天王星の逆行と再び日食

8/6~8/12

今週は…7日(火)に天王星の逆行、11日は先月に引き続いて再度日食…と懸念を生む星のイベントが多い週となります。

5日(日)夜、インドネシアのダイビングで有名なロンボク島でマグニチュード7.0の地震がありました。2004年のスマトラ島沖地震ほどの規模ではありませんが、先月、7月29日にも同じロンボク島でマグニチュード6.4の地震が起きています。7月29日といえば、皆既月食の翌日にあたります。これに加え、今週は地球を取り囲む太陽系の配置がかなり厳しいものになっているように思えます。

天王星が逆行する7日(火)は…午前8時28分、愛の星=金星が天秤座へ入りますが、そのほぼ同時刻(8時27分)に太陽の方は木星とスクエア(90°)を形成します。これは…太陽、木星、両者とも幸運な天体なのですが、スクエア(90°)という互いに確執を生むアスペクト(星同士の関係)ですから、双方のいいところよりも悪い性質を強調して露呈してしまう関係です。具体的には…太陽の権威主義と傲慢さ、木星の楽観過剰な性質から、幸運を過信してあとで失望するようなことになったり、権威に頼って過剰な恩恵を期待するなど、自分自身の努力を怠って、いい結果のみを期待する甘い判断をしやすいアスペクト(星同士の関係)なのです。しかし、太陽も木星もベネフィックスといわれる吉星なので、向こうから災難が降りかかってくるわけではありません。ついついこちらから、日頃の真面目さや謙虚さを忘れて、他力本願な気持や、「自分は特別だ」という自信過剰から心のワキが甘くなってしまうのです。

7日(火)午後10時14分、今年1月2日から逆行し始めた天王星が順行に向きを変えます。たしかに順行すれば、天王星の有用な面を発揮しやすいことにはなるのですが、地球から観ると天王星が目の前で一時ストップ(ステーションといいます)して方向転換することによって相当な煽りを受けるのです。

8日(水)は天秤座に入った金星が天秤座の1度まで進んで、逆行してきた火星とトライン(120°)という好調なアスペクトを作ります。これは愛のチャンスです。また、男性を表す惑星=火星の逆行からのトライン(120°)ですから、男性の方からこちらへ戻ってくる…と、考えざるを得ないですね。(笑)天秤座、水瓶座、そして双子座に太陽や金星を持つあなた!愛のチャンスかもしれません。

とはいいながら…現在は山羊座の3度に土星が目を光らせています。10日(金)には金星が天秤座の3度まで進んで、土星とスクエア(90°)という不調和なアスペクト(星同士の関係)を作ります。愛はさっそく現実の壁に突き当たることになるわけですが、これはカーディナルサインの方に影響があり(天秤座はカーディナルサインですから当事者になる可能性はありますが)、双子座さん、水瓶座さんにはさほど不利ではないので、彼が他の女と縁を切ってくる…というシナリオもアリかもしれませんね。(笑)

11日(土)は…午後6時46分を中心として、北極~ロシアにかけて部分日食があります。先月、7月13日の日食は南極周辺でしたが、黄道と白道の交差点=日食のポイントから地球が避けきれず、今度は北の極地方が引っかかる形です。部分日食ではありますが、私達のこころのどこかに影を落とすことにはなりそうです。

今週はそろそろ夏休みに入る方も多いと思いますが、太陽系の環境にはいろいろと懸念材料が残るようです。日食は地球の気象環境にも大きな影響があるといわれています。天王星の方はあまり科学的な立証があるとは聞きませんが、私は少なからずマークしているところです。夏休みの旅行は天気予報をよくチェックして、賢いスケジュールを立てて頂けることを願っております。

AUG 6 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です