冥王星の順行と射手座の金星

10/4~10/10

先週は…9月30日をもって19都道府県の緊急事態宣言と8県のまん延防止等重点措置が解除され、全国ですべて解除されるのは半年ぶりとなりました。この流れを引き継いで、今週も概ね順調な星の配置が続きます。

4日(月)は、午前9時4分、水星が木星とトライン(120°)の好調座相を形成して、新たな一週間は順調な滑り出しを見せます。午後6時18分には乙女座の月が天王星とトライン(120°)。新たに発足した岸田内閣は…あまり前評判はよくないようですが、星の配置は悪くありません。

5日(火)は昼前に天秤座の太陽が癒やしの小惑星=セレスとトライン(120°)に。目まぐるしく変わってきた最近の情勢もひと息つける暗示です。しかし、火星も太陽も調整の小惑星=パラスとはインコンジャクト(150°)という平行線のアスペクト(星同士の関係)を作りながらの一休み。あまり正確な未来予測が立たない日です。まずは、まだ情勢が動かぬうちに英気を養っておくという作戦…というところです。

6日(水)…午後8時5分、天秤座の新月。度数は13度24分です。直近一ヶ月の動きがリセットされるタイミングです。現在のチャートを俯瞰して見れば、太陽&火星を巡る二等辺三角形の底辺の一角は天王星、もう片方は小惑星=パラスのヨードという、雁字搦(がんじがら)めの形になっています。危険なエネルギーを秘めてはいるが、先に騒いだら負け…のような空気が漂います。我慢くらべのような感じですね。私達もアレコレ考えずに、粛々とやるべきことをやるしかないでしょう。

7日(木)は…大きな動きが2つあります。まず、このところの静けさを破るのは…午前3時28分の冥王星の順行です。冥王星は物事の深層部での動きを表します。地殻変動も気になるところですが、日本の政治情勢や、世界情勢なども、気付かぬうちに大きな方向転換をしていくことになるでしょう。今年、冥王星が逆行に入ったのは2021年の4月28日です。これ以降の時期に新型コロナウイルス、デルタ株が猛威を振るいはじめたのは記憶に新しいところです。そういえば、冥王星は遺伝子に関係があるといわれる準惑星です。冥王星の順行により、新型コロナウイルスのコピーミスが起こりにくくなる、あるいは…私達に都合よく変異してくれることを期待したいですね。

7日はもうひとつ、重要な変化があります。いままで蠍座を通過していた愛の星=金星が午後8時20分に射手座へ入場します。これにより、愛のヒロイン、ヒーローが蠍座や蟹座、魚座などの水のサインから火のサインへと変わることになります。射手座さんを始め、このところ大変だった牡羊座さん、獅子座さんにも愛のチャンスが訪れるでしょう。射手座には「遠方」…つまり海外との往来という意味があります。外国をはじめ、遠方の恋人と愛の交流や意思の疎通がしやすくなるでしょう。また、愛の方法論は…蠍座の慎重さから一転して、大胆かつ率直、スピーディなアプローチへとシフトしていくことに。

8日(金)午後1時0分、太陽と火星がコンジャンクション(0°)を作ります。これは…2019年9月2日以来、2年1ヶ月ぶりの出来事です。度数は天秤座の15度5分です。その当時のニュースを調べてみましたが、一昨年の9月も第4次安倍政権が発足しています。自民党の総裁の任期が9月までと決まっているわけではないと思いますが、2006年9月20日に小泉元総理が辞めてから、総理大臣が替わるのは毎回9月…のようです。話が戻りますが、太陽と火星がコンジャンクション(0°)により、天秤座さんには大きなエネルギーが供給されますが、同時にモーレツに忙しくなる暗示です。同じく牡羊座さん、蟹座さん、山羊座さんも多忙な期間になりますが、こちらはエネルギー消費が多く、供給が間に合わないので、パワー切れに注意が必要でしょう。

7日~8日に今週の大きな星の動きは出尽くす模様で、9日(土)は小規模なアスペクト(星同士の関係)のみになります。月は蠍座の第二デーク。月は海王星、冥王星と好調。午前10時32分に癒やしの小惑星=セレスが逆行に向きを変えます。あなたの内面に目を向けて、心の充足をはかるなど、メンテナンスが大切な土曜日です。

8日(日)は知性の星=水星を取り巻く環境が心配です。午前1時18分、太陽が水星とコンジャンクション(0°)に。これは太陽に水星が呑み込まれてしまうアスペクト(星同士の関係)です。午前7時49分には、水星は火星とコンジャンクション(0°)を作ります。水星はこころを司る非常に繊細な惑星です。これがパワフルな太陽や戦闘的な火星に取り囲まれてしまうのですから、非常にストレスを感じる配置です。例えば、生ギターの演奏がラウドスピーカーの音に囲まれて、音声が掻き消されてしまうようなものです。イライラしないように気をつけたいものです。逆にこれを乗り越えようと躍起になってしまうと、日頃の繊細さが失われてしまいますので、頭を冷やすことを心がけるといいでしょう。

今週も太陽系の惑星たち…週明けには逆行星が水星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星と、8つの惑星のうち6個までが逆行しながら週が始まります。それが、まず7日には冥王星が順行へと変わります。今後続々とその他の惑星も順行に変わる予定ですが、まずは冥王星から…という感じです。ただ、太陽系の正常化の作業には…車が急ブレーキをかけて向きを変えるようなものですから…それに伴うショックがあるのも事実です。冥王星が最初に順行する準惑星となると、最下層から徐々にテコ入れして積み上げるような形です。みなさんも今週は様子を見ながら、ひとつひとつ動作確認をして動き出すようにしたらいいでしょう。

OCT 4 2021

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です