新たな視点で考えるとき

1/23~1/29

現地時間、1月20日、トランプ氏が米大統領に就任しましたが、その時の太陽の度数は水瓶座の0°50′でした。それ以来、水瓶座の太陽は他の惑星とまったくアスペクト(他の星との関係)を持たず、孤独な状態?(マイペース?)です。その流れは今週も続きます。動きがあるのは…パラパラと水星、金星が海王星や土星と関わるのみです。これは…トランプ氏が大統領に就任しても世界の情勢が既定路線から大きく外れることはない…ということでしょう。

今週の中で動きがありそうなのは28日(土)です。まず午前2時46分に前述のように魚座の金星が土星とスクエア(90°)を形成します。その後、午前9時5分に水瓶座の月が太陽と合(0°)になり新月。午後になって2時36分に魚座を通過していた火星が牡羊にサインを変えます。この日あたりが今週の最大のイベント、とハイライトの日といえましょう。

それまでは日常的な時間が淡々と流れる、といった暗示ですが、24日(火)から27日(金)にかけて私達の身近なところで「価値観の見極め直し」のような動きが繰り返し出てきそうです。

今週は…世界情勢の潮流の変化を予感して、今までと違う考え方を採り入れてみようか?と考えながら、いろいろと試行錯誤する週…とでも表現したらいいのかもしれません。新たな流れが見えてくるまでに。まずは足下の問題を片付ける…。このような気持ちで努力するといいでしょう。

JAN 23 2017

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です