キーマンは牡牛座の天王星

8/26~9/1

星の配置がこんなにも早く秋の空気を運んでくるとは!この一週間のうちに火星、金星、太陽、ジュノーと次々に星たちが乙女座へ移動して、太陽系はすっかり様変わりしました。猛暑と夏休みにヒートアップしていた日本列島も温度が下がり、心身ともに冷やされて、先のことが気になる季節に…。

先週、「金星、太陽&ジュノーも乙女座へ」に書いた「22日(木)は…天王星がいる牡牛座で月が合(0°)を形成」して、「何かが変わる前兆となるような事件が起きる」と書きましたが、この日は韓国の文在寅大統領が日本とのGSOMIAを破棄することを宣言しました。やはりこの「月&天王星=合(0°)」は運命が未知の方向へ舵を切るキッカケになったのでした。

その後、週末は米韓の貿易摩擦の問題など、心配事が多く問題提起されましたが、これを引き継ぐ今週の星は…もう不安要因は出尽くした模様です。牡牛座の6度まで度数を進めてきた天王星が金星から始まる乙女座の星々を片っぱしから手玉に取って…「とくと仕上げを御覧(ごろう)じろ」ということになってきます。あとはマジシャン=天王星に任せておけば、うまく新しい流れに乗せてくれるだろう…という感じです。私達の方はこれを機会に「新風大歓迎!」という野心的な姿勢で変化を受け入れるばかりです。

まず…26日(月)は蟹座の月が乙女座の太陽とセキスタイル(60°)という比較的安定した日です。午後からは乙女座の火星、金星、次は牡牛座の天王星が月とセキスタイル(60°)を作っていきます。それぞれの惑星が観覧車のゴンドラさながら、次々と新しい景色を見せてくれます。

27日(火)午前0時38分、金星が天王星とトライン(120°)の調和座相を形成。28日(水)午後8時前には火星が天王星とトライン(120°)の調和角に。次に29日(木)午後4時47分は後に残っていた水星が乙女座へ入場します。

30日(金)午後12時14分には太陽が天王星とトライン(120°)の調和座相に。主役が太陽ですから、幸運の効果はこれまでのトライン(120°)のなかで最大です。

先ほど、次々と作られるトライン(120°)の天体の動きを私は観覧車に喩えましたが…。いちばん眺めがいいポイントに位置するのは…やはり地象サイン(牡牛座、乙女座、山羊座)の方々ということになります。蟹座さんを始め、水象サイン(蠍座、魚座)の方々は新たなロマンスを感じるポイントを刺戟され、キュンキュンするかもしれません。続いて風のサイン(双子座、天秤座、水瓶座)の方々は、ちょっと秘密めいたポイントでこれらのアスペクト(星同士の関係)が起きますから、不安な感じがするかも。しかし、心を解放するにはいいチャンスです。この変化をよく見つめて、非日常を開拓すれば癒やしにはよさそうです。火象サイン(牡羊座、獅子座、射手座)の方々には金運と仕事運のチャンスを運ぶでしょう。

今週、多くの天体が次々と作る天王星とのトライン(120°)。毎日同じ場所で寝起きしていると思い込んでいる私達ですが、俯瞰の視点から全体像を観てみれば、違う宇宙空間に移動しているのです。超特急で公転しながら移動する地球を頭に描いてください。新しいスペースでは新しい「何か」が起こります。そんなイメージを受け入れつつ、こちらからさらに進んだビジョンをぶつけてみるのもいいかもしれません。

30日(金)はもうひとつ重要なイベントが…。乙女座の6度で重なる月と太陽。新月です!今月はすでに新月は二回目になりますが、さらにここから新しいサイクルのスタートになります。

AUG 26 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です