8月1日新月、すべてがスタート

7/29~8/4

今日は7月最後の「瑛利奈の今週の運勢」になりますが、7月は対韓輸出規制問題から日韓関係が悪化したり、3日の日食、17日の月食に絡んで、あり得ないような事件が起きました。もっともショックだったのは…京都アニメーションへの放火事件でしょう。私達の愛する数々のアニメを制作している方々が犠牲になったのは、お悔やみを言ってももとに戻らない憤りと悲しみを感じます。

この「京都アニメーション放火事件」が起きたのは…山羊座の2つのマレフィックス(凶星)に対して月が合(0°)になり、またそのオポジション(180°)のポイントに太陽と金星が入った17日=蟹座の月食の翌日でした。18日は前々回の「欠けながら沈む月食」に私が書いたように「水瓶座の月が天王星とスクエア(90°)、火星とオポジション(180°)を作」る「イライラの日」でした。

何故この話を今さら蒸し返すか?というと、30日(火)は…この「イライラのポイント」に太陽がスクエア(90°)で入ってくるからです。多分「今日アニ放火事件」の何かがまた明らかになってくるのでしょう。同時に、私達の中でも気が短い人は、このところ溜め込んだイライラを再度爆発させたくなったりするかもしれません。30日(火)は夜11時前には蟹座の月が土星とオポジション(180°)を作って、星は抑圧的です。30日(火)は…もしもあなたのホロスコープで天王星が他の天体を傷つけていて、それがこの日の太陽がいる獅子座さんやその他フィックスドサイン(牡牛座、蠍座、水瓶座)だったら、軽率な決断に注意です。愛する人や大事な人との縁をズバズバ切りたくなってしまうかも…。

31日(水)も星の配置は決して快適ではないですね。「現在抱えている問題を調整はしたいが出口が見えない」とか、「面倒くさくて投げ出したくなる」…星は私達をこのような気分へと誘導するでしょう。月や土星、冥王星のいる蟹座さんや山羊座さん、並びに牡羊座さん、天秤座さんは前日から続くハードな星の影響でクタクタになって、憂鬱な気分に陥りがちです。そんな時のために頭の片隅に私の言葉を記憶しておくといいでしょう。

8月1日(木)午後12時11分、新月です。7月から続く日食、月食の不吉なサイクルの終わりです。しかしこの日も獅子座の月が天王星とスクエア(90°)だったり、一部感情を刺激するアスペクト(星同士の関係)はありますが、朝には月が愛の星=金星と合(0°)、夜には木星とトライン(120°)を形成。一気にイヤな流れをほぐしてくれます。同時に午後12時57分には7月8日から逆行していた水星が順行し始めます。水星は知性とコミュニケーションの惑星ですから、さらに新たなソリューションへと導いてくれるでしょう。

しかし2日(金)は…今度は獅子座の金星が天王星とスクエア(90°)を作ります。これは…30日(火)の「軽率な決断に注意」が必要とのアドバイスの感情的バージョンです。30日(火)の時は天王星とスクエア(90°)を作る天体が太陽ですから、「理詰めでズバッと物事を切りたい!」という衝動を感じますが、2日(金)は当事者が愛の星=金星ですから、切りたい気持ちはあなたの感情を揺さぶってきます。「これを機会にスッキリしたい!」のもいいかもしれませんが、あなたが過剰反応をしているケースもあります。感情が落ちつくまで結論は時間をかけたほうが賢明です。

3日(土)、4日(日)は重要な惑星のアスペクト(星同士の関係)がない日ですが、3日(土)は戦いの星=火星が権利の小惑星=ジュノーと合(0°)を形成。ジュノーは権利を意味する小惑星ですが、これが前面に出てくるときは権利が保障されている事態ではないのです。逆に「私の権利が侵害される!」と感じると目立つ小惑星です。ケンカ腰にならないよう、気をつけてください。特にフィックスドサイン(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)の20度付近に重要な星を持つ方に忠告です。

4日(日)は日曜日にもかかわらず、日程調整やレポート作成など、業務がスムーズに運ぶ日です。カレンダーが8月に替わってから、急速にすべてが動き始めます。4日(日)には…夏休み前にやるべきことをきちんと決めておいたほうがいいかもしれませんね。

JUL 29 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です