習近平氏は双子座だった…

今月7、8日、米カリフォルニア州パームスプリングズ近郊の保養施設で米中首脳会談が行われていますが、その内容はテレビの報道番組では「和やかに歓談」などと報じていますが、インターネットのニュースでは「米中、尖閣で決裂」などと書かれていて、そのニュアンスの違いに驚かされます。また、もうひとつ、これは私が個人的に驚いたことがあるのですが…。実は私は昨日まで習近平氏は牡牛座だとばかり思い込んでいました。牡牛座のリーダーというと、古くはヒットラーや、またイラクのフセイン元大統領などが有名で、強権的で牡牛座のテーマである領土にこだわる覇権主義者…というのが占星学的な常識ですから「あぁ、習近平もやっぱり!」という目で見ていたのです。ところが今日ウィキペディアなどで調べてみると習近平主席は6月1日生まれの双子座ではありませんか!私は「目からウロコ」だと感じながら習近平氏のホロスコープを作ってみました。

習近平氏は—太陽=双子座、水星=双子座、それに火星、木星も双子座で双子座に主要な星が集中しています。それに加えて土星と海王星が天秤座。双子座も天秤座も風象サインですから、主要な惑星10個のうち6個までが風象サインということになります。このチャートを観ていて、「誰かに似ているな」と思ったのですが、考えてみれば小沢一郎氏に星の分布が似ているではありませんか!

思えば、民主党政権の頃、小沢さんが習近平を日本へ連れてきて、無理矢理天皇陛下に引き合わせたり、意気投合していたのを思い出しました。

下の図からもわかるように習近平も小沢一郎も二人とも太陽、水星、木星が双子座。そして金星は牡羊座。冥王星は獅子座(これは誰でも年が近ければ同じになりますが)。その他、月のサインは習近平が山羊座で小沢さんは乙女座ですが、両者とも地象サインというところは同じ…。

一方、習近平の方は太陽に合(0°)の天体が木星で、小沢一郎は天王星ですから、習氏の方が全然穏やかです。しかし習近平のチャートはなかなかシッポを出さなそうな駆け引き上手、演技上手の奥が深いクセ者っぽいですね。

—となると、現在見せている強硬な態度は…中国国民と中国共産党向けに演技をしているだけなのでしょうか?

瑛利奈

Junping_XiXi_Ozawa


コメントを残す