愛ちゃん、入籍は日食だった

最近、福原愛さんの離婚問題がマスコミを賑わしていますが…。そういえば「前に福原愛さんが入籍されたとき、私もこのブログに書いたなぁ」と思い出しました。この「瑛利奈のブログ」の検索窓で、「愛ちゃん」のキーワードを入れたら…出てきました!タイトルは 「福山ロスの次は愛ちゃん?! 」でした。この際「福山ロス」の方は置いておいて、福原愛さんの入籍の日はちょうど「日食」だったのです!

前の記事、「福山ロスの次は愛ちゃん?! 」は…福原愛さんの入籍の日が、いつも私が不吉と書いている日食と重なっていることに「私は少なからずショックを感じ」たという内容です。

今回の離婚騒動が騒がれ始めたのは今年の3月の初めくらいからだと思いますが、最初は江宏傑さんがモラハラ夫で家族ぐるみ…みたいな論調だったのが、次第に福原愛さんの不倫疑惑の方へマスコミの関心が移っていき、最近は離婚裁判とか、子どもの親権問題などが中心になってきています。そこで、私も前に書いた自分の記事をフォローするため、福原愛さんと江宏傑さんのホロスコープをもう一回観直してみました。福原愛さんの方は…いま愛の苦悩と人間関係の再編の時期が訪れているところでした。江宏傑さんの方は…出生時刻が分からないのですが…これから来年に向かって「愛の離別」の暗示が出ています。しかし、江宏傑さんの人生の転機はこれが始まりではなく、2019年の初頭くらいから仕事上の組織との「離別」があったように出ています。そうなると、「愛ちゃんとそのご主人とのこの離婚問題は仕事や環境に起因するもっと根深いものがあるな」と私は思いました。

そこで、とりあえずお二人の結婚生活や親御さんの状況など、調べてみたのです。調べれば調べるほど、福原愛さんを取り巻く、胸が重くなるような事情がいろいろあることに気が付いたのです。そこには女性が結婚する上での普遍的な苦悩…例えば、実家の親の問題や嫁ぎ先との関係が浮き出てきました。また福原愛さんの場合、国際結婚なのでさらに習慣や常識の違いなどもあるでしょう。また、私が調べたところでは、失礼ながら、キャリアの上で夫になる江宏傑さんの方がランキングが遥かに低い…などもありました。いちばんのポイントは福原愛さんの母親の介護の問題です。なるほど、「宿命ともいえるような苦悩がいっぱいあるのだなぁ」と感じながら、非常に悲しい想いで胸が重くなってしまいました。

ホロスコープを観るとお二人の相性はとてもいいのですが、ただ、愛ちゃんも宏傑さんも愛情の星=金星が非常に傷ついている(アスペクトが悪い)のです。愛ちゃんの方は金星が火星、土星、天王星、海王星に傷つけられてはいますが、オールマイティの幸運星=木星とはトライン(120°)という絶好調で守られています。スター性があるということです。しかし、宏傑さんの方は火星、木星に傷つけられています。ただ、火星も木星も熱気の星ですから、ガ~っと進んで、激変するタイプなので、状況を見ながら愛をコントロールするのが下手なのでしょう。分かりやすくいうと、「悲観的な愛ちゃん」と「イケイケ過ぎる宏傑さん」という感じです。

さらに!もうひとつ、気が付いたことが!宏傑さんは1989年生まれですが、ちょうど月食の日の翌日の生まれでした。こういうとジェンダーフリーの方に叱られそうですが、占星学では…太陽は夫、月は妻を表します。それが、入籍の日が日食、そして結婚相手が月食の翌日の生まれ…となると、たしかに古来からの「夫観」、「妻観」、そして「結婚観」というものを検証しないで暗闇の中で入籍してしてしまう…こういうことになるのかもしれません。しかし、江宏傑さんは「理詰めで自分の持論を貫きたい!」という星の真っただ中です。福原愛さんの心の中には苦悩が残るかもしれませんが、「やむなし」というところですね。

APR 30 2021

瑛利奈

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です