「瑛利奈の占星術チャートハウス」が elina.jp に

「瑛利奈の山手タロット館」のURLは elina.org ですが…。このドメインを取得したのは1998年8月でしたが、思えば今年で20年になります。ドメインというのは世界にひとつしかないインターネット上の番地です。サイトが増えた今の時代、ドメイン名のドット(.)部分より前が「elina」のようにシンプルなドメイン名はなかなか取れないのです。私が elina.org を取得した20年前のときでさえ、.com、.netはすでに登録されており、残るは .org のみでした。当時、日本のドメインといえば、民間で取れるものは co.jp だけで、jp ドメインができたのは…多分、その4~5年後でした。その当時、すぐに elina.jp を取ればよかったのですが、ご多分に漏れずもたもたしていたので、気が付いて「elina は取れるかな?」、と検索してみたときにはすでにどなたかに登録されていました。

その時から私はことあるたびに elina.jp は空いたかな?と検索していたのですが、それがある時!「取得可能」になっていたのです!しばらく悩んでから(笑)、私は elina.jp を取得したのですが…。それ以来私はずっと elina.jp というドメイン名を温めてきたのでした。

昨日6月1日は「瑛利奈の占星術チャートハウス」の「12星座今月の運勢」更新の日でしたが…。これを機会に「チャートハウス」を http://elina.jp/ に改めることにしました。これまでの astrocookie.com もまだ使えます。ただ、ドメイン名の変更はそのサイトを見失われてしまうリスクがかなり大きいのですが、幸い「チャートハウス」の場合は「タロット館」からリンクが貼れるので、今回のようにいきなり変更!も多少やりやすいのかな?とは思っていますが。

今まで「瑛利奈の占星術チャートハウス(astrocookie.com)」をブックマークして下さったユーザの方はお手数ですが、 elina.jp に変更して頂ければと思います。ま「チャートハウス」もスマートフォン版を作らなくては!と、これもずっと前から心の中に抱えている私でした。これからも「瑛利奈の山手タロット館」、「瑛利奈の占星術チャートハウス」のふたつのサイトをどうぞよろしくお願いいたします。

瑛利奈

「瑛利奈の今週の運勢」リニューアル!

みなさまもよくご存じの「瑛利奈の今週の運勢」ですが、私も常々過去記事を読みたいと思っても検索づらいと思っていました。多分、みな様の方がよりご不便を感じていらっしゃったかもしれません。私も「何とか整理しなければ!」と思いながら、例によって腰が重い状態でした。

今回、思い切って「瑛利奈の今週の運勢」を完全リニューアルしました!今度はブログ形式になりましたので、過去記事も見つけやすくなったと思います。この度、新しいブログサイトへ過去の記事をひとつひとつ移植したのですが、その度に「ああ、あの時の星はそうだったな!」などと思ったり、感慨深いものがありました。我ながらかなり力の入ったページや、反対に気が抜けたような記事などももありましたね。

この「瑛利奈の今週の運勢」をみなさまも過去の時代を振り返るときのツールにして頂けたらと思います。また、「This Week」がブログ形式になったので、毎週の更新も早くなると思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

瑛利奈

 

常時SSL(HTTPS)になりました。

みなさま、ようやく「瑛利奈の山手タロット館」のセキュリティサイト化が完了しました。前の記事にあるように3月末に引っ越しが終わってから、このところサイト内でさらにファイルを移動して、5月18日にセキュリティ化の作業がすべて完了しました。いままでは「瑛利奈の山手タロット館」のURLの最初の部分が “http://” でしたが、今度は “https://” になります。以前のURL http://elina.org/ からでも自動的に転送されるように設定しましたが、ブックマークされている方はお手数ですが、 “https://”  に変更して頂けると嬉しいです。

タロットリーディングの 「TABLE」menuでJAVAアプレットで占って頂いてる方はJAVAの登録を ” https://elina.org/” にして頂くようにお願いいたします。

また、フューチャー・フォンからアクセスして頂いている方はお使いの機種によってセキュリティサイトが表示できないケースがあります。基本的に携帯電話に関してはもともと個人情報を発信してもセキュリティ・リスクは少ないそうなので、携帯からのアクセスができるようにもうちょっと工夫してみます。それまでしばらくお待ち下さい。瑛利奈へ連絡を取りたい方は 045-651-1680 までお電話を頂ければと思います。

