今日(9月17日)は半影月食

lunar_eclipse今日、9月17日は月食でした。正確には半影月食でしたが、月がいちばん欠けて見える時刻は午前3時54分。しかし、その時間、私のいる横浜の空は雲で覆われていたみたいです。左の写真は月が欠け始めた午前2時頃のものです。

今回は半影月食の上、下の図のように日本列島は食の中心から外れているので、肉眼では殆ど気付かないくらいのものだったようです。

ただ、月食も日食と同様、月が覆い隠されてしまう現象ですから、占星学的にはあまり歓迎すべきものではないのです…。ただ、私に限ってはもともとアマノジャクな性格のせいか?9月1日の日食から始まっていつもより活発に活動したくなったりと、少々困っています。しかし、日食、月食は不吉とはいいながら、新しい視点から自分を見つめ直すにはいいのかもしれません。また、「『食』は不吉」とはいえ、一般的な星の動きほど即効性はないものです。数ヶ月経って、その問題が流れてから、「そういえばあの時は日食の時期だったな…」と気がついたりすることがあったりする…こんな感じです。

最近は東京都の築地市場移転問題がマスコミで話題になっていますが、床下や地下水に関心が集まるなど、魚座の月が起こすこの月食とテーマがかなり似ていますね。前述のように日食~月食そして月の新月までの期間に提示された問題は有耶無耶のうちに幕が引かれるのが通例ですが、この問題もそのような結末に終わってしまうのでしょうか?芸能人や議員のスキャンダルなどと違ってこの問題は最後までキチッと見届けて、詰めてもらいたいものです。

path-20160917

瑛利奈


9月1日の金環食とアンタレス

SE2016Sep01A9月は日食とともにスタートしました。猛威を振るった台風もまずは過ぎ去って、心なしか秋の空気が訪れたようですが…。すでに昨日になりましたが、9月1日午後6時8分、アフリカ~マダガスカル~南太平洋で日食、今回は金環食が観られました。左の図がそれぞれの時間帯に月が地球へ落とした影です。黒い部分がちょうど日食だったワケです。いつも書くことですが、日食は占星学的には不吉な暗示なので、仕事柄、ついついこの日食が落とす影が私達にどんな影響を及ぼすのか?が気になってしまいます。

日本で日食が中心部にさしかかる(目で見ることはできませんが)日本時間18:08のチャートがどんなものか?ホロスコープを作ってみました(下に参照)。乙女座9°の太陽。月は向かい側にある海王星とオポジション(180°)、ホロスコープの頂点にある火星、土星とスクエア(90°)で、T字スクエアを作っています。テンションがギリギリに締め上げられたような緊張感に満ちた形をしていますね。また、目に付いてしまったのですが、MC付近にいる土星の度数です。射手座の10°04′でフィックスドスター(恒星)アンタレスと非常にタイトに合(0°)になっています!アンタレスというのは古代ペルシャのロイヤルスターのひとつで、ちょうど蠍座の心臓にあたります。

アンタレスの性質は火星+木星といわれ、スケールの大きな成功を意味しますが、同時に取り憑かれたような執念による破滅を導く…ともいわれています。キーワードは「名誉と暴力」です。今回の日食ではこの恒星が合(0°)…。日本ではこの土星が位置する場所は9ハウスで、外国や宗教、哲学を意味するハウスです。ここで土星がアンタレスと合(0°)ですか!しかも日食の翌日の今日、午後12時18分に早速太陽が土星とスクエア(90°)を作りました。もともと太陽と土星はスクエアなんでしょ?ですって?そうそう、☆を観るとき、オーブ(許容範囲)というのがあって、今回の場合、太陽と土星は前日もスクエアの関係にはあったのですが、今日のお昼、オープ(許容範囲)0という正確なアスペクト(星同士の関係)を形成したのです。

土星は制限、保身を意味しますから、どうもアンタレスの良い方の性質…つまり、壮大な成功の性質を引き出すとは考えにくいですね。特に左の図で月の影になる地帯が気になります。日食の二週間後の9月17日(土)には次のイベント、月食が起こります。そして、次の新月が訪れるまで、ゆっくりと見守っていこうと思います。

瑛利奈

eclipse_20160901_horo


イタリーからタロットが届きました!

