夏至、華やぐ星々

6/21~6/27

21日(月)は…午後12時32分、太陽が蟹座の0度、つまり夏至のポイントに入ります。これを以て、日本の国のホロスコープは新たな「夏至図」に書き替えられ、国の運勢が一新されることになります。実はこの21日は、夏至の方ばかり取り沙汰されますが、その12時間前の午前0時4分に木星がいったん留まって、過去の方向へと戻る木星逆行が始まっています。その度数は魚座の2度11分になります。その後、午後10時57分には愛の星=金星が海王星とトライン(120°)を作ります。週明けから、今週の太陽系の動きはとても華やか。つまり、これから始まる新たな日本の四半期のホロスコープはとても華やかなものになるのです。たしかにこれから東京オリンピックを控えている日本ですから、華やかになるのも当然といえますね。下に2021年の夏至図を表示しておきます。MC(ホロスコープの頂点)付近に金星と太陽がエレベートして、全体を優雅に支配しています。しかも太陽はガッチリと木星に支えられています。月も蠍座で蟹座の太陽と調和的です。ただ、金星のとなりにいる火星が土星、天王星とT字スクエア。しかも火星、土星、天王星は太陽系の三大凶星の上に蠍座の月を加えるとグランドクロスを作っています。なかなかパワフルな夏至図ですね。よくも悪くもフル稼働しないとやっていけない感じです。

前日に大きなイベントが出切ってしまったため、22日(火)は重要な惑星同士のアスペクト(星同士の関係)はありません。あるのは…月のみです。蠍座の月は海王星、金星、冥王星と好調。順調な一日になりそうです。

23日(水)午前6時59分、これまで逆行していた水星が双子座の16度で順行に変わります。今回、水星が逆行し始めたのは5月30日からです。水星が逆行している期間は話し合いがなかなかまとまらなかったり、約束事が守られない、通信機器や交通情勢の不具合など、問題が起こりやすい時期でしたが、これからは知性の惑星=水星が順調に稼働し始めます。東京オリンピックに関しても、この先の読みが立ってくるはずです。同日、午後7時11分、太陽が木星とトライン(120°)の好調座相を作ります。過去に遡って調べてみると、昨年(2020年)12月19日に木星が水瓶座へ入ってから、トライン(120°)を作るのは今回が初めてです。4月16日にトライン(120°)に準じる好調座相、セキスタイル(60°)を作っていますが…。よく考えると今年はこれまで、木星が水瓶座にいるうちに、一度も太陽とトライン(120°)を作らなかったのでした。今回の太陽&木星のトライン(120°)も木星が水瓶座を抜けて魚座へ入って、しかも逆行してからようやく…ということになります。なかなかパーフェクトな幸運のチャンスは訪れないものですね。とはいえ、今回も十分幸運にあずかれる貴重なチャンスです。みなさんもこの情報を知った今から、幸運を掴むために自ら積極的な行動を取るといいでしょう。やり残したテーマや願い事はそれを叶えるべく、即行動に移してください。

24日(木)は…午前8時39分、金星が冥王星とオポジション(180°)を作ります。少し感情が高ぶりやすい日です。午後にはそれをコントロールする動きが出てきますので、日没まで熟慮熟考を心がけるべきです。

25日(金)は前日夜半から月は山羊座です。午前3時39分、満月です。ここ二週間の出来事の結果が出る日です。

26日(土)午前4時21分、魚座の23度で海王星が逆行に変わります。いつもいうように海王星は地殻変動に影響を与えます。また、ここのところおかしな事件や事故が多いので、ちょっと心配ですね。まずは、この情報を知ったらすぐに防災、防犯対策を強化しておくといいでしょう。

27日(日)、午後1時26分、愛の星=金星が獅子座へ入場します。獅子座さん始め、牡羊座さん、射手座さんなど火象サインの方々には愛のチャンスです。また、世の中全体も獅子座が持つ華やかなムードでつつまれることになります。このところ湿り勝ちだった私達の気分も盛り上がっていくはずです。

今週は夏至を境に世の中が一気に華やかなムードへ変わっていくでしょう。不安や怖れを抱いて悩む前に、その解決策を考え、行動に取りかかる…今週の星々はきっとあなたにそんなキッカケを与えてくれるはずです。

JUN 21 2021

瑛利奈

(C)ELINA

 

1件のコメント

  1. […] 先週の「瑛利奈の今週の運勢」、夏至、華やぐ星々のなかに「太陽が木星とトライン(120°)の好調座相を作り」、ひさびさの幸運が訪れると書きましたが…。フタを開けてみるとその日は…上野動物園のパンダ、シンシンが双子の赤ちゃんを出産したのでした。みなさんは覚えているでしょうか?幸運の惑星=木星が少し前に別な相手(星)とトライン(120°)を作った日のことを。それは…6月4日に金星とのトライン(120°)で、やはり私はこちらに「4日は女神が微笑む日」を書いたのですが、その日は「上野動物園のパンダに妊娠の兆候」というニュースが流れたのでした。上野のパンダちゃん!すごいですね。金星&木星のトライン(120°)で妊娠が発覚して、太陽&木星のトライン(120°)で出産するなんて!しかも双子を!そうなると、日本国民の幸せはパンダが握っている…と考えざるを得ないですね。(笑) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です