困難は25日まで。未来が見えてくる

10/22~10/28

天秤座の日々は24日(火)で終わり…。9月23日以来、太陽が天秤座に入場してから、いろいろと事件がありました。秋らしいさわやかな22日(月)、24時間すべて太陽が天秤座にいる最終日となります。

23日(火)午後8時21分、太陽は蠍座へと入って、さらに昼の時間は短くなっていきます。24日(水)、太陽がまだ蠍座の0度にいるうちに、牡牛座の0度まで逆行してきた天王星とオポジション(180°)の座相を形成します。天王星は衝動的なパワーを持つ革命の惑星です。この星と太陽のオポジション(180°)は、少なからず世界に波紋をもたらすはずです。無理をして調和を保ってきたものがはじけてしまう…そんな感じです。私達の我慢と忍耐に対する最後の挑戦状と考えたらいいでしょう。逆に現状を打破したいと思っている人にはキッカケとなる「何か」が訪れるかもしれません。

25日(木)午前1時42分、月が牡牛座の1度で満月。今週は…これを以て、波乱のリスクを秘めた星の配置が終わります。社会情勢も落ち着きを見せ始め、次第にいいニュースが多くなるでしょう。

これ以降初めての太陽が惑星と作るメジャーアスペクト(重要な星同士の関係)は…26日(金)午後11時過ぎの金星との合(0°)です。度数は蠍座の3度。これは…蠍座の方を始め、他の水象サイン(蟹座、魚座)の方に愛の幸せを運んでくれるでしょう。世の中全体も楽しい雰囲気に心がなごむはずです。

28日(日)には蠍座の太陽が山羊座の土星にセキスタイル(60°)の好調座相を作ります。これでようやく心の中の軸が落ちついたように感じるでしょう。

このところ、太陽に重要なアスペクト(星同士の関係)がなかったため、世の中は方向性が見えなくなり、リーダーシップ不在の傾向がありましたが、これでようやく現実的な着地点を見つけることになります。今週は蠍座を始め、論理的な思考を求める人々にはとても有り難い星の配置です。人生、たとえ苦しくとも、自分が納得して進めていくことにはさほど葛藤は伴わないはずです。自ら歩むその一歩の意味がはっきりと把握できていれば、長期の目標に向かって頑張れるようになるでしょう。

OCT 22 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です