想いをシェアすることがテーマに

2/18~2/24

週が明けて…18日(月)は水瓶座最後の一日となります。午後4時54分、水瓶座29度の太陽は牡羊座のこちらも29度にいる天王星とセキスタイル(60°)の好調座相を作ります。もともと水瓶座は天王星が支配するサインです。天王星は改革を意味する自由で、進歩的な惑星です。そこを通過中の太陽が天王星といい関係を持つわけですから、これはいいアスペクト(星同士の関係)です。これを機会に自由で開放的な風が吹き込んでくることになり、いままでの閉塞状況を解決するヒントが見つかる可能性も…。

それと同時に山羊座では金星が土星と合(0°)を作ります。金星は愛情と金運の星ですが、これがシリアスな土星と出会うのは…「ありのままの現実を目(ま)の当たりにする」ということになります。金星を金運の惑星と考えれば、土星の管理下に置かれることは安定感を増す…つまりいいことなのですが、愛情問題に関しては必ずしも土星がいい影響を与えるとは限りません。中には…金星が土星と合(0°)になることにより、冒険を止める人もいるかもしれません。または、土星が今後の愛情問題の宿題を持ってきて、「お前はこれをクリアできるか?」と詰め寄ってくるように感じることもあり得ます。とりあえず、土星は金星の恣意的な動きを監視して、突っ走るのを止める役割をすることは確かです。

例を挙げると蟹座さんにとっては愛情や金運、人間関係の折り返し点に。ちょっと目の前を塞がれる感じがするでしょう。牡羊座と天秤座のあなたにとっては曲がり角になります。少しスローダウンが必要です。最後、いままさに金星と土星がいる山羊座さんにとっては…土星が妨害になるかというと、案外そうでもないのです。土星は現実と正解を見せてくれる惑星ですから、「やっぱり私が考えていたとおりだ!」と自信を深めることもあります。山羊座にとって土星はルーラー(支配星)ですから、CEOが自ら出てきて「よくやった!」と評価してくれて、意を強くする…こんな感じかもしれません。もしも、あなたが「正しい生き方をしている」と自負しているのなら、土星を怖れないことが大切です。

19日(火)午前8時3分太陽が水瓶座から魚座の0度へ入ります。同じ日の午後には魚座の15度で水星が海王星と合(0°)を形成します。ここから太陽系の軸足が魚座へと大きく変わります。これを以て、時代の雰囲気も、時々のニュースも魚座のテーマに衣替えすることになります。「魚座のテーマとは?」ですって?一言で表すと、「夢と同情心、想いをシェアすること」です。人に尽くすこと、自己犠牲、エンタメなども魚座のテーマです。また、魚座は一年のサイクルの最後のサインに当たり、今年度がそろそろ最終章へさしかかった印でもあります。

20日(水)は満月です。月の度数はちょうど乙女座の0度。そろそろ物事が完成を迎える暗示でもあります。20日(水)は正午前に魚座の水星が土星とセキスタイル(60°)という安定のアスペクトを形成。これは…昨日海王星と合(0°)になり、夢の中へ彷徨うか?と思われた水星を土星がシッカリと現実へ繋ぎ止める役割をしてくれます。つまり、19日(火)=水星&海王星、合(0°)…はアイデアを広げる日、20日(水)はこれをまとめる日。このように考るといいでしょう。

その後の重要なアスペクトは…23日(土)、山羊座の22度での金星と冥王星の合(0°)です。金星は前述のように愛と金運の惑星ですが、合(0°)の相手が太陽系の異端児、冥王星ともなると…深すぎてその影響力はなかなか一言では表せません。また、冥王星は非常に遠い上に質量も小さいので、私達当事者にはあまり自覚がないのです。リアルタイムで意識に上ることはなくても、後で考えるとこの頃から裏で問題が始まっていた…ということも多いかもしれません。度数は22度ですから…山羊座さんにとっては当事者、蟹座さんにとっては相手の問題。牡羊座さんにとっては上位者、天秤座さんにとっては足下…。このあたりにコトの発端がありそうですが、気にしすぎると前に進めなくなりそうなので、あまり冥王星の方ばかりに気を取られずに、目の前の問題に専念したほうがいいでしょう。

24日(日)は魚座の水星が冥王星とセキスタイル(60°)の好調座相を持ちます。こちらは23日(土)の合(0°)とは違い、あなたにとって有利な方へ形勢逆転のチャンスになります。また、何かのキッカケで秘密を解くカギが手に入ったりするかもしれません。謎解き有利のアスペクト(星同士の関係)です。

今週は太陽が水瓶座から魚座へ移動して、雰囲気が一変しそうな一週間です。時の流れが水象サインに支配されるように変わります。水象サインに星の分布が多い人には生きやすい時代かもしれません。かといって、水象サインに星が少ない人に不利かというと、そうでもないのです。水象サインに星がない、あるいは少ないあなたにとっては…心の渇きを潤してくれる貴重な期間になる…このように考えるといいですね。

FEB 18 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です