感動の週末、理想の虹を見る…

8/13~8/19

先週は、天王星の逆行と先月から引き続き二度目の日食…という太陽系は荒れ模様の一週間でした。数多くの波乱のイベントを乗り越えて、今週の星の配置は無難なところへとこぎ着けてきたようです。

15日(月)は…このところ地球と最接近していた火星が、逆行しながら水瓶座から山羊座の領域へと戻っていきます。夏バテでまいっていた地のサインの方々(山羊座、牡牛座、乙女座)にはようやくエネルギーの惑星が相性のいいサインへ戻ってくるわけですから、体力的にちょっとひと息つけるでしょう。反対に水瓶座を始め風のサインの方(双子座、天秤座、水瓶座)にはパワーダウンとなります。特に水瓶座さんは火星が「弱味を見せず闘え!」と、指令を出していたものですから、その発信源となる火星が山羊座へ後退して、闘う意欲が尻つぼみになる可能性も…。

また、いままでの火星の位置は天王星というさらにバーストする惑星とスクエア(90°)という危険を孕む関係にあったため、牡牛座さん、獅子座さん、蠍座さんには有り難くない「闘え!」の指令でもあったのです。こちらの方々には強硬な指揮者が後退してくれて、ようやく落ち着きを取り戻せるかもしれません。

しかし、今週の太陽はこれといった主要なアスペクト(星同士の関係)を持たず、太陽も夏休み状態です。

その代わり19日(日)には知性の星=水星が金星とセキスタイル(60°)という楽しげなアスペクト(星同士の関係)を作ります。これは…私達に胸キュンをもたらします。若い感性を持つ二つの惑星が関わることによって、中には青春時代のような純愛を体験する人もいるでしょう。また、金星は芸術の星ですから、音楽のイベントなどで新鮮な感動を経験したり、インスピレーションが降りてきたりするシーンもあるかもしれません。

同じ19日(日)午後1時19分にはいままで逆行していた水星が獅子座の11度から順行し始めます。これでようやく事務手続きは順調に。その後、午後4時45分、幸運の星=木星が太陽系の中のいちばん遠い惑星=海王星とトライン(120°)という調和のアスペクト(星同士の関係)を形成します。これにより私達は高邁な理想を夢見るような気持ちになり、虹色の未来を予見することになります。

今週の私達は…数々の苦難を乗り越えて、青空の彼方に虹を見る…こんなイメージです。今のうちにみなさんも楽しい夢をたくさん掴んでおくことですね。

AUG 13 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です