週末の幸せのために準備を

12/19~12/25

一年で最後から2番目の週となりますが…。この一週間の星の配置はかなりダイナミックです。

まず、週明けの19日(月)、午後7時20分に火星が魚座へ入場します。その直後、午後7時49分には水星が逆行へ。これを皮切りに21日(水)、午後7時40分には、この冬最大のイベント冬至へと太陽は度を進めていきます。「冬至」とは—太陽が山羊座の0°に到達する日のこと。これを以て地球の北半球では陽のあたる昼の時間が伸びていくことになるのです。

また、20日(火)に太陽が通過する射手座の28°24′という度数は2008年のリーマンショックと関係の強い因縁の度数です。この日は…この度数に太陽が合になりますが、天体が太陽だけに、どんな影響が出るのか?注視していきたいところです。太陽は基本的にベネフィックスといわれる幸運な天体です。多分、影響は限定的になると思われます。

21日(水)は前述のように午後7時40分にいよいよ太陽が山羊座へ入場します。これを以て日本国の運勢も新たな四半期のチャートへと書き換わることになります。

新たな日本のホロスコープ、冬至図によると、政府与党はよりいっそうの安定感を強め、むしろ絶頂期を迎えるのかもしれません。経済、金融は多少の波乱はありそうですが、私達国民にとっては悪くない、むしろ自己主張できる三ヶ月となりそうです。

今週後半は23日(金)の天皇誕生日~クリスマスと祝祭日が続きます。これを睨んでか?22日(木)~24日(土)は平穏な流れとなりそうです。その後、25日は今年最後の日曜日を飾るにふさわしいダイナミックな星の動きがあります。

25日(日)は午前9時13分には土星が天王星とトライン(120°)を形成。これは、なんと!…13年ぶりに見ることができる世界平和の予兆です!これから来年に向けて、世界情勢は安定の方向へと進んでいくでしょう。

もうひとつ!これが最大の朗報となりますが、25日(日)20時19分、愛の星、金星が幸運の惑星、木星とトライン(120°)という好調なアスペクト(星同士の関係)を形成します!みなさん、すでにお察しのように最高のラブチャンスということですね!愛のスタート、告白、決断、披露などのチャンス。また、次のステップへ向けて願を掛けるにはこのタイミングを逃してはなりません。愛情以外にも物質的な幸福を探求するにも非常に良い配置になります。愛もお金もグルメも…。25日(日)の夜に最高の時間を迎えるため、さあ!今から準備を始めるといいでしょう!

DEC 19 2016

瑛利奈

(C)ELINA

フラットに調整して

12/12~12/18

12日(月)、太陽が天王星とトライン(120°)という好調座相を形成して一週間が始まりますが、太陽の重要な座相はこれのみで終わり…。週末に向かって尻つぼみな感じの一週間になるでしょう。

とはいえ、14日〔水)午前9時4分に双子座の月が太陽の向かい側へ回って満月となります。この日が今週のクライマックスとなります。11月29日の新月から数えておよそ二週間。新月の時期から始まったテーマが最大の盛り上がりを見せるタイミングです。その後、月は減光期に入って、物事が収束に向かう流れとなります。ヒトの身体もこの月のサイクルに作用されますから、これ以降は月と同じく髪の毛が伸びにくくなったり、ケガをしたところの肉が上がりにくくなるなど、ヒトのサイクルも月と同期するのです。逆にショートヘアにしてこれ以上髪を伸ばしたくない場合はヘアカットのチャンスといえるかもしれません。特に今週の週末は短めにヘアを整えるには最適な日取りといえます。

今週は取り立てて要注意日もなく、大きな事件が起きそうな配置は少ないので、気分転換したり、新たな冒険を試みるにはいい一週間かもしれません。変身やチャレンジのポイントは…コンセプトを変えてみること。今まで縛られてきた既成概念やモノなどをアッサリと捨ててみてください。何事もカジュアルに、シンプルに。そして、最近あなたが囚われてきた感情をフラットになるよう調整してみるのです。

年末の忙しい時期です。つまらないことに囚われたり、こだわったりするのをやめてみれば、すべてが快適な速度で動き始めるかもしれませんよ!

DEC 12 2016

瑛利奈

(C)ELINA

総括の結果は週明け?

12/5~12/11

週前半はまったく有力なアスペクト(星同士の関係)がなく、特に重要な星からのメッセージはありません。どちらかというと、5日(月)は現状肯定的な落ちついた流れ…。保守派の意見に軍配が上がる日です。6日(火)は午後1時半頃までは月(MOON)の重要なアスペクトが見られず、ムーンボイド、つまり物事が決まらない時間帯となります。7日(水)になり、ようやく惑星の動きが出てくるのですが、明確な方向性がなかなか見つからないでしょう。

7日(水)午後11時47分になって、愛の星、金星が水瓶座へ入ります。これより金星、火星という恋愛に関係の深い二つの星が水瓶座でランデブー状態になります。おりしも幸運の星、木星は天秤座を通過中ですから、金星、火星、木星がみな風のサイン中に。風のサイン(双子座、天秤座、水瓶座)のみなさんには愛情運絶好調の時期到来です!

