蠍座から射手座のテーマへ

11/20~11/26

先週に引き続き星は比較的穏やかな配置となっています。先週末18日(土)の蠍座の新月の後、週明けは射手座の月でスタート。

21日(火)、月は午前9時半ごろ、みなさんもご存じの通り、射手座の第三デーク(26度)を通過中の土星と合(0°)を作った後、午後4時14分に山羊座へ入るまでボイドとなります。その後、今週は惑星の主要なアスペクト(星同士の関係)がない中、午後8時26分には蠍座の金星が冥王星とセキスタイル(60°)を作ります。この時、先月から蠍座を通過してきた太陽の度数はすでに最終の度数である29度に。金星がセキスタイル(60°)を形成する相手の天体、冥王星は蠍座の主星です。21日(火)は…蠍座のテーマの締めくくりを暗示するような展開となっています。「蠍座のテーマ」とは—「秘めた情熱」や「執拗な真相探求」、「逆転と再生」など…。この日の星は…過去一ヶ月蠍座の日々の締めくくりとなるような、私達を「アッ!」と言わせるような大胆な結論を示してくれるでしょう。つまり、私達が興味を持って探求してきた過去一ヶ月のテーマの「総括の日」です。逆に執拗な追求を受ける立場だった人々にはこの21日(火)を難なくやり過ごせば「もう安泰!」と言えなくもないかもしれません。

22日(水)、午後12時5分、太陽は蠍座から射手座へ入場します。今までの重苦しい雰囲気はリセットされて、陽気で楽観的な射手座気質がもてはやされる期間となります。ただ、この日の午後8時過ぎ、今年の6月16日以来、逆行していた海王星が一度留まって(ステーション)、順行に向きを変えます。海王星は「海」のイメージの惑星ですが、海底のみならず地殻変動に関わりが深いのです。幸いマップで観ると、海王星ステーションの影響を受けるエリアから、日本はほんの少し東へ外れているようです。海王星は同時にテロの意味もありますが、こちらの方は逆行よりは順行の方が抜本的な解決のメドが立ちやすいかもしれません。しかし、この日の海王星ステーションが世界情勢にダラダラと波状的に影響を与えると予測するのは否めないところです。

今週は21日(火)~22日(水)にハイライトともいうべきイベントが集中しています。その後はこれらのテーマが持つパワーが様々なパートへ波及していくことになるでしょう。

26日(土)は午後8時ごろ、射手座の水星が牡羊座の海王星にトライン(120°)という好調座相を作ります。これはイノベーションの暗示です。私達はこれらの星に後押しされて、未知の領域に挑戦する勇気を感じるのかもしれません。

NOV 20 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です