今季最高のラッキーディも

5/6~5/12

「令和」改元とGWで湧いた先週でしたが…。今週も引き続き、安定した星の配置が続きます。話しは少し戻りますが…2019年になってから、太陽系の配置は先頭の惑星から最後の惑星までが150度を切るような一箇所に集まる形をずっと保ってきました。それがまさに今!少しずつバラけて来つつあります。

6日〔月)は先頭の火星が双子座の23度、最後尾の木星が射手座の23度でちょうどオポジション(180°)の配置です。行動力を表す=火星が膨張拡大を意味する=木星を不調和座相から刺戟して、さらに膨張拡大を煽り、火に油を注ぐようなアスペクト(星同士の関係)です。冒頭に書いた「安定した星の配置」の星の群れとは異なる先頭と末尾の星ですが…。意味は…走り出したら止まらない、という感じです。ダイエット中の方は食べ過ぎ、飲み過ぎに注意。車の運転はスピードの出し過ぎに注意、etc…。何事もハマり過ぎないよう注意が必要です。

7日(火)、午前3時25分、水星が牡牛座へ入場します。これで度数の順に牡牛座の天王星、太陽、山羊座の土星、冥王星を加えて、地象の天体が5個と、重要な天体10個のうち、半数を占めることになります。地のサイン同士はお互いに相性がいいので、がっちりと基礎を固める安定の配置です。牡牛座さん、乙女座さん、山羊座さんにはラッキー、パワーが宿るでしょう。

同じ7日(火)、午後10時26分、牡羊座の金星が土星とスクエア(90°)の凶角度を形成。愛の星に「待った!」がかかる形です。つまり、金星が意味する愛情問題や金銭問題の限界に気付くということです。スクエア(90°)という関係は二者択一を意味しますから、進むか?退くか?選択を迫られることになるのです。しかし、3日後の10日(金)には金星は木星とトライン(120°)の最高にラッキーなトライン(120°)を形成します。このふたつのアスペクト(星同士の関係)を総合的に考えると、牡羊座の金星が示す牡羊座の20度~23度、また木星の度数=射手座の23度、これにプラマイ8度くらいの位置に太陽や金星を持つあなた!人生の重要な決断を迫られる…ということです。牡羊座、射手座以外では獅子座の方もラッキーです。また、日本の皇室の方は射手座に何らかの星やポイントを持っておられる方が多いので、例えば新皇后陛下、雅子様は太陽が射手座の16度、天皇陛下は木星が射手座の28度。上皇様はASC(ホロスコープの起点)が射手座の28度です。みなさんが何故射手座なのか?はこれから考えていこうと思っていますが、現在が大きな決断の時期なのは間違いありません。

8日(水)は牡牛座に入った水星が天王星と合(0°)を作ります。知性の星=水星が革命の星=天王星に重なるので、新発見や斬新な考えなど、ポジティブな意味でもありますが、もともと天王星はマレフィックスと言われる凶星なので、ネガティブな側面(例えばクレイジーなど)も否定できません。この水星が天王星と合(0°)のアスペクトをあらかじめ頭に入れておくと、動揺による人為的災害を防く効果はあるはずです。

9日(木)は牡牛座の太陽が魚座の海王星とセキスタイル(60°)という、非常にやさしく思いやりのあるアスペクトを作ります。ボランティア活動や美しいビジョン作成など、私達にいい夢を見せてくれるでしょう。

10日(金)は前述の愛の星=金星が木星とトライン(120°)という大ラッキーな星の配置です。しかし、この日も7日と同じく、蔭に金星と冥王星のスクエア(90°)という伏兵を供えています。金星が木星+冥王星の力により、より大胆に新たなステージへと駆け上りたい願望が高まるかもしれません。やはり大きな転機を演出することになりそうです。

11日(土)は牡牛座の太陽が山羊座の土星とトライン(120°)という非常に安定したアスペクトを作ります。これを土台として、今後の流れが確定していくことになるでしょう、

12日(日)は惑星同士の重要なアスペクトはありません。ただ、獅子座の月が半月を作ります。「みなさん、今の流れでいきますよ!」と、確認を取られているような感じですね。今週は連休明けにふさわしく重要なアスペクト(星同士の関係)満載の一週間です。多分、これらの星達があなたの望んでいることや、努力すべきことをハッキリ自覚させてくれて、あなたの背中を押してくれると思います。

MAY 6 2019

瑛利奈

(C)ELINA

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です