牡牛座の太陽、令和へのイントロ

4/15~4/21

太陽を始め水星、金星など、多くの星の引っ越しが多い一週間です。まず、15日(月)は…前日の牡羊座の太陽と射手座の木星が作ったトライン(120°)に対して、獅子座の月が加わり、火象サインのグランドトラインが形成されます。これとは別に午前8時51分、魚座の金星が山羊座の冥王星と、こちらはセキスタイル(60°)を形成。双方ともいわゆるラッキーといわれる配置で、物事がスムーズに進行する一日になります。このチャンスは…特に牡羊座さん、獅子座さん、射手座さんにとってラッキーです。なかでも15日(前後)生まれの方はいい波を掴めるでしょう。同日夕刻、月が乙女座へ入ってから夜半に月が冥王星とトライン(120°)を作ります。これは新しい「何か」を期待するアスペクト(星同士の関係)です。余裕の一日の最後に新たな刺戟を求めながら一日が終わる…。こんな感じです。

16日(火)は…月、その他の惑星ともに好調なアスペクト(星同士の関係)がありません。この日の主なイベントとしては魚座の金星と射手座の木星のスクエア(90°)です。金星は愛情と喜びごとの惑星。木星は膨張拡大を表します。意味としては…「贅沢すぎる愛と消費の欲求」とでも言ったらいいかもしれません。これは魚座さん、並びに他のミュータブルサイン(双子座、乙女座、射手座)のみなさんは愛も、お金も、大切にする気持ちを忘れずに。

17日(水)は午後3時、水星が魚座から牡羊座へ移動します。水星がロマンチックな魚座から行動的な牡羊座へ入って、社会が気ぜわしい雰囲気に。GWや新元号が頭にチラついて、仕事のピッチを上げざるを得なくなるでしょう。

その後18日(木)は点検日。チェックする毎に多忙観が増してきます。

19日(金)は午後8時20分に満月です。ウィークディの最終日、仕事終わりに綺麗な満月が見えるはずです。

20日(土)、午後5時55分、太陽が牡牛座へ入場します。ここが「令和」の時代へのイントロになります。21日(日)午前1時10分には愛の星=金星も牡羊座へ入場。今週は…これで太陽系の中心から太陽、水星、金星と三つの天体が新たなサインへと移動したことになります。おまけとして…同じ日、午前1時38分、小惑星=ジュノーが蟹座へ入ります。ジュノーはいつもいうように「権利の主張」を表しますから、牡羊座の金星に対して、スクエア(90°)という喧嘩を売るような位置からの2惑星揃っての移動ですから、多少キナ臭い感じはありますね。モメそうな懸念のある相手と、この時期わざわざ会うのは得策ではないでしょう。また、太陽と内惑星(水星、金星)は新しいサインのごく若い度数を通過中で、まだ右も左も分からない状態ですから、何事もすぐに飛びつかないほうがいいかもしれません。星たちの持つ若いエネルギーを充填させてもらいながら、この先進むべき方向をじっくり見定めていくといいでしょう。

APR 15 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です