波乱の新月。リセットし過ぎないように

10/16~10/22

天秤座の太陽…今週は最後の週。週明けの16日(月)は…太陽が氷の星といわれる土星とセキスタイル(60°)の関係を保って、文字通り46年ぶりの低温記録の冷たい雨に。17日(火)夕刻には水星が蠍座へ入場して、秋から冬の星座へ太陽系の分布は少しずつ変化していくことになります。「土星」や「蠍座」のキーワードは重厚で意味深長です。これは…私達の関心が表面的なものから内面的なものへ。また、広く浅い視点から狭く深く、本質的なものへと移り変わって行く暗示です。愛に関しても目先の楽しみよりも深い理解や信頼の絆を重要視していくことになるでしょう。

何といっても今週のハイライトは20日(金)です。天秤座26°を通過する太陽が、以前から牡羊座26°付近を逆行中の天王星と午前2時35分にオポジション(180°)=衝の座相を形成します。天王星は革新、分裂など予期せぬ出来事を起こす惑星です、この天王星と太陽が地球を中心として向かい合うわけですから、私達の住む地球はピリピリした緊張状態に置かれてしまいます。これに加えて午前4時13分、新月が重なります。つまり太陽系の内側から太陽、月、地球、そして外側には天王星が一直線に並ぶことになります。このようなテンションに満ちた星の配置は…鋏を持った悪魔の仕業(しわざ)に似ています。「えーい、面倒くさい!何もかも捨てちまえ!」と、私達は悪魔の挑発に乗って、大切なものまで斬り捨ててしまいたい欲望に駆られるかもしれません。「死神の鎌(カマ)」なら枯れてしまったものを切り落とすので、むしろ生産的だとさえいえますが、「悪魔の鋏」は傷口を広げるだけです。「死神の鎌(カマ)」は斬り捨てた後、静かな悲しみを残していきますが、「悪魔の鋏」は切り取った後にさらに怒りの炎を煽り立てていくのです。長くなりましたが、とにかくこのタイミングでは…感情的にならず、冷静に未来予測を立て、慎重に行動することが最善の対策です。20日(金)は月が蠍座へ移動して、午後には木星、水星と合(0°)というちょっとラッキーなチャンスも用意されています。

22日(日)は衆議院選挙の投開票日ですが、週末は…20日(金)から続く緊張状態を書き換えるような特別な星の動きもなく、20日(金)のサプライズの流れを引きずったまま、今週は暮れていくでしょう。

OCT 16 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です