火星、木星、土星が糸を引く

9/2~9/8

あっという間に9月…。2019年は残すところ4ヶ月となりました。今週の太陽系は…太陽を始め、その他の惑星もガッチリと重要なアスペクト(星同士の関係)を組み、ダイナミックに未来の可能性を示していきます。ひと頃のように時の流れに任せて、あっちへフラフラ、こっちへフラフラということはなく、はっきりと、いくつかのチョイスを示す一週間…になるでしょう。

2日(月)は…午前3時48分に乙女座の金星が山羊座の土星にトライン(120°)という安定の座相を作ります。金星は愛の星であり、また一方では金銭も司ります。愛情運に関しては…例えば、結婚など、堅実なゴールを意識した現実的な愛に着地させるアスペクト(星同士の関係)です。今までのペースを調整するタイミングであり、今あなたが感じている愛の温度がちょうどよく、双方とも無理なく継続できる好都合な形を提案してくれるアスペクト(星同士の関係)です。土星は努力の惑星ですから、愛の喜びに浮かれすぎたり、好きなことにハマってしまったりすることなく、仕事に関してもほどよく努力するようムチ打ちながらあなたを誘導してくれます。また、金銭という意味では、金融市場の数字を現実と乖離しない方向へ調整してくれます。

長くなってしまいましたので次へ続けますが…2日、午後7時42分には、乙女座の太陽が同じく乙女座の火星と合(0°)を形成します。こちらは相性のいい(お互いの欠点を補い合う)金星&土星コンピとは違い、太陽も、火星も、熱気を帯びた天体ですから、合(0°)を作ると、とんでもなく激しくエネルギッシュになります。何事もイケイケで非常に強気なアスペクト(星同士の関係)です。度数は乙女座の9度。牡牛座さんや山羊座さんにはイケイケがいい刺戟になりますが、凶座相となる双子座さんや、射手座さん、魚座さんにとってはイライラのもとになるかもしれません、

3日(火)は深夜に愛の星=金星が木星とスクエア(90°)に。金星も木星も優雅でラッキーな惑星ですが、スクエア(90°)はネガティブな関係ですから、「幸運に期待するあまり失望する」と読みます。浪費にも注意しましょう。

4日(水)は午前0時39分、知性の星=水星が火星と合(0°)。午前10時40分には水星が太陽と合(0°)です。これは…2日(月)の太陽と火星の合(0°)に水星が加わった形です。この水星、火星、太陽の三位一体は仕事効率やスピードに関してはアップしますが、水星の緻密さを損なってしまいます。全世界で各々が自己主張のみに終始する暗示です。このアスペクト(星同士の関係)がこの日に起きることを知ったあなたは冷静さを保つよう、配慮するといいでしょう。

5日(木)は…午後10時前、水星が土星とトライン(120°)の調和座相を作ります。週あたまの2日(月)から、いたずらに加熱している惑星たちの頭を冷やそうと、土星が割って入ってくる暗示です。これにより、ヒートアップしている問題の落としどころが見えてきます。

6日(金)、今度は乙女座の水星が射手座の木星にスクエア(90°)を作ります。こちらは沈静化しようとする土星とは反対に、膨張拡大の惑星=木星が知性の星=水星の認識をより誇張して「陽動作戦」を仕掛けるような効果をもたらします。今週の太陽系は上げたり、下げたり、中でも火星、木星、土星が仕掛け人となって、力を競うような状況になっています。

7日(土)、午前6時55分、太陽が土星とトライン(120°)を形成。週末になってようやく太陽と土星が主導権をとって事態を鎮静化します。しかし、一方では午後12時45分、乙女座の金星が山羊座の冥王星とトライン(120°)の好調座相を形成。こちらは次の火種を宿す…といったところです。

8日(日)は惑星同士のアスペクト(星同士の関係)はなく、山羊座の月が乙女座の星の群れと好調です。落ちついた日曜日になるでしょう。

今週、太陽系の惑星は…火付け役の火星、火消し役の土星、また気分をふくらませる木星が太陽、水星、金星といった吉星に対して丁々発止で糸を引き合うダイナミックな様相を呈します。どの惑星の糸に引きずられるかはあなたの星の配置次第です。いたずらに高揚して回り道とならないよう、冷静なチョイスが必要ですね。

SEP 2 2019

瑛利奈

(C)ELINA

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です