後半、荒波が襲う…!

7/31~8/6

明日から8月、今週は蠍座の半月で始まります。それでも31日(月)は今週の中では穏やかな配置。弱き者の立場を大切にする動きや、思いやり、癒やしなどにスポットが当たります。午後11時53分には愛の星、金星が蟹座へ入場。これより蟹座、蠍座、魚座の水のサインの方々には愛のチャンスが増えるでしょう。

8月1日(火)は昨日の流れが続きます。日々の積み重ねと種蒔きが大切な日。世の中も生活も大きく変えたい気持ちはありますが、周囲が邪魔をしてなかなか既成の壁を破れない、習慣を変えられないのがつらいところです。小さな世界のなかで汲々としてしまう日です。

今週の中では2日(水)は…射手座の月が火星、太陽と調和して、最も動きやすい日かもしれません。その気になっている「今」がチャンス。胸に秘めていた想いや新たなプランを思い切って行動に移してみることです。

3日(木)は安倍政権、内閣改造の日です。よりによってこの日は午前11時25分に天王星が逆行し始めます。そもそも天王星は2016年12月29日以来順行しており、「順行モード」は天王星が良い側面を発揮してくれていることを意味します。天王星の意味は「革命」ですが、これは…少なくとも今までの7ヶ月間は、天王星は大人しい方の顔を私達に見せていた…ということ。この日の逆行を境に天王星は…もうひとつの顔、クレイジーで過激な側面を私達の前に表すことになります。どこかで「これは面白いことになってきた!」という悪魔の囁きがきこえるかのようです。プライベートな問題を抱えているみなさんもこの悪魔の囁きに乗らないよう、十分注意してください。

4日(金)は女性の権利を主張する小惑星、ジュノーが目立つ日です。権利、義務の議論が至るところで繰り広げられるかもしれません。

5日(土)は午前3時過ぎに天秤座の17度を通過する木星が冥王星とスクエア(90°)を形成。これも今年の3月31日以来、4ヶ月ぶりの出来事です。幸い週末なので、仕事関係の揉め事は避けられそうですが、目先の正義感や問題を早く解決したい気持ちでことを急ぐと根深い問題を誘発する可能性があります。このような地球よりも外側の惑星同士のアスペクト(星同士の関係)は双方とも動きが遅いため、その影響はかなり長引くと考えていいでしょう。

6日(日)…心が決まらないまま、休日を過ごすことに。しかし、来週の満月は月食を伴います。後手に回ると取り返しが付かないことになるかもしれません。今のうちにできることを精一杯、努力することが大切です。

JUL 31 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です