太陽、水星は双子座へ

5/20~5/26

週明け20日(月)は大きな星の動きはありませんが、21日(火)から流れが変わります。午後4時59分に太陽が双子座へ入場。午後7時51分には水星が同じく双子座へ。そして、午後10時6分には太陽と水星が双子座で合(0°)を形成します。これまでの牡牛座、山羊座の地のサインを中心とした星の構成からコアの部分が双子座=風のサインへと変わっていくことになります。これにより動きにくかった風のサインの方々、双子座さん、天秤座さん、水瓶座さんに太陽、水星が力を貸してくれることに。逆に牡牛座さんを始め、乙女座、山羊座の地のサインの方たちは、自分自身の意思の見極めが終わって、テーマが各論へと変わっていくでしょう。

22日、先週から蟹座へ入った火星が牡牛座の天王星とセキスタイル(60°)の好調座相を形成。太陽系の中で最も攻撃的な惑星=火星と、過激な惑星=天王星がいいアスペクト(星同士の関係)を持つことで、過激派や不満分子のガス抜き効果があるかもしれません。

23日(木)は山羊座の月が…午前7時過ぎには土星、昼には冥王星と合(0°)になり、重い気分の一日になります。この間に月は小惑星=ベスタともスクエア(90°)を持つことから、必要以上にネガティブな側面に私達の気分が偏りがちです。やりかけたことを途中で投げ出したくなったり、責任の重さから逃げ出したくなるなど、弱気な行動をとりたくなるかも。しかし、ここで逃げては駄目です。ブレないであなたの持論を貫く姿勢が大切です。

24日(金)は…19日(日)に満月となった月がもう3分の1欠けて、減光期のトライン(120°)を作ります。安定の形ではありますが、月のエネルギーは徐々に衰え始め、キローンや水星ののアスペクトが目立つ思索型の一日です。

25日(土)夕方、トランプ米大統領が来日する予定ですが、さすがにこの日の午後9時50分には月が木星とセキスタイル(60°)の好調座相を形成します。

翌日26日(日)は午後2時43分に知性の惑星=水星が調整を意味する小惑星=パラスとトライン(120°)の好調座相を形成。冷静で客観的な話し合いができそうな日です。しかし、デートするには少し盛り上がりに欠けるでしょう。結婚を前にして具体的な計画を話し合ったり、面倒な問題を解決したいカップルにはチャンスです。

今週は…総じて波風が立ちそうな配置はありません。そして、太陽系の中心部から徐々に双子座へ移動して、時代の流れが変わりゆく気配が…。そろそろ2019年のクライマックスまでの導入部に入ってきたのかもしれません。

MAY 20 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です