半影月食と緊張に満ちた惑星たち

3/21~3/27

20日(日)の春分の日以来、日本、ひいては世界のホロスコープは2016年の春分図に書き換えられました。しかし、新たな四半期の第一週目は…あいにくネガティブなスタートを切ることとなりました。

22日(火)午前9時16分に水星が牡羊座へ移動したあと、その後は殆ど困難な星の配置で終始してしまいます。特に23日(水)の日没後は木星が土星とスクエア(90°)という経済的破綻を暗示するアスペクト(星同士の関係)を形成します。その後、午後8時47分頃を中心に半影月食(Penumbral Lunar Eclipse)が起こります。今回の月食は月に落とす地球の影が本影ではなく、半影という周囲の薄い部分になります。その上日本は中心部を外れていますから、気付かないうちに月食が通り過ぎてしまう可能性もあるそうです。とはいえ、地球を挟んで正確に太陽と月が一直線に並ぶわけですから、この月食が地球上に暮らす私達に投げかける影も大きいはずです。

しかも今回の月食は前述の木星、土星のスクエア(90°)をほぼ同じ時刻に木星、土星を巻き込んで起こります。その後、25日(金)、26日(土)には…愛の星、金星が木星とオポジション(180°)、土星とスクエア(90°)というハードなアスペクト(星同士の関係)を作りますが、これらもほぼ同じ星の度数、つまり金星、木星、土星プラス海王星のT字スクエアという非常に張り詰めた配置となります。

その上、25日(金)午後6時19分に昨年の8月2日以来順行してきた土星が逆行に向きを変えます。これらを総合すると…今週はかなり大きなトレンドの変化のポイントとなる…と考えざるを得ません。

ここまで書くと、「ひゃ~!怖い」と震え上がる方も多いと思いますが、すべての方に直接的な悪影響があるというわけではありません。今回の星はかなり偏っているため、対象は特定の問題や物事に絞り込まれることになります。また、月食の影響は潜在的で、かなり後になってからでないと結果として認識されにくいものです。

今週の半影月食を始めとする金星、木星、土星、海王星の織りなすハードな星の配置は…世界経済や地域戦争、また不慮の事故など、ピンポイントでどこかの地域や問題を刺戟してくる可能性はたしかにあります。だからといってあなたも私達も不必要に怖れて毎日を過ごす必要はないのです。

ただ、これだけはいえるかもしれません。「もうそろそろ追い詰められるはずだ」と思いながら結論を先延ばしにして現実から逃げているあなた…。修正点や努力しなければならないポイントがわかっているのに面倒くさがっているあなた…。そして「もう、苦しい現実を受け入れなくては!」と思いながらそれを直視できていないあなた…。今週の星は…こんな人達に対して案外やさしく、はい、いくよ!」と、背中を押してくれるのかもしれません。

MAR 21 2016

瑛利奈

(C)ELINA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です