21日(水)から新たな夏至図へ

6/19~6/25

第193通常国会は18日(日)、太陽が土星と対立したまま、150日間の会期を終えてバタバタと閉幕しました。その後、週明け19日(月)は清々しい空気のなかで夜が明けました。星の配置も概ね好調。19日(月)は天王星が新しい話題や視点を提供してくれたり、20日(火)は愛の星=金星が夢を見せてくれるなど、快調な滑り出しになりそうです。

21日(水)は午後1時22分、太陽が蟹座へ入り、夏至となります。ここから日本国を占うチャートは3月20日以来の春分図が新たな夏至図へと書き換えられます。どんどん下がり続ける安倍政権の支持率もこれを機会に持ち直していくでしょう。

23日(金)はコツコツと種まきをすれば、理想へ近づけるチャンスを見いだせる日です。24日(土)は蟹座の新月です。過去の流れにピリオドを打って、次の目標を決めたり、ゴールを設定し直したりするタイミングです。最近のあなた、思い通りに目標が達成できていますか?前向きに夢を追いかけていますか?この24日(土)の星はあなたに「諦めかけたこと、絶対捨てちゃ駄目だよ!リベンジしなさいよ!」と語りかけています。目まぐるしく変わる情勢のためか?あるいは、梅雨時のお天気のせいか?あなたはこのところ弱気になっているのではないですか?それともクールに生きようとするあまり情熱や執念を忘れようとしてはいないでしょうか?この日の星は…「想いの強い人が勝利者になるだろう」と告げているかのようです。

25日(日)は…火星の暴走が目立つ日です。「行動する前にチェックする」または「安請け合いはタブー」…。こんな言葉がキーワードになるでしょう。

JUN 19 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です