日食へ向かう一週間

2/20~2/26

先週は13日に北朝鮮のキム・ジョンナム(金正男)氏が暗殺されるという、まさに月食(11日)~日食(26日)の期間が持つ「闇」を象徴するような事件がありました。

先週末から太陽は魚座に入りましたが、今週は太陽をサポートしてくれる惑星が現れず、太陽が持つエネルギーが発揮される機会はまだないようです。その代わり、今週活躍するのは水瓶座の水星です。水星は知性や情報を意味する星。試験勉強や仕事の契約、プラン作成など、知的な労働の後押しをしてくれるでしょう。特に有り難いのは21日(火)~22日(水)です。天王星、木星と、これまた知的な能力をアップしてくれる惑星が小三角という両サイドからサポート体制を作ってあなたの力を盛り上げてくれます。その後24日(金)には水星は土星とセキスタイル(60°)を作ります。土星は権威のある秩序と保守の惑星ですから、しっかりとチェック機能を果たしてくれるでしょう。

ただ、このところの火星の動きがちょっと気になります。22日(水)の夕刻には冥王星とスクエア(90°)という攻撃的なアスペクト(星同士の関係)を形成します。火星も冥王星も情け容赦のない強烈な性質を意味します。今の月食~日食の時期に水面下で進行している問題(プライベートから政治まで)が激化しなければよいのですが…。

さて、今週の最後の最後、26日(日)午後11時55分には日食が起きます。今度の日食は…あいにくというべきか?幸運にもというべきか?日本では観測することができません。南太平洋~南米、アフリカなど、日本の裏側では金環日食となります。この新月から始まる日食のサイクル、いつもいうように決して歓迎するべきものではありません。しかし、特に不幸を運ぶかというとそうでもないのです。世界の人々の関心が暗黒の方へ向かう時期…とでもいったらいいのかもしれません。これを機会にあなたの身辺に潜む暗黒、また心の中の闇、これらのものに関心を持ち、メスを入れるキッカケを与えてくれる…。大切なのはその一歩を踏み出していくあなたの「勇気」です。

FEB 20 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です