このところ イギリスがユーロ離脱か?残留か?といういわゆる “BREXIT” 騒ぎ大変なようです。結果はもうすぐ発表になるそうですが、おかげでユーロ(通貨)が安くなったので、私もイタリーからタロットを購入しました。昔から愛用しているもう3,4代目になるデッキやオズワルト・ウィルとのゴールド版など、4デッキ、先週注文したのですが、もう昨日届きました。

左手前にある『Tuffo nel Mistero』、英語名で『Plunge into Mystery Tarot』というタロットは私の大好きなルイージ・スカピニ氏作です。写真で見るよりも小判でそれはちょっと残念だったのですが、小アルカナを入れて62枚しかないという変わり種です。まだこれを使って占っていないので、使い勝手は何ともいえませんが、数札が1~6までしかないのです。スカピニ氏のことですから、「これだけ書いたんだから十分だろ!」ということにしたのかもしれませんね。(笑)さすがイタリー的です!実際にこれらのカードを使うのが楽しみです。

瑛利奈

new_decks


前の月食は…福山ロスの日だった

もうみなさんはお忘れかもしれませんが、「2016年3月9日、日食の星は?」を書いた時、お約束したことがありました。あれからかなりな日数が経つのにまだお約束を果たさずにいて申し訳ありません。それは…昨年の月食の日のことでした。

私はよく「日食や月食は不吉」と書いていますが、昨年、2015年9月28日は皆既月食でした。その日更新した『瑛利奈の “This Week”』にはこう書きました。

「【月曜日、月食!闇が支配する週】中秋の名月から一夜明けた9月28日(月)…。スーパームーンと呼ばれる満月ですが、実はこのスーパームーン、皆既月食を伴って起きるのです。日本時間では午前11時台なので、日本では見ることはできませんが、大西洋を中心としてアメリカ大陸~ヨーロッパを覆う広い地域でこの皆既月食を観測できます。つまり今週は「皆既月食」という闇に包まれた一週間…ということになります。」

あいにく日本では観測できない月食でしたし、また、日食や月食、いわゆる「食」の影響はあまり即効性があるものではないのですが、「日食の影響は今後どんなものになるのか?」と考えていました。この日の午後、私はぼんやりとテレビを観ていたところ…。番組途中なのに画面の上にテロップが流れました。「何か事件?」とよく見ると、「速報福山雅治結婚!」の文字が!これが当時騒がれた「福山ロス」の日だったのです!私は「あー、これだったのか!」と私はヒザを叩いて感心しました。月食とは…人間にとって最も大切なもの=太陽が月に邪魔されて隠れてしまう現象です。占星学では「月」は「妻」を表しますから、福山ファンにとって最も大切な存在=福山さんが月の陰に隠されてしまう…。私はひそかに「占星学の神様は何てウィットに富んだ回答を出すんだろう!」と、とても感心したのでした。

後で調べたところに寄ると、この日は結婚のお相手、吹石一恵さんのお誕生日だったらしいですね。ただ、そうなると吹石さんにとっても出生時の太陽に月食が重なるのですから、影響はあるでしょう。でも、結婚を機会に芸能界から引退するらしいので、影に隠れることはさほど問題ないのかもしれません。

それから今年の3月9日、23日と、再度日食~月食の周期が巡ってきて、ちょうどその頃から福山雅治さんがよくメディアに出るようになったのは面白い現象ですね。次の日食~月食のサイクルで前の影響がリセットされたようにも見えます。しかし、結婚、入籍の日と月食が重なるのはあまり有り難いことではないので、このテーマの未来をもう少し見守っていこうと思います。

瑛利奈

2015_Sep_28.


もう満開のさくら!

夕べは半影月食でしたが、私はうっかりと見逃してしまいました。一夜明けて…すっかり冬に逆戻りですね。

一昨日のことですが、秦野の水無川沿いで満開のさくらを見つけました。付近の木はまだまったく咲いていないのに、この小さな公園で二本だけすでに満開!ソメイヨシノにかなり似ていますが、花の色が少し白いようにも見えます。なんという品種なのでしょうね?

Hadano_sakura

瑛利奈


2016年3月23日、半影月食

2016_Mar_moon3月23日、午後8時48分頃を中心として日本でも半影月食が見られそうです。

月食は満月の時に起きる現象ですが…昨日は満月の前の日。月の出の時刻、東の空にあやしげな魅力を秘めた月が…。私が足を止めて写真を撮っていたら、後ろを歩いていた外国人の女性もやはりシャッターを切っていました。私が二枚目三枚目を撮影している間に、彼女は私を追い抜いて、ふり向きざまに微笑むと「Beautiful Moon!」という言葉を残して去っていきました。

下は今回の半影月食の図です。大西洋の黒で塗られた部分を除く両サイドの白いエリアで月食を観察できます。

瑛利奈

 

 

 

2016_Mar_23.

