金星、太陽&ジュノーも乙女座へ

8/19~8/25

18日(日)の午後、火星が火象サインの獅子座を離れて、乙女座へ入りました。これで獅子座に星が集まった灼熱の環境から、星的にはようやく一歩暑さが後退したような気がします。しかし、週明けの18日(月)は午前1時半頃に月が火象サインのひとつ、牡羊座へ入場して牡牛座へ抜ける21日(水)昼過ぎまで、まだまだ燃えるような夏の雰囲気は続きます。ニュースによると「東京都心で『猛暑日』」日数は過去最多タイ」になったとのこと。太陽を始め、金星、火星が獅子座へ集まり始めたのは7月29日から。実は…今年はこれに加えて、小惑星=ジュノーも獅子座にいるのです。この一角が崩れたのが18日(日)でした。

それに加えて、今週は21日(水)午後6時17分から愛の星=金星が獅子座から乙女座へ移動します。これにより一歩季節が前に進みます。と同時に…このところの世界情勢や犯罪の傾向なども火象サインの攻撃的で衝動的な面が後退して、冷静な方向へと温度が下がっていくでしょう。しかし、温度が下がることは景気動向にとっては歓迎できないかもしれません。プライベートでは金星は愛の星ですから、乙女座さんを始め、地象サイン(牡牛座、山羊座)に太陽や金星などをもつあなた!ようやく落ちついて愛を語れるチャンスです。

21日(水)午後7時4分、まだ火象サインの獅子座に残る水星が木星とトライン(120°)の好調座相を作ります。良識ある惑星の作るアスペクト(星同士の関係)は…今週前半(18日~21日)の流れをクレバーな方向へと誘導してくれそうです。総じて、今週前半は新たなプランニングや話し合いのチャンスと考えていいでしょう。

22日(木)は…現在天王星がいる牡牛座で月が合(0°)を形成します。何か時代が変わる前兆となるような事件が起きるでしょう。

23日(金)午後7時1分、太陽が獅子座から乙女座へサインを変えます。この夏の出来事のエンディングともいうべき暗示です。ヒーロー、ヒロインも火象サイン(牡羊座、獅子座、射手座)から地象サイン(牡牛座、乙女座、山羊座)へと交代していくことになります。

奇しくも24日(土)午前9時、6月21日から獅子座を通過していた小惑星=ジュノーも乙女座へ移動します。火星が獅子座へ入ったのは7月2日ですから、火星とともに小惑星=ジュノーもこの夏のトレンドを作ってきたのかもしれませんね。ジュノーは権利の主張を表す小惑星ですから、デモや国家間の衝突なども今週あたりから実務者レベルに移行するのかもしれません。

24日(日)深夜、乙女座の金星と火星が合(0°)を形成します。世界的に営業日ではありませんが、これにより経済の流れも大きく変わるでしょう。このところの円高傾向も一段落といったところです。また、金星は愛の惑星、火星は行動力を表しますから、星の言葉を翻訳すれば、「愛を行動に表す」アスペクト(星同士の関係)といえます。もちろん「あなたが愛の行動を起こす」と考えてもいいですが、世の中の人みんなが愛を行動に表したくなるタイミングなのです。彼に告白しようか?迷っている場合は…相手の出方を待ってみるのもいいかもしれませんね。

AUG 19 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です