太陽への刺戟減少。小じんまりした日々

1/22~1/28

先週末、20日(土)に太陽が水瓶座に入場して以来、太陽に主要な惑星とのアスペクト(星同士の関係)がありません。太陽のこの状態は今週いっぱい続くことになります。太陽が手をこまねいているなか、今週は…日本列島が寒波に覆われる模様です。

22日(月)午後10時半を廻ったころ、牡羊座の月は山羊座の土星とスクエア(90°)の不調和座相を形成。このあたりが最も先が見えない不安が高まる時間帯でしょう。

23日(火)は思いの外、ネガティブな配置はありません。むしろ「癒やし」がテーマになる一日になります。

今週の中では24日(水)がいちばんダイナミックな動きがありそうです。世間では…私達の予想以上に厳しい結論や制裁が下る日となりそうです。

25日(木)は知性の惑星、水星への刺戟が活発です。過去の計画を見直しながら、さらに良いアイディアを求めるには最適な日です。

26日(金)午後10時前、火星が蠍座から射手座へ入場します。このところ苦しんできた獅子座さん、水瓶座さんには朗報。苦難の時が終わりを告げる暗示です。

27日(土)は双子座の月が水瓶座の太陽とトライン(120°)の調和座相を形成。一日を通じてソフトな星の配置が多く、心配なくデートやショッピングを楽しめるでしょう。ただ、将来の約束を交わすには不確定要因が多すぎるかもしれません。

23日(日)は知性の星、水星が天王星とスクエア(90°)の不調和座相を中心として、権利の主張、義務の不履行についてなど、議論が多くなる傾向が…。そうはいいながら、逃げ腰で誤魔化していると、不利な立場に追い込まれるかもしれません。想定通りの落としどころが見つかりにくい日です。新たな提案や新しい道に幸運が宿るでしょう。

JAN 22 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です