その後、10日(土)、太陽が木星、土星と、次々重要なアスペクト(星同士の関係)を形成し、「今月のハイライト!」ともいうべき節目となる日を迎えます。しかし、週末に当たるため、仕事関係の結果が出るのは週明けになるかもしれません。成功のためのプロジェクトをコツコツと用意してきた人には喜ばしい結果が待つことに。また、問題意識を抱えながらチャレンジする勇気がなかった人は…10日(土)を目標としてできる限りの意思表示を行動に表すべきです。参加しなければ試合には勝てません。また、負けることを怖れていては試合に参加するチャンスさえ逃してしまいます。そして、悪い結果が出るのを怖れて問題を先送りにしている人には有り難くない結果が目の前に示される可能性も。

2016年も押し迫り、最後の月となる12月…。ようやく総括の時期が迫ろうとしているのです。

DEC 5 2016

瑛利奈

(C)ELINA

身近ないざこざに注意

11/28~12/4

今週、28日(月)は比較的穏やかな週明けになりそうです。29日(火)は今月二回目の新月。来月を待たずに、新たな月のサイクルの始まりとなります。30日(水)から世の中が騒々しくなってくる模様です。人権問題や権利の侵害、女性問題など、論議が過熱してくるかもしれません。私達の職場やプライベートでも小さな問題を何かと取り沙汰されたりして、他人との関係がトゲトゲしがちな雰囲気になる怖れも。愛情問題や人間関係に火種を持っている方は無駄に多く語るようなことは避けるべきです。相手を攻撃したつもりが自ら墓穴を掘るハメになったりと…こんな場面が多くみられる可能性も。

週後半の12月1日(木)から流れが変わります。これまで過熱した議論が一気に弱体化して、理想主義的なものや、スケールの大きなものへと私達の関心は移り変わっていく傾向があります。週末を前にして2日(金)はついつい気が大きくなる星の配置です。買い物や飲食など、行動に弾みが付いて出費がかさんでしまうことも…。3日(土)早朝に知性を表す惑星、水星が現実感覚の強い山羊座へ入ります。週末になって突然節約モードへシフトする…なんてこともあるかもしれません。

とはいえ、今週の星は…先週のような波瀾万丈の勢いはありません。今週起こり得るトラブルは…口を慎む、行動する前に裏を取る、気まぐれ注意など、ちょっと気をつければ避けられそうなことばかりです。まずは、はしゃぎすぎず、落ち込みすぎず、平常心を保って過ごすといいでしょう。

NOV 28 2016

瑛利奈

(C)ELINA

射手座に入って形成逆転

11/21~11/27

10月23日に太陽が蠍座に入ってから、米大統領選でトランプ氏が勝利したり、いくつかのサプライズはありましたが、日本株は着々と18000円台を回復して、ちょっとした小康状態を維持してきました。というのは…蠍座の季節(蠍座を太陽が通過している時期)は太陽など主要な惑星が土星、天王星、海王星、冥王星などの太陽系の外側の波乱をもたらす惑星たちと不利なするアスペクト(星同士の関係)を持たず、たくみに切り抜けてきたからなのです。

11月も4週目にさしかかる今週…(21日(月)は無難に過ぎそうですが)22日(火)、午前6時19分に太陽が射手座へ入ります。とりあえずまだ太陽は上記の凶星、半凶星とメジャーアスペクトを持つ心配はありませんが、太陽が従えている水星、金星がかなり危ないポジションを取っているのです。

今週後半、24日(木)には射手座の16°まで通過してきた水星が土星と合(0°)を作ります。これはマインドを支配する水星に土星がネガティブな思念を与える暗示です。私達の心のレベルだけではなく、世の中全体の雰囲気が「守り」の方へ体勢を変えさせる何か事件が起きるかもしれません。

その後、25日(金)は天秤座を通過中の木星が冥王星スクエア(90°)という不調和座相を形成。木星、冥王星の不調和座相としては…2014年の4月21日以来の約2年7ヶ月ぶり、スクエア(90°)を形成するのは…2011年2月26日以来、5年9ヶ月ぶり。2011年2月26日というのは東日本大震災の15日前になりますから、まだ民主党政権の時代で、現在の日本と比べると隔世の感がありますね。