作業をする中で、iphone、スマートフォン用のアイコンがまだ設定していないことに気付きました。新しいのを作成しました。

このブログもセキュリティサーバに引っ越しました。旧ブログと見分けが付くように記事以外のバックグラウンド(両サイドの空白)の色を変えてみました。古い方はブラック、新しい方は淡いグレーです。(ちなみにこれはPCでないと確認できません)

さらにパラレルワールドが続いていた毎日でしたが、これでちょっと日常の世界(反対語は何ていうんでしょうか?)に留まれそうです。

と、いいつつ、平行して「瑛利奈の占星術チャートハウス」の引っ越しとマルチドメイン化とやっている私でした。こちらの方は完成したら随時お知らせします。

瑛利奈

サイト引っ越し完了!

本日18時34分、サイト引っ越し完了しました。引っ越しといってもドメインのことですので、アクセスして下さる方すべてに浸透するまで3~7日くらいかかるそうです。ただ、私の環境ではブラウザをリロードしたらすぐ新しいページへ移動したので、みなさまもご面倒ですが、一度ページを読み込んだ後、「F5」ボタンを押して頂ければ引っ越し先の方が表示されるのではないかと思います。

目印のために “Site Index“、”Taror Reading“、”Consultation” の各menuの右下に表示されるさくらの画像(この画像が出るのはPCサイトのみですが)を新しいサーバの方には「〇済」のハンコを押しておきました。まだまだこれからリンクの不具合などあるかもしれません。その節は瑛利奈までメールか掲示板からご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

瑛利奈

春は引っ越しのシーズン

「瑛利奈の山手タロット館」の玄関横に春になるとチューリップの花が咲くようになりました。過去の写真を見てみると、これが毎年まったく同じ時期に咲くのです。そして花の数は一年ごとにひとつずつ増えてゆく…。

春の引っ越ですが、「タロット館」もいまお引っ越し中です。お引っ越しといっても、こちらはサーバの移転です。これは内部のことなので、実は…アクセスされるみなさんはまったく何も気付かないうちに引っ越しが完了するのが理想的なのですが…。ただ。私の方は毎日ファイルの移動やcgiなどの簡単なプログラムも動かさなければならず、なかなか大変です。現在は新しいサーバの方にもうひとつの「瑛利奈の山手タロット館」を構築中です。とりあえず、いまは「瑛利奈の山手タロット館」が新旧ふたつあり、ふたつの、「タロット館」がまったく相似形になってきています。このふたつの世界の中をいつもチェックしながら歩いている私は…さしずめパラレルワールドに迷い込んだかのような錯覚に囚われます。ミスを捜して、訂正して、アップロードしたけれども「全然直っていないじゃないか!」と思ったら、違う方のファイルをアップしていた…などということは日常茶飯事という状態です。(笑) 移転のさなか、このブログもずい分更新していないなと思いつつ、記事は書かずにファイルだけいじっている毎日でした。(笑)早くみなさまに快適にサイトを閲覧して頂ける日が来るといいのですが…。

また、よく引っ越しの途中で自分の本を読み耽ってしまうという笑い話がありますが、私もご多分に漏れず?さらに悪いかな?年明けに際して書いた「平成30年は何枚目のタロット?」の中の「2018年は『NO8. 正義』の年」という予想は株価調整といい、安倍政権が追い詰められる状況といい、「現実になってきたな」と、我ながら感心しています。(笑) しかし、タロットが一周して二回目を迎えた『NO8. 正義』も、明後日29日(木)に訪れる太陽&土星がスクエアという鉄拳も、私達国民、ひいてはこの世界にとってよかれと思って見せるタロットや惑星の「厳しい顔」なのです。『正義』に与えられた数、「NO8」も土星のナンバーですから、「影に土星アリ」なのです。土星は肉眼で見ることができるいちばん遠い惑星です。そして太陽系の創生期から外部の宇宙から飛び込んでくる彗星や隕石などを撥ね除けて、地球を守ってくれた惑星。私達にとって守り神ともいえる惑星です。この土星の力を信じて、この平成30年がどのような結末を迎えるのか?しっかりと観ていきたいものです。

瑛利奈

 

平成30年は何枚目のタロット?

