蠍座の木星、最後の日々

10/29~11/4

昨年(2017年)の10月10日に木星が蠍座へ入ってから、早いもので、そろそろ蠍座の木星の時期の終わりが近づいています。今週は…蠍座の木星が一週間ずっと続く最後の週となりました。そのせいか?今週のアスペクト(星同士の関係)は木星に対してのものが7個と、一番多くなっています。天王星に対するアスペクト(星同士の関係)も同じく7個ですが、天王星の方も来週は逆行して牡羊座に戻るので、こちらの方も一週間まるまる牡牛座にいる最後の週というわけです。

29日(月)の星の配置は比較的穏やかで、アップダウン続きだった最近の動きをカバーするかのようです。午後8時4分、こちらも蠍座の老いた度数を通過中の水星が蠍座27度で木星と合(0°)を形成します。27度といえば賢者の度数。木星という恩師が蠍座を去る前に、水星という教え子に自分の趣旨を言い聞かせるかのようなアスペクトですね。木星が水星に高次の知識を伝授する形ですから、当然、知識を必要とする問題…例えば、試験勉強や契約書作成、法律問題の対策など…にはラッキーな知恵が授かる日となります。

30日(火)は重箱の隅をつつくような問題で、お互いに感情的になりやすい日です。あまり「言ったもん勝ち」ではなさそうなので、些末な問題を暴いたりすると後で引っ込みが付かなくなるでしょう。

31日(水)は…午後1時38分、水星が射手座へサインを変えます。また日没後には蠍座の金星が天王星とオポジション(180°)のアスペクトを作ります。またウォール・ストリートで一波乱あるかもしれません。このところ下げ続ける世界の株価ですが、これが下げ止まりとなって欲しいものです。(その可能性はあります)

11月1日(木)には現在逆行中の金星が蠍座から天秤座の領域まで戻ります。射手座の水星、天秤座の金星と、少しずつ蠍座離れの兆候が見えてきましたね。

ここから週末にかけて…主要な天体同士のメジャーアスペクトはありません。しかし月のアスペクト(星同士の関係)は比較的穏やかです。

2日(金)の午後はショッピングや目新しいものを探しに外出するにはよさそうな日です。月は乙女座にあるためエステやヒーリングにも最適です。

3日(土)はアミューズメント、エンタメ系のイベントが楽しめる日です。心を揺さぶられてしまいそうです。となると…告白などもいいかもしれません。

4日(日)は午後3時12分までは小惑星ジュノーが流れを支配します。家族や恋人同士で話し合いをすると、余計にややこしいことになるかもしれません。午後4時24分を過ぎると月が木星と調和して、リラックスタイムに!ここからは残りの休日をのんびりと過ごすといいでしょう。

OCT 29 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です