同日、25日(金)は夜になって山羊座を通過中の金星が冥王星と合(0°)、そのすぐ2時間後に木星とスクエア(90°)を作ります。

これらの冥王星に木星、金星が絡む星の動きは…金融市場を始め、国際関係、国防などのジャンルで新しい問題が浮上することを意味する可能性はあるでしょう。また、プライベートなテーマに置き換えてみれば、結婚や家庭、恋愛などのハウスにこれらの星の動きは大いに関係があるのです。クリスマスを目前にして、「私の愛情問題はこれでいいの?」という疑問が湧いてきたり、掘り下げて考えてみれば、「今の方向は違うかも?」と疑問を感じるなど、これらの星々は私達の心の内部に静かな揺さぶりをかけてくる…こんなケースもあるかもしれません。

年末を目前にして、現状のネガティブな部分を洗い出す作業で…今週の星は容赦なくメスを入れてくることでしょう。まずは、あなたの中の「夢」と「現実」を正確に認識することが大切です。

NOV 21 2016

瑛利奈

(C)ELINA

海王星が隠していた闇の淵とは?

11/14~11/20

14日、今日の満月はスーパームーン。地球に最大に接近する満月です。その距離は356,509kmと、68年ぶりの大接近となります。占星学的には…月の引力がグッと地球にかかってきますから、自然界のみならず、社会現象にも負荷がかかることになるでしょう。問題を抱えている場合は持ち堪えきれずにパンク…という事態もあり得ます。しかし、それらの事象もいつかは表面化する時期を迎えるはずで、そのトリガーとなるのがたまたまこういった太陽系のテンションが張り詰めた時期になる…と、考えるのが妥当です。ですから、常に清廉潔白な人には関係のないことなのですが…。

それ以降、今週は比較的無難な星の配置が続きますが、18日(金)以降の海王星の動きが少し気になります。まず、18日(金)の未明、海王星がドラゴンテイルと合(0°)を作ります。海王星とドラゴンテイルという何ともオカルティックな組み合わせが、日に日に日暮れが早くなる蠍座の季節とあいまって、思いも寄らぬ非現実的な物事へ私達の関心を誘うのかもしれません。政治家や有名人の闇の一面がニュースになったり、オカルティックな社会現象が起きるなど、不思議な世界へ誘われてしまうことも…。

もうひとつ、実は…これが一番気になるイベントなのですが、20日(日)午前9時45分、今年の6月14日以来、逆行していた海王星が順行に向きを変えます。順行という前向き方向に転換するのですから、たしかにいいことなのですが、海王星がこの5ヶ月間に溜め続けてきた「たるんだもの」や「ダークなもの」がふるい落とされていくことになるでしょう。これは自然界の地殻変動などにもいえることです。とにもかくにも、私達が気を緩めてきたことや曖昧にしてきたこと…これらの問題が泥沼化する前に進んで解決する…こんな気構えが必要でしょう。

NOV 14 2016

瑛利奈

(C)ELINA

惑星の布陣が変わる週

11/7~11/13

今週の火曜日、8日は現地時刻で米大統領選がありますが、その割りに星の配置は淡々としているようです。むしろ7日(月)がいちばん大きな動きがありそうで、日本時間、夕刻以降、今後の見通しが大きく変更になったり、あらたな方策が浮上するなど、一週間のハイライトが出尽くす感があります。

ただ、たしかに個々の惑星の動きに関しては、今週は次のサインへ移動する惑星が続出して、太陽系を占める火地風水などのバランスが大きく変わる模様です。

9日(水)午後2時48分、今まで山羊を通過していた火星が水瓶へ入場します。12日(土)は金星が…こちらは新たに山羊座へ入ります。同じく12日(土)、午後22時37分、水星が射手座へ入場。蠍座、射手座、山羊座にいた水星、金星、火星がそのままそれぞれ次のサインへ移動…という形です。

9日(水)に水瓶へ抜ける火星の影響としては…今まで大忙しでエキサイトしていた…牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の人達の幸運が治まり、代わって牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座の人達がヒートアップと、時の人役のバトンが渡されることに。

金星の影響としては、愛情問題の主人公が…牡羊座、獅子座、射手座の人達から牡牛座、乙女座、山羊座の人々へとバトンタッチされることになります。

水星は知性の星、現代ではほぼ仕事の星ですから、これまで頭が冴えていた蟹座、蠍座、魚座の人達から、思考能力アップの運気が…牡羊座、獅子座、射手座へと入れ替わる…といった具合です。

みなさん、自分の太陽のサインでチェックしてみるといいでしょう。例えば東京都知事の小池さんなどは蟹座ですから、興奮が収まり、思考力もダウンですから、就任100日を境に露出が少なくなるのかもしれません。

今週は…テーマ別に新旧交代がありそうな一週間となるでしょう。

NOV 7 2016

瑛利奈

(C)ELINA

夢見心地から行動へシフト

10/31~11/6

今週はソフトな星のアスペクト(星同士の関係)が多く、穏やかな一週間になるでしょう。31日(月)午前2時37分、月が太陽と合(0°)となり、今週は蠍座の新月から始まります。新月とは…月のサイクルの初日ですから、「蠍座事始め」とでも表現すべき新たなテーマや考え方がが浮上してくる日となります。

