不吉な日食をリセット、新たな幸運へ

2/4~2/10

4日(月)早朝、金星が山羊座へ入場します。これは…1月7日以来、ほぼ一ヶ月ぶりのこと。金星は愛の惑星ですから、愛情運が射手座=火のサインから山羊座=地のサインへ移動したことになります。土星、冥王星に居座られて閉口していた山羊座さんや太陽や金星が牡牛座、乙女座の方には朗報といえるでしょう。

5日(火)午前6時3分、水瓶座の15度の新月。こちらも1月6日の日食、21日の月食という不吉なおかつ番狂わせが起きやすい不穏な流れにピリオドが打たれます。これからは論理性や約束事が通用するいつも通りの日々を取り戻すことができそうです。新月に願いをかけたいあなた、また心機一転してパワーアップしたい方々も心配することなくゴールへ向かって思いを貫いてください。今週はこれ以降も幸運なアスペクト(星同士の関係)が続きますから。

6日(水)~7日(木)は重要な惑星同士のアスペクト(星同士の関係)はありません。6日(水)は多くの小惑星たちがアスペクト(星同士の関係)を持つ日です。概して感情問題の調整日といえるでしょう。7日(木)は幸運へむけてのウォーミングアップの日という感じです。夢と現実、可能性と不可能性をシッカリ見極めることです。

8日(金)は…今季最高ともいうべきラッキーディです。昨年(2018年)の11月8日夜から射手座へ入った木星が、すでに射手座の18度まで度数を進めてきていますが、これに対して水瓶座の太陽がセキスタイル(60°)という幸運な座相を形成します。セキスタイル(60°)とは「手を伸ばせば幸運が手に入る」という幸運な関係です。太陽の進む速度は1日1度、そして木星も太陽の12分の1の速度で進んでいますから、太陽が木星と合(0°)を作って以来、昨年(2018年)の11月26日以来のラッキーな日となります。大きな目線で考えてみれば、今週の星はこの日のための準備期間だったといっても過言ではないでしょう。

「幸運の女神に後ろ髪はない」という諺は有名ですが、これは木星の幸運を射止めるための喩えです。つまり、「8日(金)の太陽&木星のセキスタイル(60°)のチャンスに乗りたいのなら、その前に行動せよ!」ということ。この記事を読んだあなた!できるだけ早く幸運を掴むための行動を起こしてください!木星はリクエストした人だけにプレゼントをくれる惑星です。「そんな馬鹿な!真面目にしていればいいことがあるんじゃないの?」と考えるあなた!それは思い違いです。木星は射幸心が強い、投機的な惑星なのです。たしかに真面目にしている人には「平凡な幸せ」を与えてくれるかもしれませんが、それは…お年玉年賀葉書でいうと切手シートくらいのものでしょう。日頃は謙虚なあなたでも、たまにはいち早く大声を上げてみるのもいいのではないでしょうか?

その後、週末も比較的穏やかな星の配置が続きます。10日(日)は…OFFの日ではありますが、仕事の惑星、水星が天王星とセキスタイル(60°)を形成。何か新しいことを勉強したい興味が湧くでしょう。10日(日)午後7時50分、夜の訪れとともに水星が魚座へ入場して、一週間が暮れていきます。

FEB 4 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です