ハードな星の下で…皆既月食

7/23~7/29

23日(月)午前6時、太陽が本来の座である獅子座へ入場。一足早く猛暑は来ていましたが、これを以て本格的な夏の幕開に。今までは蟹座の太陽を中心として太陽系が動いていたので、カーディナルサインという蟹座を含めた牡羊座、天秤座、山羊座に星が集まることが多かったのですが、これからは獅子座を中心とするフィックスドサインが運命の鍵を握ることになるでしょう。

蟹座を中心とする水象のグランドトラインという「物事がスムーズに進行する」配置が中心となっていたのは7月に入ってから先週までの流れです。今後は獅子座の太陽に対して、現在第一デークにいる牡牛座の天王星、水瓶座の火星が次々に不調和なアスペクト(星同士の関係)を形成していくことになります。

25日(水)には太陽が天王星とスクエア(90°)。この日は同時に乙女座の金星が海王星とオポジション(180°)という不調和な関係も形成されます。今までは通常国会も会期よりも二日前に閉会するというスムーズな流れでしたが、ここからはすべての事象が難航するモードに変わっていきます。(国会に関してはまるで星の動きを計算したかのような巧妙さでした)

26日(木)には獅子座の23度で水星が逆行。27日(金)には太陽が火星とオポジション(180°)を作ります。ここで太陽の度数は獅子座の4度です。

となると…フィックスドサイン(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)のみなさん、特に最初の方の生まれの方には影響があるかもしれません。フィックスド生まれのみなさんの性格上、そんなに早く弱音を吐くとは思えませんから、無理をして身体を壊さないよう、特に健康には注意をして欲しいですね。

このあと、28日(土)は今週最大のイベント、皆既月食です。今回は日本でも観測できるそうです。午前3時24分から月が欠け始め、4時30分に皆既食となります。そのまま月が沈んでいくそうですが、太陽が火星、天王星とT字スクエアで皆既月食とは!地球を中心として、太陽、月、火星、天王星が張り詰めた空気をもたらすことになるでしょう。しかしこの日の午前10時22分、乙女座の金星が冥王星にトライン(120°)という好座相を作ります。これにより新しい風がどっと吹き込むキッカケができるかもしれません。

今週は「闘い」がテーマの一週間になります。熱いからといって夏バテしている場合ではなさそうです。みなさんもイザという時のために体力を温存しておいたほうがいいかもしれませんね。

JUL 23 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です