波乱を越えて最高の着地点へ

7/4~7/10

先週の運勢【愛の星、金星がリードする週】の中で、私は「7月1日(金)に多少の波乱はありますが…」と書いたのですが、この日、バングラデシュでレストラン襲撃テロ事件が起きてしまいました。深く哀悼の意を表します。

上の事件は金星が現在山羊座に残されている冥王星とオポジション(180°)を形成した日に起きていますが…。今週は7日(木)に水星が、8日(金)に太陽が…金星を追いかけるように同じポイントを通過します。水星、太陽はもちろん金星とは役割分担が違いますから、同じような問題が起きるわけではありません。しかし、今週はこの水、木の二日が要チェックのポイントとなることは確かでしょう。

以前にも書いたように現在(2016年)の夏至図にはミュータブルサインのグランドクロスがありますが、現在星が多く集まっている蟹座はこのグランドクロスを緩和してくれる「調停座相」といわれる有益な位置なのです。逆に先週の金曜日に冥王星に捕まってしまった金星はすでに先へ進んでおり、7日(木)には火星と好調座相を作ります。これは…愛情運が活発になるいい暗示ですが、同じ日の夜に今度は金星が天王星とスクエア(90°)という緊張を孕んだ…刺激的過ぎるアスペクト(星同士の関係)を作ります。このように考えるとやはり7日(木)~8日(金)は波瀾万丈の二日間といわざるを得ないですね。

現状に飽き足らず崖っぷちから飛び降りたい人や、旧悪を暴いて現体制をひっくり返したい場合などは効果的な星回りといえるでしょう。

その後、8日(金)の夕方からは波乱の気運も治まり、反対に今期最高のラッキーな配置へと流れは大きく転換していきます。今週を乗り切るためには…前向きな気持ちと勇気、そして一時的な不運から何かを掴み取っていく感性が必要です。現在、不利な立場に立たされているあなた、または、一触即発のリスクや長期的な苦悩を抱えているあなたも未来へのビジョンとチャンスを逃さない行動力を持ちましょう!そうすれば、必ず明るい未来を切り開いていけるはずです。

JUL 4 2016

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です