2016年3月9日、日食の星は?

続いて3月9日の日食ですが…。かなり特異な星の配置になっていますね。下のホロスコープを見て頂けばわかるように、たくさんの星が魚座の太陽、月の周りに集まっています。また、驚くことに太陽、月は土星、木星とハードなアスペクト(星同士の関係)を形成したばかりというタイミングです。太陽、土星のスクエア(90°)は3月6日、太陽、、木星のオポジション(180°)は3月8日の夜と、かなりタイトなT字スクエアになっています。しかも射手座へ入ったばかりの火星も魚座の星の群れの先頭の方の惑星につられてT字スクエアに巻き込まれる形です。

結果、この日のホロスコープは太陽、月、水星、火星、木星、土星、海王星の計7個の天体がミュータブルサイン(変移サイン)にあり、おまけに日食の時間帯のASC、MCも双子座、魚座とミュータブルサイン(変移サイン)中です。ただでさえ日食は不穏なものですが、この偏った星の配置は何を起こすのか?少々気にかかります。

私はいつも「日食は不吉」といっていますが、不運は「怖れの気持ち」が招くといいます。必要以上に心配することはないですが、私の過去の経験から考えると日食前後に計画した物事は文字通り「日の目を見ないで終わる」ことが多いような気がします。また、現在の日本の運勢(冬至図)では…この日食は11ハウスという衆議院や議会を表すハウスで起きています。これでは何も決まらず、年度末を控えて困った事態となってしまいますね。しかし個人の場合は…3月9日の日食~4月に次の新月を迎えて月のサイクルがリセットされるまではあなたのアイディアを温める期間にあてたらいいでしょう。といいつつ、今のうちに「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ!」とバタバタしている私なのでした。

お約束の昨年九月の日食~月食(思い返せば月食の日でした!)のエピソードはすぐ書きますので、引き続きお楽しみに。

瑛利奈

eclipse_20160309_horo

 


コメントを残す