 

 

 


2016年3月9日、日食の星は?

続いて3月9日の日食ですが…。かなり特異な星の配置になっていますね。下のホロスコープを見て頂けばわかるように、たくさんの星が魚座の太陽、月の周りに集まっています。また、驚くことに太陽、月は土星、木星とハードなアスペクト(星同士の関係)を形成したばかりというタイミングです。太陽、土星のスクエア(90°)は3月6日、太陽、、木星のオポジション(180°)は3月8日の夜と、かなりタイトなT字スクエアになっています。しかも射手座へ入ったばかりの火星も魚座の星の群れの先頭の方の惑星につられてT字スクエアに巻き込まれる形です。

結果、この日のホロスコープは太陽、月、水星、火星、木星、土星、海王星の計7個の天体がミュータブルサイン(変移サイン)にあり、おまけに日食の時間帯のASC、MCも双子座、魚座とミュータブルサイン(変移サイン)中です。ただでさえ日食は不穏なものですが、この偏った星の配置は何を起こすのか?少々気にかかります。

私はいつも「日食は不吉」といっていますが、不運は「怖れの気持ち」が招くといいます。必要以上に心配することはないですが、私の過去の経験から考えると日食前後に計画した物事は文字通り「日の目を見ないで終わる」ことが多いような気がします。また、現在の日本の運勢(冬至図)では…この日食は11ハウスという衆議院や議会を表すハウスで起きています。これでは何も決まらず、年度末を控えて困った事態となってしまいますね。しかし個人の場合は…3月9日の日食~4月に次の新月を迎えて月のサイクルがリセットされるまではあなたのアイディアを温める期間にあてたらいいでしょう。といいつつ、今のうちに「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ!」とバタバタしている私なのでした。

お約束の昨年九月の日食~月食(思い返せば月食の日でした!)のエピソードはすぐ書きますので、引き続きお楽しみに。

瑛利奈

eclipse_20160309_horo

 


2016年3月9日、日本では…部分日食

3月9日(水)、日本時間午前10時58分頃を中心として日本でも部分日食を観測することができます。天文学好きの方にはワクワクするようなイベントですが、いつもいうように占星学では日食は不吉な兆候…。せっかく少し持ち直してきた世の中の情勢にまたもや暗い影を落とすのか!と、少々気にかかるところです。

下はNASAが発表した日食が起きる地帯を表した図ですが、今度の皆既日食の中心は日本の明石あたりから南下したちょうど赤道の真上あたりになるようです。先日もスマトラ島沖でM7.8の大きな地震があったばかりですし、地球への影響も気になりますが、最近の例から観ると…株価へ大打撃!ということが最も懸念されるところです。「瑛利奈の山手タロット館」の中のMENU、「瑛利奈の今週の運勢」を書くようになってから特に感じるのは…星の配置の吉凶があまりにもダイレクトに株価へ反映されること。投資家の心理が非常にナーバスなのは想像できますが、こんなにもあからさまにホロスコープと連動しているとは!予想以上でした。前回の日食は2015年9月13日でしたが、その後9月28日の皆既月食を経て次の新月までの約一ヶ月間、日経平均株価は昨年の最低値を打ち続けていたのでした。

また、前回の皆既月食に関しては非常に面白い話があるのですが、それが…タイミングを逸してしまって書かずじまいになっています。今回の日食を機会に次回是非書いておきたいと思います。みなさま、お楽しみに。

瑛利奈

eclipse_20160309

 


獅子座最後の日に

hanabi08222015

夏を象徴する獅子座の日々も今日が最後となりました。今夜19時34扮をもって、太陽は乙女座へサインを変えます。夕べは、どこか遠くで雷が鳴っているのか?と思い、窓を開けてみると…東京湾のずっと先の方に花火が!こちらから見ると直径1センチくらいに小さな輪が開いたり、消えたりしていました。検索してみると、鶴見川の花火大会だったようです。

また、ずい分日が経ってしまいましたが、下は8月4日のみなとみらいの花火大会の写真です。この日は想像を上回る花火の数。寂しかった震災の頃を思うと世の中の雰囲気も変わったものです。

花火の話題は獅子座の時期を逃すと季節外れになりそなので、慌ててアップした次第です。

瑛利奈

hanabi2015_0804

 


1 2 3 4 5 7