部分月食。そして…ラッキーディ

8/7~8/13

週明けは台風5号が四国に急接近。これから日本列島を縦断する見込みでお天気は大荒れの予想です。星の配置もなにひとつ好調座相がなく、8日(火)の満月へ向かいます。

8日(火)の水瓶座の満月は日食を伴います。今度の月食は部分月食ですが、インド洋を中心に観測することができます。東京では午前0時50分から半影月食が始まり、午後2時22分56秒から部分月食へと移行していきます。最も大きく月が欠ける時刻は午前3時20分29秒。その後、午前4時18分が部分月食の終わりです。

今回の部分月食は日本で観察できる位置ですが、台風が接近している地方では、雲に邪魔されてしまいそうです。みなさんは月食を美しいものと思うかもしれませんが、占星学的にはちょっと不吉な暗示なのです。また、月食は必ず日食とセットになっていますから、この現象が古代から怖れられたり、忌み嫌われてきたのもわかりますね。

9日(水)の朝には月は水瓶座を抜けて魚座へ移動します。10日(木)は愛の星=金星のアスペクト(星同士の関係)が目立つ、繊細でウキウキする一日になりそうです。愛情問題やアートや音楽、また子育てなどがテーマとなるでしょう。感性を磨いたり、居心地の良い環境を作るには最適な日です。

11日(金)は獅子座の太陽が木星とセキスタイル(60°)という好調座相を作る、この夏最高のラッキーディです。そもそも太陽も木星も非常に大きな天体ですから、11日(金)だけでなく、本当は先週末あたりから幸運な大波は始まっていたのです。ただ、そこへ水を差したのが8日(火)の月食です。幸運に多少のキズはつきましたが「難アリ」のメロンのようなもので、上手く料理すれば美味しく頂くことはできるはずです。ただ「自己責任で」という但し書きが付くことになるかもしれません。

12日(土)も愛の星=金星が海王星と好調座相。そして慈愛の小惑星=セレスと合(0°)を作ります。夢と慈愛に満ちた土曜日になるでしょう。

13日(日)、午前9時56分から知性と通信の星の星=水星が逆行し始めます。順行に戻るのは9月5日です。この日から9月5日までは入籍は避けた方がいいでしょう。重要な書類作成にも同じく不向きです。この期間はメンテに充てるのが賢いやり方です。

今週は台風に始まって月食。また、太陽、木星の幸運なアスペクト、最後に水星の逆行と盛りだくさんにイベントがあります。星の配置は天気図と同じように日々違う顔を見せてくれます。みなさんも太陽系の顔色を見ながら、今日はご機嫌がいいのか?悪いのか?上手に察知して、サーフィンのように巧みに波に乗るようにすることですね。

AUG 7 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です