みなさま、明けましておめでとうございます。とうとう平成も最後まで続くのは今年限りとなり、畏れ多くも天皇誕生日に生まれた私としては、平成の行く末が非常に気になるところです。

21世紀に入ってから、私はよく平成の元号のナンバーをタロットに喩えたものです。まず最初にそれに気付いたのは21世紀が昔思っていた明るいイメージとは違って、2001年に入って早々、アメリカの同時多発テロが起きたことからでした。「おいおい、21世紀はこんなに暗いのかよ!」と、世界のみんなが思ったはずです。そういえば、2001年は平成でいうと「13」年でした。「13」はタロットでいえば、『死神』。私は当時「20世紀がリセットされた」と書きましたが、『死神』のカードが象徴する殺戮とそれへの報復の輪廻が始まった年でもあったのです。

翌2002年は平成14年。タロットでは『節制』にあたりますが、この年はEU共通通貨「ユーロ」がスタートした年で、まさに『節制』=金融、交換の年でした。その翌年2003年は平成15年でNO.15の『悪魔』。この年はブッシュ米大統領によるイラクへの攻撃が始まった年でした。

タロットの大アルカナの数は22枚ですが、平成23年になり、対応するタロットの大アルカナが終わってしまいました。当時の私は年初のご挨拶で「今年はどのカードに充てようか?」と思い悩みながら、スキップしてしまったのです。そうこうするうちに三ヶ月が経ち、3月11日、あの東日本大震災が起きたのです。あまりのショックに、それ以来、私は平成をタロットに喩えることを止めてしまいましたが、それは放棄したのか?難しすぎてスキップするようになってしまったのか?とにかくそのままになりました。

平成22年で平成が『NO.1 魔術師』から『NO.0 愚者』まで一周したとすると、平成23年はまた『NO.1 魔術師』まで戻ったとも考えられます。平成23年は2011年ですから、末尾が「1」となり、『NO.1 魔術師』と、数えやすいですね。と、なると、昨年、2017年は『NO.7 戦車』で、世界の覇権国家がさらに経済力と軍事力により力を拡張した、そして、日本でも現政権が勢力を伸ばした…。株価上昇でバブル目前というのも『戦車』にふさわしい現象かもしれません。

そこから推測すると、2018年は『NO8. 正義』です。いよいよこの世界のすべての事象に「調整」が入りますか!株価に関しては「調整」は十分あり得ますね。また、日本の冬至図を観ると、政府与党は非常に不利。このところ安倍政権は年四回のホロスコープでもとても調子がよかったのですが、今回は1年半ぶり、2016年の夏至図以来の不調と出ています。2016年の夏というと、小池都知事率いる都民ファーストの会が大躍進した時です。その時以来ですから、たしかに政治的にも「調整」が入るのかもしれません。また、調整といえば、昨年から騒がれている相撲界の問題なども『正義』の女神が早く裁きを下して欲しいものです。

こうして考えると、平成30年は「調整」と「裁き」の年なのかもしれません。誰しも自分が他人に裁かれるのはイヤですが、腑に落ちない問題に正義のメスが入る…と考えると、あながち悪くないのかも。まずは年初に際して、私も襟を正していこうと思っております。

瑛利奈

註 上の画像は…テレビでダイヤモンド冨士の中継をしているとき、テレビの前に花を置いて撮影したものです。

またまた花火…

海の記念日の前の三連休。昨日は夕方から浴衣を着たカップルや一眼レフのカメラを首に提げた人などが行き来して、さすがの私も「今日は花火の日かな?」と気付きました。最近は二日続けて打ち上げるようです。海の日の花火は山下公園のようなので、ここ「瑛利奈の山手タロット館」からは、向こうの木が邪魔になり、全貌が見えません。近いので音は非常に迫力があるのですが…。また今夜も上がるので、いい写真が撮れるよう、カメラを充電しなければなりませんね。

瑛利奈

開港記念の花火が…

2日(金曜日)の夕方、こちら「瑛利奈の山手タロット館」の窓の外で、パンパーンという花火の空砲が…!「あ、開港記念日の花火なんだ!」と思い、カメラを充電して待ち構えていたのですが、調べてみたら花火は翌日でした。というわけで、昨日3日(土)は午後7時過ぎから花火が始まりました。横浜の開港記念祭のWEBサイトを見ると、イベントはほぼ土曜日で終わってしまったようで、残るは、横浜公園のバザーがまだ6日まで開催されているだけのようです。私の子どもの頃は祖父に手を引かれて、鉢植えの植木を買いに行ったものでした。今年こそはサツキの苗だとかを買って、庭に植えてみたいものです。これから夏の風物詩はまだまだ続くのでしょうね。

瑛利奈

占いの代価とは…?

