半年ぶりに牡羊座を去る火星

1/4~1/10

新型コロナウイルスの感染者数が最多を記録した2020年の大晦日。その後、不安な三が日がを経て、初めての週明けを迎えます。

4日(月)の月は乙女座。午前10時44分、月は山羊座の太陽とトライン(120°)と、好調な関係に。比較的穏やかな一日です。2日、東京 埼玉 千葉 神奈川の知事らが政府に「緊急事態宣言」発出を要請しましたが、4日午前、菅総理は年頭の記者会見に臨み、検討することを表明。すぐにとはいきませんでしたが、週内に緊急事態宣言が発出されるようです。4日の午後、月は海王星とオポジション(180°)、ノードとスクエア(90°)など、取りまとめに時間がかかりそうな気配です。しかし、午後10時21分、月は義務を表す小惑星=ベスタと合(0°)になり、しぶしぶながらやらざるを得ない状況に追い込まれるでしょう。

5日(火)、月は乙女座の第三デークから天秤座へと通過していきます。山羊座の24度には冥王星、水瓶座の2度の土星、3度には木星と、このあたりには太陽系の重鎮が控えています。これにたいして月は次々とトライン(120°)の好調座相を形成していきます。ものごとがスムーズに運ぶ暗示です。ただ、午前9時57分、水星が冥王星と合(0°)を作るため、想定外な方向に事態が進んでいく可能性も。逆転を狙いたい方にはチャンスかもしれません。

6日(水)は減光期(月が痩せていく時期)の半月です。今週のテーマの中間報告が出るタイミングです。月が細くなっていく時期ですから、ダイエットには最適です。お正月に増えた体重を元に戻す目標値を定めましょう。

7日(木)午前7時26分、長いこと牡羊座に留まっていた火星がようやく牡牛座へ抜けます。火星の公転周期は約2年ですから、普通はひとつのサインを二ヶ月ほどで通り過ぎていくのですが、昨年(2020年)は火星の逆行があり、半年以上も牡羊座をウロウロしていました。まず、火星が牡羊座へ入ったのは6月28日。新型コロナウイルス第二波以降、感染者数が始めて100人を上回ったのが6月28日でした。その後、9月10日に牡羊座の28度で逆行に転じて、11月4日から再度順行し始めました。そもそも火星は熱気を帯びた惑星で、炎症、発熱を表しますから、新型コロナウイルスなど、感染症を広げる作用が強いのです。火星が牡牛座へ抜けることにより、少なくとも感染拡大のペースは鈍るはずです。しかし、7日から火星が入る牡牛座は人間の部位でいうと「喉(のど)」を表しますから、みなさんもいままで以上に喉(のど)を保護するよう、気をつけたほうがいいですね。これからは、マスクは布製よりもウイルスを99%カットするような不織布マスクがオススメです。また、室内が乾燥しないよう、気をつけるべきです。

8日(金)の月は蠍座で、前述の5日と同じように、太陽系の重鎮、木星や、今度は牡牛座にいる天王星と折り合いがよくありません。やや波瀾の一日です。この日の午後8時59分、知性と情報の惑星=水星が山羊座から水瓶座へと移動します。世の中の雰囲気は少し緊迫感が増してくるでしょう。

9日(土)午後0時40分、前日の水星に引き続き、今度は愛の星=金星が山羊座へ入ります。その後、太陽が海王星とセキスタイル(60°)を作り、柔らかい雰囲気から一日が始まります。ひさびさ愛と癒やしを胸いっぱい味わえそうです。その後、午前11時44分に水星が火星とスクエア(90°)を作りますが、この時間帯は焦ってトラブルを起こさないように注意が必要です。

10日(日)、午前0時52分、山羊座の金星が牡牛座の火星とトライン(120°)という好調座相を形成します。山羊座さんを始め、牡牛座さん、乙女座さんなど地象サインの方々は愛のチャンスです。相手が地象サインの場合もいい反応が期待できますよ!このアスペクトは火星が牡牛座へ入る7日ごろから効果が始まります。ただ、10日(日)は午後12時17分に水瓶座の2度で水星が土星と合(0°)を作ります。こちらは悲観的な気持ちになりやすいアスペクト(星同士の関係)です。愛のチャンスをものにしたい場合は午後までずれ込まないように注意しましょう。

今週は火星、水星、金星など、身近な惑星がそれぞれ次のサインへと移動します。これにより、2021年も二週目にしてようやく心機一転といったところです。惑星たちも若返り、新しい未来が見えてきそうですね。

JAN 4 2021

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です