今季のハイライト!夢を叶えるジャンプ台

1/8~1/14

あなたににはこれから叶えたい夢がありますか?また、チャレンジしたいテーマがありますか?それなら、今週のチャンスを逃すべきではありません!

昨年12月から順調な方向へと整ってきた太陽系の配置。太陽を中心として、今季のハイライト!ともいうべき惑星達のイベントが立て続けに起きる…。それが今週です!特に10日(水)までの週前半に記念すべきアスペクト(星同士の関係)がかたまって起きるのです。

まず、8日(月)夜には…太陽が木星とセキスタイル(60°)という好調な座相を作ります。昨年(2017年)の10月27日にも蠍座へ入った早々の木星に太陽が蠍座の3度で合(0°)になりましたが、それ以来、約二ヶ月半ぶりのラッキーな形です。たしかに今年3月には魚座でトライン(120°)の吉座相を作る機会はありますが、木星が順行している時に太陽が間に合わず、その後木星が逆行してきてようやくトライン(120°)で結ばれるのです。今回はセキスタイル(60°)というトライン(120°)よりはワンランク効果が低い座相ですが、木星が順行中であることに加えて、その他の惑星—金星、火星、海王星、プラス冥王星が小三角という好調な位置でサポートに回っています。その安定感はかなり分厚い…といっていいでしょう。今週はトランポリンのようなクッションの効いた太陽系の配置…とでもいったらいいかもしれません。これを逃す手はないと思いますよ!

—というのは、9日(火)にはまず、愛の星=金星が午前1時すぎに木星と合(0°)のアスペクト(星同士の関係)を作ります。その後、午後から夕方にかけて、太陽が金星と合(0°)、金星が冥王星と合(0°)、日没後には太陽が冥王星と合(0°)と、太陽、金星、冥王星の三つの天体がひとつの塊(かたまり)となっていきます。ただ、冥王星という半凶星が間に入っているのがちょっと微妙ですが、冥王星には「極限のパワー」という意味があります。あなたに「これは一生に一度のチャレンジだ!」という覚悟があれば、冥王星は「極限」という言葉に匹敵する大きな力を与えてくれることになるかもしれません。

10日(水)は火星が主役です。夜明けごろ、金星が火星とセキスタイル(60°)、昼過ぎには太陽が火星とセキスタイル(60°)を形成します。火星は戦いとアクションの惑星です。あなたの想いを行動に表すにはうってつけ配置です。スポーツの記録を狙うにも最適でしょう。

特にこの幸運を享受しやすいのは…まず、先週~今週生まれの山羊座さん。それに準じて地のサイン=牡牛座、乙女座の第二デーク生まれの人。次に蠍座、魚座、蟹座の特に第二デーク生まれの人。トータル的にはマイナスサインの人がジャンプしやすい星の配置といえます。

しかし、誰でもいくつかはマイナスサインの星を持っているはずです。その場合は、その星の持つ象意の事柄で頑張ってみるといいでしょう。また、今回は先月から新たに土星を迎え入れた山羊座を中心にして起きている星のイベントですから「山羊座のテーマ」で努力するのもいいと思います。「山羊座のテーマ」というのは仕事や権力構造、伝統など、世の中で王道として評価されているもの全般と考えて下さい。もしかすると今週の星はあなた、ひいては全世界の人々が既存の価値観にメスを入れるのに最もいい配置なのかもしれません。今週の小三角という形はラッキー、つまりソフト・アスペクトですから、その対象が私達が求める変化を柔軟に受け入れて、うまく取り込んでくれる…ということにもなります。メスを入れても相手はボロボロには壊れない、ということです。

11日(木)午後に水星が山羊座へ入場して、その後、週末の星はやや悲観的な色が強くなります。愛の告白やおねだりなどは控えて、状況分析をする客観的な姿勢に徹したほうがいいかもしれません。

JAN 8 2018

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です