木星&土星大会合、ニューノーマル本番!

12/21~12/27

今週は週の前半に重大なイベントが固まっています。

21日(月)は午前8時7分に水星が山羊座へ入場します。その後、午後7時2分、いよいよ太陽が山羊座へ入場します。21日は冬至です。みなさまはすでにご存じだと思いますが、今日の太陽、山羊座入場の時刻を以て、日本の運勢が書き替えられます。2020年の冬至図です!下にそのチャートを添付しましたから、興味のある方はご覧ください。今年の日本の冬至図は夜だったため、14時間時差のあるアメリカ、ワシントンの冬至図は早朝5時2分でした。アメリカのチャートはものの見事(みごと)にすべての惑星が地平線下に沈んでいます。ホロスコープの地平線より下の半分はプライベートな部分を表します。アメリカの今後四半期の運勢は見事(みごと)に「おうち時間」となっています。日本の冬至図も太陽を始め、重要な惑星…10個のうち4個は地平線下に沈んでいますが、ホロスコープの頂点に輝く火星は何を意味するのでしょう?火星は10ハウスという国家や政権を表す位置にいますが、オウンサイン(オウンゴールではありません。笑)という、自らのハウスを支配する形になっています。これは…このところコロナ対策で不評な菅政権がモーレツに巻き返しを図るのでしょうか?今後、菅総理がワンマン政権に移行するかのように鼻息荒いですね。

22日(火)は木星と土星の大会合=グランド・コンジャンクションがあります。時刻は午前3時20分です。木星は公転周期が12年、土星は約30年ですが、意外に木星と土星が同じポイントで出会う確率は低いのです。一方、12年周期の木星と248年の冥王星の大会合は、だいたい13年に1度ありますが、これがもっと公転周期が短い土星となると、かえって出会いにくくなってしまうのです。人を探しているときに両方で動き回ると、かえって見つかりにくくなる原理と同じかもしれませんが(?)。前回の木星と土星のコンジャンクション(0°)は2000年の5月29日でした。木星と土星の大会合=グランド・コンジャンクションは大きく時代が変わるターニングポイントとなります。前回の2000年5月29日のときの木星、土星の度数は…牡牛座の22度でした。20世紀中の木星と土星の大会合は逆行時含めて11回ありましたが、そのうち7回までが地象サインでした。内訳は…山羊座3回、牡牛座は逆行を含めて4回、乙女座1回です。これは…技術(地象)改革が著しい時代だったためでしょう。残りの4回は逆行を含めてすべて天秤座です。これは…調整の時代という意味でしょう。今回は1901年以来初めての水瓶座!です。水瓶座は天王星が支配する革新のサインです。新しい時代への転換がより加速されるはずです。楽しみではありますが、私達の頭の内部が「時代の変化のスピード感についていけるか?勝負!」ということになるでしょう。

23日(水)は午後11時52分に火星が冥王星とスクエア(90°)の凶座相を作ります。凶暴で残酷な意味合いを持つ組み合わせですが、これが新型コロナウイルス感染拡大のピークとなって欲しいですね。

24日(木)、朝7時50分、牡羊座の月が火星と合(0°)。午後7時55分から月は牡牛座へ入りますが、今度は水瓶座の土星、木星とスクエア(90°)の不調和座相を作ります。クリスマスイブですが、壁の多い一日になりそうです。

25日(金)はクリスマスです。キリスト誕生の時は東の空に三つの星が輝いたそうですが、今年のクリスマスは南西の空に木星と土星が輝きます。この日の星の配置は月が太陽とトライン(120°)ほか、水星と天王星のトライン(120°)など、穏やかです。世界各地で平和なクリスマスになりそうです。

26日(土)は…23日の火星&冥王星スクエア(90°)を境目に、星の配置はすっかり落ちついてきました。この日は、少々調整しなくてはならない問題を抱えながらも、何とかなりそうな見通しが付く日です。

27日(日)はさらに安定した星の配置です。午前8時32分に月は双子座へ入場。新たに水瓶座へ入った土星、木星と次々トライン(120°)の好調座相を作っていきます。「これからの世の中はこうやるのよ!」と、あたかも月が見本を示してくれるかのようです。新しい年へなにか希望が持てるような暗示を感じる日曜日です。

今週は木星&土星のコンジャンクション(0°)があり、まさに「ニューノーマル」の本格的な幕開けです。土星は2020年の3月22日~7月2日まで、一時期水瓶座へ入っていたので、「ニューノーマル」という言葉は、この時にできたものなのでしょう。いよいよ、これから「ニューノーマル」本番です!頭の中を整理していかないと、未来への期待がふくらみませんよ!ネガティブな感情を整理することですね。

DEC 21 2020

瑛利奈

(C)ELINA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です