新月、前向きなスタートを

4/12~4/18

4月12日から大阪府、兵庫県、宮城県に続き、東京都、京都府、沖縄県でも「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。とはいえ、今週の星の動きは好調なものが多く、前向きな一週間になりそうです。

12日(月)はゴルフの松山秀樹選手がマスターズで優勝し、明るい週明けになりました。午前11時30分は牡羊座の新月。ここから今週のみならず、新たな月の周期(ほぼ29日間)がスタートします。気持ちをリセットして、新しいサイクルの始まりです。

13日(火)は午前2時43分から月は牡牛座へ。13日は前日ほど、サプライズや楽しいニュースは少なく、私達の目線は再び現実へと戻っていくでしょう。

14日(水)午前8時9分、太陽が火星とセキスタイル(60°)を作り、活動的な一日になります。それに加えて、権利の主張を意味する小惑星=ジュノーのアスペクト(星同士の関係)が目立ちます。私達の問題意識が高まって、何かと議論がエスカレートする暗示です。現在、攻勢に出たい問題を持つ方にはチャンスかもしれませんが、守りを固めたい場合は口火を切らないほうが賢明です。

15日(木)午前3時21分、愛の星=金星が牡牛座へ入場します。金星が地のサインへ入るのは今年の2月1日以来、73日ぶりになります。ようやく牡牛座さん、乙女座さん、山羊座さんなど地象サインの方々に愛のチャンス到来です。「恋愛なんて関係ないわ!」というあなたにも、ひさびさ肩の力を向いてリラックスできる季節がやってきます。

16日(金)には重要な太陽のアスペクト(星同士の関係)が2つあります。ひとつは…午前1時58分の太陽&木星のセキスタイル(60°)です。これは…今年の1月29日の太陽&木星の合(0°)に次ぐラッキーなアスペクト(星同士の関係)です。実は…このチャンスに乗るにはかなり前から準備が必要なのですが、いまこれを読んだあなたは…少なくとも今からすぐに行動を起こすべきです。現在、胸に秘めた計画あって、まだ行動踏み切っていない「何か」があるのなら、今が決断のチャンスかもしれません。また、セキスタイル(60°)は合(0°)やトライン(120°)とは違い、自動的に運が開けるほど強くはないので、あなたの熱意と努力は必要です。

17日(土)も火星と木星がトライン(120°)、それに月が絡んで好調ですが、一方の火星がマレフィックスといわれる凶星の代表ですから、手放しで喜ぶほどではありません、度数は火星が双子座の26度、木星が水瓶座の26度です。火星も木星も熱気を孕んだ惑星ですから、スポーツの記録を出したり、ぶっちぎりで敵を倒したいなど、攻めの目的がある場合はチャンスとなります。ただ、動き出したら止まらない暗示なので、食べ過ぎやスピードの出し過ぎなどには注意するべきでしょう。

18日(日)は前述の火星と木星のトライン(120°)に対して、知性の惑星=水星が真ん中に割り込んできます。これは小三角といわれるラッキーな配置になります。日曜日ではありますが、頭脳を使って自分をアピールしたり、猛烈にノルマをこなすなどには最適です。

今週は幸運な星の配置が多く、ひさびさまったりと春を楽しめそうです。まずは、12日の新月をキッカケに新しい目標にチャレンジしてみてはいかがですか?

APR 12 2021

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です