籠池証人のホロスコープを作成!

テレビでは…朝から森友学園、籠池理事長の話題で持ちきりです。昨日の証人喚問で籠池氏が宣誓するところを見ました!なんと、証人喚問では氏名とともに生年月日も名乗るのですね。籠池理事長はかなり個性的な人物なので、私はかねがね彼のホロスコープを作ってみたくて、生年月日を探していたところでした。昨日たまたまテレビ中継の宣誓の場面で誕生日を知ることができ、ラッキーでした(私が)。私は急いでメモを取ると、早速ホロスコープを作ってみました。左が籠池泰典氏のホロスコープです。出生時刻は不明なため、太陽を東の地平線上に置いています。

予想に違わない見応えのあるチャートですね。太陽が水瓶座の18°で、太陽を挟んで月と、木星、冥王星の4つの天体がグランドクロスを形成しています。そのグランドクロスに土星も海王星も参加していないですね。海王星が太陽や水星にスクエア(90°)の場合は政治家によくある「虚言癖」を表しますが、彼の場合はそうではありません。水星はむしろ海王星とトライン(120°)、特に土星とトライン(120°)を組んでいますから、調子がよくて、感情的で、大ざっぱであるかのように見える外見とは違い、案外細心にことを計画するタイプのようです。グランドクロスの一角をなす月のサインが蠍座のところなど、まさしくダークな感じですね。

また、籠池氏の太陽の度数をサビアンシンボルで見ると、ワードは「森の山火事を火消しする」で、「森友学園」の「森」の字まで入っていて、不謹慎ではありますが、笑ってしまうほどです。

もうひとつ、驚いたのは総理大臣の昭恵夫人との相性です。小池都知事と石原さんも宿命の相性ですが、こちらも因縁の相性です。籠池氏の太陽の度数が水瓶座の18°、昭恵夫人の太陽は双子座の18°。これはピッタリトライン(120°)!非常に良い相性です。また籠池氏の月が蠍座の17°近辺(生時不明のため)、昭恵夫人の月は乙女座の17°前後ですから、こちらはセキスタイル(60°)で、やはり非常にウマが合う関係です。もうひとつ特徴的なのは…籠池氏の太陽に昭恵夫人の土星が合(0°)、ピッタリ着いていることです。石原元都知事VS小池都知事の方もやはり石原氏の太陽に小池さんの土星が合(0°)でした。太陽、土星の合(0°)は腐れ縁の相性の典型的なものです。たしかに総理夫人と一介の幼稚園の経営者がこれだけ密な繋がりを持つようになるのですから、星同士が惹かれているのも納得、といえば納得です。

ただ、ひとつ私は心配なことを発見してしまいました。籠池氏の将来の運勢に暗雲が立ちこめているのはわかるのですが、昭恵夫人のプログレス(進行座相、人生のシナリオ)にもこれから一生で一回の試練が訪れる…と出ています。昭恵夫人、大丈夫でしょうか?もっとも、ファーストレディが現在も疑わしい立場に置かれているわけですから、すでに試練なのかもしれませんが…。籠池氏が提出したファクスではありませんが、まさしく「当方としても見守ってまいりたいと思います」です。

瑛利奈


コメントを残す