前の記事、「コクワちゃん、熱中症に…!」を書いたあと、ふと思い出したのは…何ヶ月か前に友人に紹介されたお客様のことでした。その方は本を何冊か出版していて、ベストセラーにもなったことがある作家さんだということでした。彼女の書いたベストセラーは「ペットロス」をテーマとしたもので、その内容は…彼女が用事で海外旅行をしている間に大切なワンちゃんが不思議な死を遂げるというものでした。友人の説明では「そこから世の中で『ペットロス』という言葉が流行し始めた」とのことでした。そういえば、その女性がコクワちゃんがなくなる三日ほど前にまたいらっしゃって、私は彼女から「ペットロス」についての話をいろいろと伺っていたのでした。私はコクワちゃんを埋葬して、一段落するとともに「ああ、そういえば、これもペットロスのひとつなのかしら?」と気が付きました。ずっと飼っていた愛犬と比べるとコクワガタはあまりにも小さいですが、命にはかわりありません。

私は占いに関して、宿命論者ではありませんし、むしろそういうのを嫌っていますが、この時は弱気になっていたせいか?「これは占者として占った代価を要求されたのだろうか?」と感じたのでした。占いの仕事を始めた頃、師匠から「シンクロニシティ」という言葉を伺ったことがあるのですが、たしかにペットロスのテーマとコクワちゃんの死はシンクロしています。また、これは二十年くらい前ですが…こういうこともありました。知り合いの霊感師の方が目の前の人の顔に蚊が止まったのを見て「顔が痒くなった」とのこと。私は「そんな馬鹿な!」と思ったのですが、あるとき…顔の吹き出物の手術のことを占ったとき、そのあと、私の顔のちょうどその被占者の方と同じ場所にホクロのようなものができてしまったのでした。そのホクロはずっと残っていたのですが、かなり経ってから皮膚科へ行ったら取ることができました。

私はいろいろ占者として代価を求められてきたのかな?と思いつつ、支払えるものがあればそれはそれでいいか!と思ったりもしています。世間的な物欲や失うことを怖れていては、たしかに真実は見えないでしょうから。

瑛利奈

※ 画像は”degli Arcani Maggiori dei Tarocchi” より

コクワちゃん、熱中症に…!

このところ暑い日が続きます。特に昨日、21日(日)は群馬県、館林市で猛暑日を記録したとのこと。ここ横浜でも30°を超す真夏日でしたが…。

我が家には2015年の「コクワちゃん、再、再、再登場!」の記事でご報告したコクワちゃんがいますが、ふとコクワのカゴに目をやると、なんだかひっくり返っています。「これは大変!」と、急いでフタを開けてみると、もうコクワちゃんは動かず、この暑さで熱中症になってしまったのか?息絶えていました。このコクワちゃんは前の記事にも書いた通り、一昨年の6月頃、クワガタのシーズンとしてはかなり早い時期に我が家の門をくぐった来訪者です。その年の秋が深まる頃にコクワが死ぬのではないか?と心配したのですが、寒さにも負けず、一昨年~昨年の冬、無事に越冬したのです。さらに今年の冬、一時はクヌギフレークの中に潜ってしまい、心配したのですが、案外貪欲にゼリーを貪りつつ、無事に今回も越冬できたのでした。

それが…せっかくクワガタのシーズンに近づいてきたのに何故?とみなさんはお思いでしょう。実は、一昨日の夜、コクワちゃんはせわしなく、虫カゴの中を歩き回り、止まり木に上ったりして、「外へ出たいよぉ!」と、アピールしていたのでした。いつもなら「そろそろ替えてやらなきゃな」と思って新しいクヌギにしてカゴの掃除をするのですが、今回は「暑くなったせいで元気だな」と、油断していたのでした。いくらコクワガタでも、死なせてしまったのはかなりなショックです。「あ~、あの時すぐに動いていればよかった!」と、私は昨日から後悔を隠しきれない状態です。今朝は先代のコクワちゃんも眠っている庭の椎の大木の根元にコクワちゃんを埋葬したのでした。

瑛利奈

※下は5月12日のコクワちゃんです。