金曜日は愛を楽しむ日

3/22~3/28

緊急事態宣言は21日をもって解除されましたが、新型コロナウイルスの感染者数は3月に入ってからなかなか減少せず、不安を抱えながらの週明けとなりました。ニュースによると、「3月10日頃には7日間平均で262人まで減っていたのが、現在は300人程度まで増加している(東京都)」とのこと。火星が双子座へ入ったのは3月4日ですが、どうも…感染者数の増加は火星のサインと関係があるように見えます。何故なら、火星は「行動様式」を、双子座は「移動」を表すからです。これからはこのコマメに動きたがる火星を制御しながらの毎日となりそうです。

22日(月)は…朝から水星と冥王星がセキスタイル(60°)、火星と土星がトライン(120°)など、概ね星の動きは順調です。知性の星=水星が活発にいいアイディアを出してくれ、問題の火星は土星により制御されています。今週のなかでは仕事関係の問題が順調に片付く日です。以前から引き続いてくテーマには、早めに結論を出しておいたほうがいいでしょう。

23日(火)は、重要なアスペクト(星同士の関係)はなく、唯一、午後2時14分に蟹座の月が海王星とトライン(120°)が好調な関係になります。なんとか夢を叶えたいと好意的に私達は考えて、判断を心情に委ねる暗示です。しかし、その後蟹座の月は水瓶座の木星、射手座の小惑星=ジュノーとヨードという厄介な関係に足を取られて、せっかくの思いやりにケチが付くような展開に。一部の人の心情は世の中の多様性と相容れないのかもしれません。

24日(水)午後12時26分、魚座の水星が火星とスクエア(90°)を形成。ちょっと犯罪の臭いのするアスペクト(星同士の関係)です。目の前の若者は詐欺師かもしれません。決して先を焦らず、お金の決済や契約締結など、裏を取りながら慎重に進めるようにしてください。

25日(木)はサークルや協会など、身の回りの人間関係がテーマになる一日です。しかし、私達の気持ちは少し後ろ向きかも。引き籠もりたい気持ちがコミュニケーションを妨げます。そんな時は無理に交わろうとせず、一人の世界を充実させたほうがいいのかもしれません。

26日(金)午後3時57分、牡羊座の太陽が愛の星=金星と合(0°)を作ります。今週で唯一の太陽の好調なアスペクト(星同士の関係)です。愛情問題はもとより、レジャー、エンタメなど楽しいこと全般がテーマの日です。緊急事態宣言明けの私達に相応(ふさわ)しく、楽しいこと優先の一日になるでしょう。

27日(土)…前述のように3月4日から火星は双子座を通過中ですが…。この火星がドラゴンヘッドと重なります。ドラゴンヘッドは「人が集まる場所」を表しますから、桜の花が満開となって、各地の人では相当な数になりそうです。そうなると、新型コロナウイルスの感染拡大も心配ですね。しかし、私達の心境としては、こぞって人が集まる場所へ出かけたくなる一日です。

28日(日)は朝6時1分の太陽と木星とセミスクエア(45°)など、細かなトラブルのアスペクト(星同士の関係)が続きますが、午前8時48分に乙女座の月が冥王星とトライン(120°)を形成して、今までの浮かれた気分を引き締めます。その後、午後5時9分、今度は天王星が小惑星=ベスタとトライン(120°)に。私達の肩の上に急に重荷が架せられる暗示です。

今週は26日、金曜日に向かって一気に締め付けを解いていき、その後、リバウンドに気付いて引き締める…こんな流れになっていきそうですね。

MAR 22 2021

瑛利奈

(C)ELINA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です