確かです。一方、太陽の方は今までの水瓶座の頑固さと違い、魚座は意外と器用に問題点を交わしますから、新しい流れは案外速く訪れるかもしれません。

19日(金)は…大きな動きはなく、牡牛座の月が主役です。感情問題とお金の問題がテーマになります。

20日(土)午前3時47分、半月。その後、午前8時3分に愛の星=金星が火星とスクエア(90°)を形成します。今までの問題に一応の答えが出て、週の節目になる一日です。ただ、週末ではありますが、シリアスな雰囲気に終始するでしょう。

21日(日)、午前9時51分、これまで逆行していた水星が順行し始めます。度数は水瓶座の11度1分です。水星はコミュニケーションの惑星ですから、このところの紛糾した問題にようやくメドが付きそうです。

FEB 15 2021

瑛利奈

(C)ELINA