■タロット占いとは ■タロットの歴史 ■タロットは魔術 ■カード/デッキ紹介 ■愛を占う ■ガイド

タロットリーディングのポイント

まず基本はカードと信頼関係を持つことです。
無理に言うことを聞かせようとしたり、「いいことだけ信じよう」、「いい結果が出るまで占う」こういう人はよくいます。こんなことなら占わないほうが余程ましです。
 たとえインターネット経由でコンピューターが出すカードでもタロットの 象徴に全く変わりがありません。むしろ物質として外界の悪いバイブレーシ ョンに触れていない、物理的な拘束に制限されない(例えばテーブルが狭い とか)ため、より素直にあなたの精神とやりとりが出来ます。
 カードは人間以上の高い人格を持っています。まず、カードの良識を信じ ましょう。

 次ぎにカードに依存しすぎないことです。カードは常にあなたの立場にな って味方してくれるとは限らないからです。硬いことを言って突き放される 場合もあります。カードが客観的な見地からアドバイスしてくれることによ って反省にもなります。

 また、最終結果に囚われないことです。最終結果の札が悪くてもその他の 札がよければ願望達成の可能性は濃厚です。こういうときは最終カードの悪 い意味の「逆」の行動をとるように努力して下さい。

 また、最終結果のみよい場合は願望達成はベストを尽くさないと難しいで しょう。土壇場まで手を尽くしてやっと願いが叶います。

 設問は具体的なほどよいでしょう。カードは切実な質問には親切に答えて くれるものです。
「恋愛運」の場合は具体的な相手を設定して下さい。 「仕事運」も問題を絞り込んで占ったほうが多くのヒントを得られるでしょ う。

 瑛利奈の「山手タロット館」で占う場合最終判断をするのはあなたです。 自分のひらめきを大事にして下さい。 「私がこう思うんだからこうなんだ!」リーディングはあなた式にどんど んアレンジして解釈して下さい。
タロットはあなたのひらめきや潜在意識との会話を助けるツールだと思っ て下さい。


タロットのレイアウト(展開法)---スプレッドと呼びます




恋愛
ヘキサグラムについて





1,過去、2,現在、3,近い未来、4,対応策、
5,周囲の状況、6,願望の行方、7,最終結果


ポピュラーなスプレッド。
7枚のカードが魔術の象徴、六芒星をかたどっている。
恋愛を占うときは必ず相手を想定して下さい。
相手のいない人は「その他」で占って下さい。(傷つきましたか?)

7枚それぞれのカードがダイナミックな構成でになっている。
左回りの時間的経過を表す三角形 1−2−3,
左回りの空間的関係を表す逆算角形 4−5−6,
と、二つの三角形、その中心点で構成されている。
「喜び」や「悲しみ」それぞれの概念をドラマの配役のように立体的に絡ませながら想像力を働かせていくとよいだろう。


仕事
ケルト十字について




1,現在の状況、2,現在の行動、3,理想、4,現実、
5,過去、6,未来、7,あなた自身、8,周囲の環境、
9,願望の行方、10,結果


ヘキサグラム以上にポピュラーなスプレッド。
10枚のカードの位置に注目。
上部は神の啓示、下部は物質世界を象徴している。
時間の流れは左から右へ。
結果にとらわれないで占ったほうがよいスプレッド。


その他
セブンカードについて



1,現在、2,障害、3、努力の方向、4,近い過去、
5,遠い過去、6,近い未来、7,遠い未来


七枚のカードが遠い過去から順に左から右へ時間の経過を表しているニュートラルなスプレッド。
大きな流れを見たいときに便利。
頭に質問をしっかり置いて読んで下さい。


tableで占う 今日の運勢へ

BACK ロビーへ戻る