気合いが入る一週間

12/18~12/24

週明けの18日(月)午後三時半、射手座の25度で新月。ここから新たな月のサイクルの始まりです。心新たに今後の夢を実現するためのスタートラインとなります。

今週はその後、今シーズンのクライマックス!ともいうべき星のイベントが続きます。その中で最も重要なイベントは…土星の動向でしょう。12月20日(水)午後1時49分、土星は山羊座へ入場します。土星が次のサインへ移動するのは2014年の12月24日以来、三年ぶりのことです。もっとも土星の軌道は公転周期約30年と長く、地球から観ると非常にゆっくり動いています。地球の軌道との関係で、2015年6月15日~9月18日まで蠍座の領域へ逆行していたことはありますが、最初に射手座へ入った2014年12月24日から数えて、ほぼ三年が経過しているのです。この三年間を「射手座の土星の時代」と考えて差し支えないでしょう。12月20日(水)から始まる山羊座の土星の時代は2020年3月22まで今後2年3ヶ月続くことになります。

また土星の周期30年をさかのぼって、前回の山羊座の土星入場はいつだったか?というと、1988年2月14日でした。年号は昭和63年、ちょうど平成に変わる前の年になります。時はバブルの最盛期でした。最近バブル期のダンスやファッションがもてはやされるのも土星の影響かもしれませんね。

もうひとつの重要なイベントは太陽の山羊座回帰、冬至です。太陽が山羊座へ入ったタイミングで日本の国や世界のチャートが新たな冬至図へ書き換えられるのです。こちらも今後の日本の運勢がどうなるのか?気になりますね。このところ、ずっと政府与党有利のチャートが続いてきましたが、今度の冬至図では与党はかなり追い詰められる…と。そして、国民感情はかなり政府に批判的…と出ています。しかし、国民はエキサイト…。冬季オリンピックもあるので、スポーツ熱が高まるのかもしれません。

22日(金)の冬至は深夜に太陽が山羊座へ入場して、その日の午前6時すぎには…すでに山羊座に控えている土星と合(0°)を形成します。これは…新入生がいきなり気合いを入れられるとでも言ったらいいのか?何事にもマジで取り組まざるを得ないような、本気モード突入のサインです。その他…惑星間の重要なアスペクト(星同士の関係)は21日(木)、金星の楽しそうなアスペクトを始め動きは概ね好調…。23日(土)から水星は逆行が終わって順行に。クリスマス前の今週は…盛りだくさんな一週間になりそうです。

DEC 18 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です