木星が射手座へ、天王星が牡羊座へ

11/5~11/11

今週はダイナミックに星の配置が変わります。ひとつは…7日(水)に天王星が牡牛座から逆行して、もとの牡羊座に戻ること。もうひとつは…8日(木)、木星が蠍座から射手座へサインを変えることです。

天王星が逆行して牡羊座へ戻る7日(水)(日本時間)は…アメリカでは6日(火)、中間選挙の日に当たります。二年ぶりに上院は35議席、下院は435人全員が改選されます。大方の予想では上院は共和党、下院は民主党が獲るとの見方が多いようですが、少なくともこの中間選挙の結果は今後の世界情勢に大きな影響があることは確かです。

アメリカの中間選挙の開始は日本時間、午後8時からですが、選挙開始前にあたる6日(火)は太陽が海王星とトライン=好調(120°)だったり、月が火星とトライン(120°)だったりと、夢のある配置です。しかし、アメリカで中間選挙の当日午後にあたる7日(水)日本時間午前3時3分、天王星が牡羊座の29分の領域へと戻ります。ちょうどこの位置は月、金星とオポジション(180°)、ノードとスクエア(90°)にあたるため、グランドクロス。ノード(ドラゴンヘッド)というのは公共性が強いポイントですから、それがグランドクロスというのは…まさにアメリカ分断を暗示しますね。

今週のハイライトとしては…8日(木)午後9時36分、木星が一年ぶりにサインを変えて、射手座へ入場します。木星の公転周期は12年ですから、各サインをほぼ1年間かけて通過していくのです。木星はオールマイティーの幸運星ですから、この日から射手座の方には12年ぶりの幸運が降り注ぎ始めることになります。また、牡羊座、獅子座の方には4年ぶりの幸運になります。しかし、木星が射手座に滞在する一年間すべて幸運全開と解釈するのは早計で、それぞれの太陽など、各天体の度数にアプローチする二週間が最も幸運な時期となります。みなさん、自分の星の度数をよく調べて、幸運期を計算してください。分からない方は私の占星学サイト「瑛利奈の占星術チャートハウス」の掲示板で質問して下されば、お教えいたします。

その後、10日(土)午前0時、逆行中の金星が火星とトライン(120°)の好調座相を形成。愛情問題で良いことがありそうです。また、金星は金融も表しますから、株価も復調の兆しかもしれません。

射手座へ入った木星は2019年の12月3日まで射手座中を一度逆行、そして順行して通過していくことになります。これは…確実に新しい時代の幕開けになるでしょう。みなさんもよりグローバルな視点に立って、新たなビジョンを描いてみるといいかもしれません。

NOV 5 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です