危険を孕む土曜日の星

7/25~7/31

先週、22日(金)の夜から太陽が獅子座へ移動して、いよいよ夏本番のはずなのですが…。首都圏は梅雨明けしないまま夏の日差しが照りつけています。

今週、太陽は獅子座の若い度数を通過していきますが、他の惑星と取り立ててメジャー・アスペクト(代表的な星同士の関係)を作るわけでもなく、金星や木星、土星など、他の惑星も星同士の絡みが今週はかなり希薄です。これは…良くも悪くも大きな結果を生むような出来事が置きにくい暗示です。世界情勢も、プライベートも大きな転機となるほどの事件は少ないでしょう。

中では知性とコミュニケーションの惑星、水星は…27日(水)に天王星とトライン(120°)を形成します。天王星は変化と革新の星ですから、私達の興味の対象が新しいものへと変わったり、何かに目覚めたりするキッカケとなっていきます。新しいものを開発したい気持ちや向学心などが盛り上がることになりそうです。

次に30日(土)の夜明け頃、水星が今度は火星とスクエア(90°)を作ります。同じく30日(土)の午前2時40分には天王星が逆行モードに進む方向を変えます。双方とも攻撃的な方向へ突っ走ろうとす衝動や危険な衝撃を作り出す星の配置です。つまり…今週の要注意日は【30日(土)】…ということになります。暴力的な事件や日常的な喧嘩、あるいはちょっとしたトラブルなど気をつけるに越したことはありません。

その後、31日(日)には水星が乙女座へ入場。この日は前日まで混乱していた頭の中も冷静さを取り戻し、今後の課題を客観的に観ることができるでしょう。

JUL 25 2016

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です