欠けていく月とその後

1/28~2/3

今週は…半月から始まり、三日月へと次第に月が欠けていく静かな一週間です。この半月は…1月6日の新月&日食に始まった新たなサイクルがそろそろ収束に向かう最後の曲がり角になります。太陽が作る大きなアスペクト(星同士の関係)は30日(水)に水星との合(0°) しかなく、ダイナミックな動きにも欠けます。この日、日(水)は革命の惑星=天王星が義務を表す小惑星=ベスタとセキスタイル(60°)の調和座相を作って、「お互いに義務を守って穏やかにやりましょう」という穏健なおかつ保守的な考え方が一日の雰囲気を支配するでしょう。

31日(木)は…今週の中ではいちばんラッキーな日といえるかもしれません。夜明け頃、射手座の月が夢想的な惑星=海王星とスクエア(90°)…というロマンチックではあるが、心をかき乱すような座相を作りますが、午前9時23分、射手座の17度まで進んだ月が同じ位置で待ち構えていた幸運の惑星=木星と合(0°)でキャッチ!憧れを渇望して彷徨っていた心に喜びと楽しい手応えを与えてくれるでしょう。同日、午後11時過ぎには太陽系の外側で土星と海王星がセキスタイル(60°)の調和座相を形成します。保守と既存の規則厳守を唱える土星に海王星の持つ「奉仕」のキーワードが同意して、犠牲的精神を持たざるを得ない状況に。

金曜日からいよいよ2月。1日(金)早朝は射手座の月が金星や天王星と関わって楽しい一日の始まりとなりますが、夜に向けて次第に仕事の重みがのしかかって、ハードワークの虜となりそうです。

2日(土)午後12時19分、牡羊座の火星が山羊座の冥王星とスクエア(90°)という激しいぶつかり合いの座相を作ります。火星の度数は牡羊座21度ですが、その背後牡羊座28度には天王星が控えており、また、冥王星の前方、山羊座の15度には土星が待機しています。これに山羊座の月、ノードと小惑星=パラスを加えるとかなり多くの天体が揃ってグランドクロスを形成することになります。一度は治まった問題をまた刺戟するような衝動的な事件や過激な動きなど、心配な配置となります。

3日(日)は夜明け前までは前述のグランドクロスのポイントを月が刺戟していきます。その後、午前8時41分、愛の星=金星がラブロマンスの惑星=天王星とトライン(120°)という絶好調の関係を形成します。これは…これまでの波瀾万丈のエネルギーがすべて愛の力に変わっていく…といっていほどのミラクルな愛のチャンスです。「私、関係ないわ」と言わないで、あなたもこの不思議な波に乗れるよう、参加してみたらいかがでしょう?一歩踏み出せば、現実を変える扉はあなたを待っているのかもしれませんから。

JAN 28 2019

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です