11月1日(火)は太陽が心優しい惑星、海王星と好座相を形成します。海王星は日常から離れたロマンの空気で私達を覆い尽くす惑星です。私達の気持ちは敏感になり、理想主義や純愛などにいつにないトキメキを感じることも…。もちろん愛の雰囲気作りにはうってつけの日ですが、経済観念に関しては楽観的になり、お財布のヒモが緩むかもしれません。

週中盤は文化の日を挟んで流れは概ね順調ですが、秋の気配も手伝って、積極的に社会との交流を図るにはイマイチな内向的な気分が続くでしょう。

5日(土)は愛の星、金星と磁石のように人を惹きつける天王星がトライン(120°)を作ります。しかも両者とも火のサイン中ですから、恋愛感情に火が尽きやすい状況です。特に牡羊座、獅子座、射手座などに太陽や金星など、重要な星を持っている方には影響が大きいでしょう。恋愛運だけではなく、仕事や人脈開拓などに行動力を与えてくれることも。

ちょっと安心してあなたの世界を楽しめる一週間となりそうです。

OCT 31 2016

瑛利奈

(C)ELINA

27日はこの秋最高の日!

10/24~10/30

23日(日)から太陽が蠍座へ入場して、世界はスッポリと蠍座の雰囲気に包まれます。「『蠍座の雰囲気』ってなあに?」ですって?手短に説明すると…蠍座はホロスコープの中では8番目のハウス=「死と遺産のハウス」という「あの世」と繋がる場所を所管しています。最近すっかり国民的なイベントになった「ハロウィン」も蠍座の時期ならではのお祭りなのです。今週、25日(火)には水星も蠍座へ入り、この世とあの世を繋ぐ蠍座の静謐(せいひつ)で、なおかつ重苦しい、秋本番ともいうべき雰囲気がさらに高まっていくでしょう。

26日(水)はそんな静けさと現実の手応えの曖昧さを感じて、何事にも疑心暗鬼になってしまう日です。手探りしながら苦し紛れに手を打つと「やらなきゃよかった!」と悔やむ結果に…。判断力の乱れ、気迷いに要注意の日です。

そんな中、27日(木)はこの秋初めて訪れるラッキーディです!愛情の悩みを抱えている方、告白したい相手がいるあなた、また金運改善を狙っているみなさんにも是非活用して頂きたい計画実行のチャンスとなります。その他、漠然と今後の課題を探しているあなたにも幸運の女神はヤル気と勇気を与えてくれるかもしれません。人生を前向きな方向へ姿勢を正すキッカケを見つけることも。

28日(金)以降は…公共の問題やプライベートともに、個々のテーマの現状を精査して、具体的な解決策へと絞り込んでいく努力をしていくといいでしょう。

OCT 24 2016

瑛利奈

(C)ELINA

二転三転の落としどころは?

10/17~10/23

先週に引き続き、今週も前半後半で明暗を分ける週になるでしょう。新たなチャレンジやパワー増強したい方は17日(月)に積極的に動いてください。

18日(火)には目新しい二つの動きが…。午前3時41分に小惑星、パラスが逆行から順行へと方向を正します。加えて、午後3時57分には金星が蠍座から次の射手座へ入場します。パラスは調整を意味する理性的な小惑星。金星の方は愛の星ですが、この日から「冒険と哲学」という意味を持つ射手座へ移動するのです。ということは…これまで両者譲らず平行線を辿っていた問題に新たな道が見つかる可能性が…!私利私欲や利害に終始していた交渉事にも、もっと高い視点から何かヒントが舞い降りる可能性もあります。

愛の難問で悶々としていた人には…閉ざしていた心の扉を開こうとする何かの兆しが見つかるかもしれません。特に相手に心を閉ざされて困っていたあなた。広い心をもって、大きな夢を語れば、相手の心を動かすことも可能かもしれません。

しかし19日(水)日が落ちてから星の配置は危機感を高めてきます。20日(木)、人々の気持ちは敏感になり、ともすると過剰反応をしがちに…。この流れを受けて、ドタバタと忙しい週末になりそうです。

23日(日)、午前8時42分、これまで天秤座を通過していた太陽が蠍座の領域へ入場します。同日、すでに月は獅子座へと移動しています。蠍座の太陽、獅子座の月、という重々しいコンビがこれまでの乱高下を伴う不安定な流れにガッチリと楔(くさび)を打ち込むことになるでしょう。ここで波乱はいったん落ちつき、最終的な結論を求めていくことに。

OCT 17 2016

瑛利奈

(C)ELINA