海王星が隠していた闇の淵とは?

11/14~11/20

14日、今日の満月はスーパームーン。地球に最大に接近する満月です。その距離は356,509kmと、68年ぶりの大接近となります。占星学的には…月の引力がグッと地球にかかってきますから、自然界のみならず、社会現象にも負荷がかかることになるでしょう。問題を抱えている場合は持ち堪えきれずにパンク…という事態もあり得ます。しかし、それらの事象もいつかは表面化する時期を迎えるはずで、そのトリガーとなるのがたまたまこういった太陽系のテンションが張り詰めた時期になる…と、考えるのが妥当です。ですから、常に清廉潔白な人には関係のないことなのですが…。

それ以降、今週は比較的無難な星の配置が続きますが、18日(金)以降の海王星の動きが少し気になります。まず、18日(金)の未明、海王星がドラゴンテイルと合(0°)を作ります。海王星とドラゴンテイルという何ともオカルティックな組み合わせが、日に日に日暮れが早くなる蠍座の季節とあいまって、思いも寄らぬ非現実的な物事へ私達の関心を誘うのかもしれません。政治家や有名人の闇の一面がニュースになったり、オカルティックな社会現象が起きるなど、不思議な世界へ誘われてしまうことも…。

もうひとつ、実は…これが一番気になるイベントなのですが、20日(日)午前9時45分、今年の6月14日以来、逆行していた海王星が順行に向きを変えます。順行という前向き方向に転換するのですから、たしかにいいことなのですが、海王星がこの5ヶ月間に溜め続けてきた「たるんだもの」や「ダークなもの」がふるい落とされていくことになるでしょう。これは自然界の地殻変動などにもいえることです。とにもかくにも、私達が気を緩めてきたことや曖昧にしてきたこと…これらの問題が泥沼化する前に進んで解決する…こんな気構えが必要でしょう。

NOV 14 2016

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です