4日は女神が微笑む日

5/31~6/6

先週の皆既月食はあいにく首都圏では雲に邪魔をされて観測できませんでした…。しかし、一説では日食や月食はあまり現場で観測しないほうがいいと言われていますので、雲が緩衝材によかったのかもしれません。通常月食と日食はセットになっていますので、今回は5月26日の二週間後の6月10日、日本では部分日食となります。今週は…この月食と日食に挟まれた期間にあたり、何をするにも先が読みにくい一週間です。そうはいいながら、毎日の星の配置はもったいないようないいものが含まれていますが。それは…素晴らしいスターが名曲を歌うのに、なかなかいい照明が当たらない…とでもいうような状況に似ています。

5/31(月)の星も悪くありません。水瓶座の月は双子座の太陽と調和。そして、午後2時15分には火星が海王星とトライン(120°)の好調座相を形成します。夜半になって火星は研究者を表す小惑星=パラスともトライン(120°)を作ることから、新型コロナウイルス対策においても何らかのいい手が見つかる暗示です。また、火星と海王星の組み合わせは魔術を表しますから、他の問題でもトリッキーな作戦を考えている方には行動に移すチャンスといえるでしょう。

6/1(火)…ようやく6月に入ります。例年なら「早くも6月」と書くところですが、地球温暖化が顕著な今年は「やっと6月か!」という感じですね。6月の初日は月が水星、金星、木星と次々とトライン(120°)を組、順調な滑り出しになる見込みです。愛の星=金星が双子座で作る最後のアスペクトですから、双子座さん、ならびに天秤座、水瓶座に太陽や金星がある方は、楽しい計画があるなら、夕方までに実行しておくべきです。午後6時7分から月は魚座へと移動します。

6/2(水)は半月です。月は減光期、さらに細くなっていきます。午後10時18分、いままで双子座を通過していた金星が蟹座へ入ります。蟹座の24度には火星がいますが、金星がこれを追うような形です。5月14日から木星は魚座へと入ってきていますので、同じく魚座の海王星を入れて、水のサインのパワーがいちだんと強まってきました。この日は月も魚座です。これで…月、金星、火星、木星、海王星と5つの天体が水のサインに入る形となりました。力を増した水のサインの星々は蟹座、蠍座、魚座の3つ水のサインの方に力を与えてくれます。また、水のサインに天体がない方や、少ない方も「私は水のサインがないからダメだわ!」と諦めないでください。これらの水のサインの天体は…普段は足りない心の潤いや愛のやり取りを助けてくれるのです。自分に足りないものはその時々の星から供給する…こんな発想を持てれば、あなたは宇宙のパワーを吸い取ることができるはずです。

6/3(木)、重要な星の動きはありませんが、蟹座の第三デークまで進んだ月が午後1時30分には海王星と合(0°)、その後火星、冥王星と次々と好調座相を作っていきます。ただ、相手が海王星や火星、冥王星と、いわゆる凶星といわれる惑星なので、穏やかとはいきませんが、問題解決の糸口を見つけるにはよさそうです。

6/4(金)は2つの重要なアスペクト(星同士の関係)があります。ひとつは…午前4時5分の太陽と土星のトライン(120°)です。これは現実認識を促すアスペクト(星同士の関係)です。例えば、「東京オリンピックをどうするか?」などの問題に、具体的な答えが出たりもします。この日の午後8扡32分、愛の星=金星がオールマイティの幸運星=木星とトライン(120°)という好調座相を作ります。非常にラッキーなアスペクト(星同士の関係)です。金星が木星とトライン(120°)を作るのは昨年(2020年)の10月19日以来です。金星&木星の合(0°)は2月11日、セキスタイル(60°)という準ラッキーなアスペクトは今年の4月11日にありましたが。少なくとも年に数回しかない幸運なチャンスです。特に前述の水のサイン(蟹座、蠍座、魚座)の方には幸運に働くでしょう。これが今週いちばんの星のイベントとなるため、この情報をゲットしたあなた、いち早く準備を進めてください。いつも言うように幸運の女神に後ろ髪はないのですから。

6/5(土)は…2つの重要な星のイベントが終わり、大きな刺戟もなく過ごす一日になりそうです。

6/6(日)は…むしろ要注意な星のイベントが2つ重なります。午前4時4分、現在双子座で逆行中の水星が海王星とスクエア(90°)という不調和座相を形成します。残念ながらこの影響は6日からキッチリ始まるわけではなく、週の中頃から始まっています。不注意から起きるミスや勘違い、詐欺に引っかかるなどに注意が必要です。4時45分には火星が冥王星とオポジション(180°)というキナ臭いアスペクト(星同士の関係)もあります。両方を考慮すると、テロやハッキング、ウィルスなどが横行する危険も。冷静な判断力と落ち着きが必要な日曜日になるでしょう。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です