星から寛ぎのプレゼント

12/25~12/31

世の中はクリスマスで賑わっていますが…。12月に入ってから星の動きはかなり前向きです。先週は12月20日に土星が山羊座へ入場して、一時はどうなることか?と思ったのですが、冬至とともに土星に太陽が合体。氷の星=土星とエネルギー源の太陽は、互いに性質は異なっていますが、相性はいいのです。太陽が土星に合(0°)の記念すべきアスペクトは…土星の具体性と太陽の前向きな性質により、私達の目の前に「何がいま大切」で、「必要なものは何か?」を指し示してくれたようです。

今週の星の配置は…先週一週間の間に土星の山羊座入場を含む数々のダイナミックな星のイベントが私達に提示してくれたテーマをそっと胸の中にしまって、「今はクリスマスと年末年始の休暇を楽しみなさいよ!」と、安らぎの期間を与えてくれているようです。

25日(月)は昼過ぎに愛の星=金星が山羊座へ入ります。それが早速、26日(火)の夜中には土星と合(0°)を作って土星の厳しさを和らげてくれます。金星の方の楽しさは半減しますが、ここは山羊座という現実的な性質が幸いして、愛や楽しみ事に具体的な方法論や進むべき道を示してくれることになるでしょう。例えば、「愛する人との関係は現在どこまで来ているか?」など、現在地を教えてくれます。

その後、28日(木)の午後3時ごろには蠍座の火星が魚座の海王星とトライン(120°)の好調座相に。海王星は理想主義で夢想的な惑星な上、奉仕的な性質が強いので、好戦的な火星を骨抜きにして、なだめてしまうでしょう。

その後も大晦日まで海王星や木星、また小惑星のセレスなど、ソフトな星のアスペクト(星同士の関係)が続きます。海王星は「お酒」という意味もありますから、気持ちよく、酔い心地のままで2017年は暮れていくことになります。

28日(木)の午後5時に月が土星とトライン(120°)というシリアスなアスペクト(星同士の関係)がありますから、現状をチェックして「ちょっと待った!」と言いたい方はこのタイミングまでですね。

星が与えてくれる片時のリラックス・タイムです。流れに逆らわず、大切に使うといいでしょう。

DEC 25 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です