希望的観測は厳禁

7/27~8/2

先週は…月が山羊座に集まる外惑星郡とオポジション(180°)を形成するという、緊張感に満ちた星の配置で週がスタートしました。その後、新月を経て、22日太陽は獅子座へと移動しました。多少のタイムラグはありますが、この緊急事態を暗示する星の期間に新型コロナウイルスの感染も拡大したと思われます。

今週は?というと、コアとなる太陽のアスペクト(星同士の関係)にはあまりいいものはありません。代わりに海王星が絡んだアスペクトが、好調、不調あい混ぜて目立っています。海王星は良い意味では「夢」と「イマジネーション」、ネガティブな意味としては「嘘」や「勘違い」などがあります。ここから推測すると、今週はあまり確定的なことは判明せず、曖昧な想像のみが一人歩きしていく一週間だといえるでしょう。

27日(月)は午後1時11分を境に、前半の月は天秤座、後半、月は獅子座へ移動します。月の位置としては…先週から90°進んできた形です。従って、午前の天秤座の月は冥王星、土星にスクエア(90°)の不協和音を奏でる位置です。午後9時半を回ったところで、月は獅子座の太陽にスクエア(90°)、半月となります。先週の新月から始まった新たな月のサイクルに途中経過や中間報告が出るタイミングです。

28日(火)は前述の海王星のアスペクト(星同士の関係)が目立つ日です。午前1時6分には山羊座の木星が魚座の海王星にセキスタイル(60°)を形成。これは…夢のあるアスペクト(星同士の関係)です。喜ばしい情報が世界を駆け巡ることに。しかし、2時47分には愛の星=金星が海王星とスクエア(90°)の不調和座相を形成し、ガッカリするような気分に。海王星にセキスタイル(60°)の木星とこのスクエア(90°)を作る金星とは主語が違いますから、多分失望するのは別な問題でしょう。この日の午後3時20分には太陽が海王星とセスキコードレイト(135°)という小競り合いのアスペクト(星同士の関係)に。喜びや失望、またそれに伴う金銭トラブル…。アップダウンが多い一日になりそうです。

29日(水)は概ね順調です。午後1時1分、蠍座の月が山羊座の土星とセキスタイル(60°)を形成。この日の折衝や交渉事は午前中が勝負になります。

30日(木)は月が太陽とトライン(120°)、調和の日です。一日を通じて、月はほぼ順調ですが、知性の惑星=水星だけは午後11時17分、木星とオポジション(180°)をを形成します。楽観過剰なアスペクト(星同士の関係)です。計画が膨らみすぎたり、希望的観測や予算オーバーなどに注意が必要です。

31日(金)午前3時44分、今度は水星が海王星とトライン(120°)を形成。これは前日の水星、木星のオポジション(180°)と重ねて解釈した方がいいかもしれません。これも夢が膨らむアスペクト(星同士の関係)ですが、いい影響にあずかれるのはそのテーマによるでしょう。もしもあなたが気分が落ち込んで鬱状態の傾向があったら、明るい思考に方向転換するキッカケが得られるかもしれません。音楽やビデオを制作するなど、クリエイティブ系の方にもいいものができるチャンスです。しかし、お金を扱ったり、セキュリティ関連など、現実的な作業には、希望的観測がむしろアダになる可能性も。愛情問題にも未来を語るにはいいですが、結婚式の計画や転居の準備にはよくないかもしれません。告白に関しては、攻めにはラッキー、防戦には不利といったところです。

土曜日は早くも8月1日です。「今年は春がなかった」という声が聞かれましたが、おちおちすると夏もないままに過ぎていきそうですね。8月の初日は午後3時55分、月が天王星とトライン(120°)を作って、季節は新たなフェーズを迎えます。しかし、午後7時52分、またもや水星が冥王星とオポジション(180°)に。先が見えない暗示です。アクセルを踏んで時を先へ進めたい気持ちは高まりますが、真実が覆い隠されて見えないまま…こんな葛藤を表しています。

2日(日)、午前中は山羊座の月がいい雰囲気を醸し出しますが、午後になって、星の配置は厳しくなります。午後8時18分、太陽が天王星とスクエア(90°)に。これは…せっかく一週間かけて計画してきたものが予想外の事態に壁にぶつかる暗示です。喫緊(きっきん)の課題の新型コロナウイルス問題が再燃したり、あるいは国際情勢に懸念が出てきたりなどするかもしれません。今週も引き続き気が緩められない一週間になりそうです。

JUL 27 2020

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です